◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなりましたが、今年の干支を折ってみました。
20070109b.jpg

「笠原邦彦のハッピーおりがみ」より笠原氏の
「いのしし」

15cmx15cm もみ紙 1枚(pandora作例)

20070109e.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著より
川崎氏の「ムカデ」

7.5cmにカットしたおりがみ6枚使用。(pandora)

実は情けないことに、パーツの折り方と、つなげ方が
わからず、私よりも一足先に折っていた優夢に
教えてもらいました。(汗)

■■■■■■■■■■

この本を購入してから2週間ほどで、ユニット以外の
ほとんどすべての作品を折ってしまった優夢。
残った作品のうち、最後まで手をつけなかったまき貝。
私が薦めるので初挑戦した優夢の作例。
20070109d.jpg

初挑戦の「まき貝」
24cmx24cm おりがみ 1枚

バラよりもずっと苦労して折りました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。