◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政道さんのブログ"kokutoukarinto blog"で
Naoくんのエコラリアに応用し効果を感じたと
紹介していらっしゃった本。

この本を購入してみました。
「自閉症を克服する―行動分析で子どもの
人生が変わる」

リン・カーン・ケーゲル / クレア・ラゼブニック著

----*----*----*----*

実はタイトルの「克服する」ということばに偏見を
持ってしまい、一年ほど前から目にしながら、手に
しなかったことが悔やまれます。

自閉症は治らない、改善もされない、話すようにも
ならない
」と言われ、
自閉症の症状は重度であると複数の
小児精神科医から断言されていた優夢。


今ではおしゃべりが過ぎるほど話し、特殊学級では
あっても小学校へ通い、学習面も学年相応にはできて
います。


もし、私があきらめていたら、今の優夢はなかった。

それだけは断言できます!


そして、この本には、私が偶然にもやってきたことが
たくさん記されていて、ああ、いろいろと言われた
けれど、間違いではなかったのかもしれない。
あきらめが悪くて良かった。往生際も悪くて良かった。
いちどは絶望したけれど、頑張ってよかった。

そんな気持ちになれた一冊。

----*----*----*----*

初版発行が2005年10月の本ですが、まず読んで
思ったのは、私も5年前にこの本が欲しかった!!
ということ。

たった、5年前には、このような実用的で具体的な
一般向けの本は、ほとんど探すことが困難でした。

診断を受けた直後の両親の反応や、なかなか話さない
自閉症の子供を育てていく気持ち、自己刺激と言われる
自閉症にはよく見られる行動など、とても共感できて
すぐに理解できる内容です。

自閉症関連の本の中ではあまり語られることのない
「睡眠障害」についての記述も、とても共感できて
改めて、優夢の障害の重さを感じました。

そして、それにどう対処したか、是非、一読の価値は
あると思います。

スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
この本の内容は本当に具体的でわかりやすいですよね。
本に書かれてあることを、自分で試行錯誤しながら実践されてきたpandoraさんは、本当に大変だったと思います。
ほんの5年前はこのような本が無かったということは、信じられないです。
それだけ自閉症の研究が急速に進んできたのと、自閉症に関心が高まってきた証拠でしょうね。
2007/02/17(土) 20:17:39 | URL | 政道 #HfMzn2gY[ 編集]
>政道さん
良い本の紹介をしてくださって、本当に
ありがとうございました!!
5,6年前には、本当になかったのです。
自閉症と検索しても、ヒットするのはごくわずか。
HPは数えられるほど。ブログも
ありませんでした。
本もごくごくわずかな専門書と、ドナ・ウィリアムス
さんのものくらいだったでしょうか。

それが、ほんの数年で、数百もの本や、たくさんの
ブログ、ホームページで、似たような子供を捜す
ことが可能になりました。

何も情報がないことは本当に先が見えず辛いことで、
ないなら、作ろうと思い立ってHPを立ち上げたのでした。

まだまだこれからの可能性を秘めた小さなお子さんを
お持ちのかたには、とても良い方向だと思います(^^)
2007/02/17(土) 20:56:34 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。