◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「季刊をるNo.8」よりPeter Engel(ピーター・
エンゲル)氏のSQUID(イカ)pandora作例
20070215c.jpg

31cmx31cm もみ紙 1枚 
切り込みなしで正方形一枚から、ここまで見事な
烏賊の姿になることに感動!

でも、私の主観では前川淳氏の悪魔よりも難しく、
二日がかりで4時間ほどはかかりました。

私はいつもぶっつけ本番の練習なしですが、本には
練習用に30cm四方程度の用紙をお勧めすると
書かれています。
でも、練習用なら私には60cmほどの用紙が必要
だったかもしれません。

紙に厚みがあり、ふくらみができやすいことも
難航の原因。

長い触腕を含む10本の足がきちんと表現されて
いるところも驚きです!

実は裏側には口もちゃんとあります。
20070215f.jpg

すごいこだわりを感じます。
20070215e.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
エンゲルさんのタコもありますけど私はイカの方が好きだったり。
2007/02/15(木) 23:54:34 | URL | しゆみ #/02qLiNA[ 編集]
>しゆみさん
季刊をる8号にはタコの完成写真もありましたが、
折り方はどちらに掲載されているのでしょうか?
こちらを折るまでにも、おりがみを始めてから
1年8ヶ月もかかってしまいましたので、とても
長い道のりでした・・・
折図があれば、いつか、タコも折ってみたいです!
2007/02/16(金) 00:09:45 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
おひさしぶりです。
さいきんは読むばかりで カキコミしていなかったんですが・・このイカにはびっくりしてしまいました!
よく 1枚の紙からここまで・・。
4時間も!すごいですね折り紙って。
「悪魔」も迫力でしたが、この「いか」も 考えた人に脱帽です。
2007/02/16(金) 00:38:22 | URL | ぱう #-[ 編集]
>ぱうさん
悪魔のように折りたたむ回数は多くはないのですが、
たたんだ紙の裏側に折り込まれた分を引き出して
折るというような、開いて再びたたむ工程が多く
迷いながらだったために、とても時間がかかりました。
もし何度も練習して慣れていれば、それほど難しくは
ないのかもしれません!
2007/02/16(金) 23:40:15 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
Peter Engel氏のOctopusの折図は
をる 別冊折図集2 に掲載されています。
用紙はなるべく大きなサイズが御奨めです。
作例はWEB上では、
BOON氏http://cavemanboon.fotopic.net/c31261.html

http://kazufujiatuo.ld.infoseek.co.jp/02Peter%20Engel.html
しか知りません。
以前はおりがみ広場さんの掲示板にS氏の素晴らしい作例が投稿されていましたが、現在はちょっと見つかりませんでした。
2007/02/17(土) 11:15:51 | URL | aff #29SoJqxU[ 編集]
>affさん
ありがとうございます!
たくさんの本の中から折図を探すことが困難になって
しまいました。タコの折図にはまったく気がついて
おりませんでした。
なにか、データベース化できたら
とても良いのですが・・・
本当に有難うございました。
affさんご使用の60㎝サイズの用紙は、とてもタコの
シワの感じが出ています!
BOON氏の作例の用紙は、日本の紙袋によくあるような
ずいぶん厚みのあるものと見えましたが、さぞかし
大きなサイズが必要なのかしら。
私には30センチではギリギリのサイズでしたから
90センチくらいは必要な気が致します。
2007/02/17(土) 11:34:54 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
折紙作品のデータベースでは
NOA筑後さんが抜群に素晴らしいです。
http://homepage2.nifty.com/noachikugo/

(自分の作品を検索する為に、
自サイトのトップページにGoogleを置いています。)
2007/02/17(土) 17:00:47 | URL | aff #29SoJqxU[ 編集]
>affさん
NOA筑後さんも恥ずかしながら、いちどもアクセスした
こともありませんでしたので、とても驚きました!
それから、Googleですが、日頃検索だけは利用して
いたのですが、他にも機能がいろいろとあることや、
自分のサイト内検索ができることなど、今日初めて
知りました。本当になにからなにまで親切に教えて
いただきまして有難うございます!!
早速私も真似をして、設置を試みたのですが、サイト内の
単語がなぜかまったく検索されませんでした。
フレームですから設定方法が悪かったのだと思いますが
まだまだ勉強不足です。
学校がお休みの日は、一日中息子のお相手で疲労困憊。
頭も働きませんので、後日再挑戦してみます!
2007/02/17(土) 19:53:49 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
遅レスですみません。

>サイト内の
単語がなぜかまったく検索されませんでした。

との現象ですが、推測を述べます。
GOOGLEはサイト内を直接検索する訳では無くて、GOOGLEがクロール(各サイトを巡回)してそれぞれのサイトの情報をテキストを主体とした情報をINDEXとして保管しているようです。
GOOGLEのサイト内検索はそのINDEX化された情報を返すだけなので、クロールされた以降のサイト情報、またはクロールされていないサイト内のページは検索結果に反映されていないと思われます。
2007/02/20(火) 19:54:30 | URL | aff #29SoJqxU[ 編集]
>affさん
試しに取り付けてみましたのは、折り紙サイトの方ですが
おっしゃるとおり、よく考えてみますと、ほとんどが
画像ばかりでテキストがありませんから、ページは
拾われていないのかもしれません。
ブログの方は、ブログ内検索窓がついておりますので、
これはとても便利です!(^^)
Googleは質問をしてもまったく不親切な定型分で関係のない
レスポンスですので、自力でなんとか解決の方法を探して
みますね。
2007/02/20(火) 21:17:50 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
蛸の折り図
Peter Engel氏のタコの折り図は洋書ですが、Folding the Universeに載っていたはずです。日本のアマゾンからも購入できます。
また、海外の折り紙作家のデータベースは、下記がとても便利です
http://origami.joyfulnoisewebdesign.com/index.php?source_id=9934
(これは、上記のタコを検索したものです)
2007/04/13(金) 09:58:42 | URL | 竹丸 #SFo5/nok[ 編集]
>竹丸さん
大変貴重な情報をお寄せいただきましてありがとうございました!
本日付のAmazonではEngel氏のFolding the Universeという
本の在庫がないようでしたが、
Angelfish to Zenは注文可能でしたので
早速取り寄せてみたいと思います。
2007/04/13(金) 23:46:37 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。