◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ORIGAMI SCULPTURES" John Montroll著より
20070209c.jpg

「Penguin」
26㎝x26cm 大判おりがみ 1枚

尻尾があるので自立しています。

折り方は明快。この本のレベル評価では星三つの
コンプレックスとなっていますが、特に難しい
ところもなく、楽しくリズミカルに折ることが
できました。これなら優夢にもできそうです。

20070209e.jpg

手前は大判おりがみ、奥が15cmx15cmおりがみ
どちらもpandora作例

■■■■■■■■■■

優夢は「博士の折り紙夢BOOK」から
青柳祥子氏の「フェアリーペンギン」を。
20070209g.jpg

左が優夢で右が私の作例。
どちらも黒い部分が15cmx15cmおりがみ1枚。
くちばしは別の紙で折りますが、糊付けの必要は
ありません。(指定サイズに切った長方形より)



「博士の折り紙夢BOOK」 川崎敏和著より
20070208c.jpg

「とんぼ」 笠原邦彦作
15cmおりがみを半分に切った三角形2枚

「まき貝」
24cmx24cm おりがみ 1枚

貝には何度か挑戦していますが、いつも同じ場所で
つまづいてしまい、助けを求めてきます。

難しそうに見える上部の巻いた部分は簡単にできる
のに、下部を立体にするときに、上手にまとまり
ません。いちど紙を立ち上げてまとめてしまえば
あとは簡単ですが、折り図が確かにとてもわかり
にくいのです。

どちらも優夢の作例

■■■■■■■■■■

同じ作者の「とんぼ」ですが、こちらは切らずに
正方形の紙一枚で折ったもの


「蜻蛉(とんぼ)」
こちらは15cmx15cmのカラペ1枚
「おりがみ3 超難解 マニア向き作品集」
笠原邦彦著 すばる書房 1976年 880円より



↑↑励みになります↑↑

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用

「季刊をるNo.8」より笠原邦彦氏の
「おさんぽ象さん」
20070206a.jpg

15cmx15cmのおりがみ1枚 優夢の作例で

しっぽの表現がとても可愛い作品です。

20070206b.jpg



↑↑励みになります↑↑


テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

「美しい折り紙」 吉澤章著より
20070203a.jpg

「おにの面」
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚 優夢作例
額に描かれたのはおそらく稲妻?

20070203b.jpg

同じ作品を 15cmx15cm 和紙で pandora作例

鶴の基本形から
久しぶりに気合を入れて折った優夢の作例で2点。
20070127a.jpg

「季刊をるNo.8」 1995 Spiring より 憧れの
Francis Ow(フランシス・オウ)氏の「Love」(ラブ)

64cm x 8cm にカットした長方形の包装紙一枚より
(包装紙のカットは私がやりました)

60㎝以上となれば、子供にはかなり長~い紙です
から、扱いが難しく小さな文机の上で苦労して
折っていましたが、”憧れの”オウ氏の作品です。

途中で泣きそうになりながらも、丁寧に折りました!

実はこの作品、私はまだ挑戦したことがありません(^^;

20070127b.jpg

「季刊をるNo.4」 1994 Spring より
木村良寿氏の「フェアリー」

体 15cmx15cm おりがみ 1枚
羽 15cmx15cm 半分の三角に切った紙1枚

■■■■■■■■■■

『おかあさんの料理は、ほんとうにいつも おいしい。
せかい一で、みんな おどろくと思うよ。ほんとうに
ありがとう』

毎日毎日、そう言って拍手までしてくれる優夢ですが、
今日は特に大好物のポトフを食べてご機嫌。

最近は「仕方なく」面倒くさいけれど折ってあげると
言いながら、簡単な伝承作品ばかり折っていた優夢が
「本気」モードで初挑戦した作品です。


↑↑励みになります↑↑
この一週間、少しずついろいろと折っていましたが
優夢の作例の一部をまとめて。
20070121b.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著より、いろいろ。

20070118a.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」より川崎敏和氏の
「ピラミッド」
A4コピー用紙一枚

20070121a.jpg

「おりがみ水族館」山田勝久著より
「フグ」
画像では見えませんが、お腹の部分はちゃんと
膨らませて立体になっています。
15cmx15cm おりがみ用紙 一枚

20070122a.jpg

「動くおりがみ」 布施知子著より
中原恭子氏の「ひまわりのブローチ」
15cmx15cm おりがみ 2枚の複合

右側はAngel Ecija Blanco(アンヘル・エシィハ・
ブランコ)氏のPITO(ホイッスル)をアレンジした
堤政継氏の「笛(うぐいす笛)」
15cmx15cmのおりがみをカットした長方形より


↑↑励みになります↑↑
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
「博士の折り紙夢BOOK」 川崎敏和著より花三種。
20070114a.jpg

「水仙」 川崎敏和氏 創作
7.5cm おりがみ用紙 6枚

20070114b.jpg

「桜」 川崎敏和氏 創作
7.5cm おりがみ用紙 5枚

20070114c.jpg

7.5cmのおりがみで作った川崎氏の「ばら」
できあがりは10円玉くらい。
(奥は15cmx15cmおりがみ)

以上優夢の作例で

※私も小さいバラを一緒に折り始めたのですが、
小さすぎて指が入らず、最後まで仕上げずに断念。

優夢は私に「勝って」とても満足。
「博士の折り紙夢BOOK」より笠原邦彦氏の
「パンダ」(優夢の作例)
20070112a.jpg

『目が三角になった』と言って持ってきた作品は・・・

ものすごく目つきの悪いパンダ!

座っている態度もなんだか ふてぶてしいかも。

いったいどう折ったらこんな風に。。。

20070103e.jpg

1月3日の作例↑

丁寧に折った前回とはまったく別の作品かと思うような
仕上がりです!
週に一度くらいしかつけないテレビ。偶然映った
映像は、TVチャンピオン折り紙王の神谷哲史氏が
「フェニックス」を折るところでした!
(ランキンの楽園)

折り目つけだけでも3時間、合計7時間もかけて折った
回数は1000回以上!70㎝四方の紙がみるみる小さく
なるたった5分の編集でしたが、それにしてもすごい!

折図を見ながら苦戦する私たちとは違って、紙を前に
どんどん折り進める集中力。

実は神谷氏の映像を見るのは、今回が初めて。感動です。
TVチャンピオンも一度も見たことがありませんので、
次回の折り紙選手権があれば、是非見たいものです!
"Bringing Origami to Life" John Montroll著より


「Horse with Rider(馬に乗る人)」

31cmx31cm 和紙もみ紙 1枚(pandora作例)

全体のバランスは微妙な気もいたしますが、一枚の
紙から馬と人を一度に折り出すという面白さに
魅力を感じます。

同じサイズの紙を使っても、人を折り出す分が必要な
ため、ただの馬よりは仕上がりはもっと小さくなり
ました。

途中、若干わかりにくい折り方がありますが、
難易度はそれほど高くはありません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。