◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹がフリマに出店するというので、優夢とはるばる
電車に乗って7つ目の駅で降りて会場へ。
到着までにすでに1時間もかかっていたので、優夢は
会場につくなりドラくんとあっちゃんの所へすぐに
行くと言って私を引っ張ります。

実は優夢の目的は「お店やさんごっこ」

広げてある商品のところについた優夢は即座に得意
技の大声で
『はい、いらっしゃい いらっしゃい。やすいですよ~
しんぴんです。てぃんかーべるもありますよ~
すきなものえらべます。いらしゃ~い』と呼び込みを
開始。
これがなぜかうけたのか、結構何人もの女性客を
引き止めて、売り上げに貢献です。

優夢:『はい、いらっしゃいませ。かわいい赤ちゃんも
いっしょに えらんでいいですよ~』
赤ちゃん連れのお客さん:「あ、有難う(^^)」
(可愛いと言われて悪い気はしませんものね!)
優夢:『いくらにしますか?150えんです』
(コラコラ、勝手に値段つけてはダメです)
(Tシャツお買い上げ~)
優夢:『ありがとうございました!』

優夢:『いらっしゃい! どれにしますか?
かわいい 犬さんですね』(*^-^*)
犬連れのお客様:「まぁ、ありがとう。これをください」

とまぁ、こんな具合で、役に立っていた優夢をお店に
置いて、私はしばし一人で会場をウロウロ。

普段は会話もちんぷんかんぷんな優夢ですが、どういう
訳か商売には向いているようです。(前世は商人?)
次回は妹にアルバイト料をもらって優夢を貸し出そうかと
思っています。(爆)

それにしても持ち歩いていた万歩計のカウンタは初めて
一万歩。疲れて横になっているうちに眠ってしまった
私に構わず、優夢は一人で勝手に帰り道のスーパーで
買ってきたコロッケとポテトと海苔と牛乳を食べて
夕食を済ませ、いつの間にか私の隣に転がって爆睡
しています。
(ちゃんとトイレに行っていなければ、おねしょが
心配)
う~~~~疲れたーー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/71-ca09261c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。