◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のスーパーテレビの放送で取り上げられたダウン症
の翼くんが出演されたドラマ「たったひとつのたから
もの」を放送前に偶然レンタルしていたので、さっそく
見ようとしたのですが・・・

2004年10月26日放送 秋のドラマスペシャル
→「たったひとつのたからもの」オフィシャルサイトへ
ドラマは知らなくても、明治生命企業CM「あなたに会えて」
篇で小田和正さんの「言葉にできない」という歌が流れて
いたことはご存知かもしれません。
別れは悲しいけど、あなたと出逢えたこと、一緒に過ごせた
時間は言葉にはできないほど幸せだったという気持ちを
澄んだ声で歌い上げた曲は深く心に残りました。

「平成4年10月19日神様からの贈り物が届きました。」

「生後1ヶ月
 ダウン症と判明合併症が原因で余命1年と告げられる。」

「それでも 少しずつ
 大きくなっていく姿を 見るよろこび。」

「何を見ても 何をしても
 あなたは うれしそうでした。」

「運動会 1歩1歩ゴールをめざしました。」

「生きる・・・。ただ精一杯 生きる。」

「秋雪と過ごした6年の日々。」

「あなたに出会わなければ
 知らなかったこと・・・。」

「ありがとう。」

[明治生命]

ドラマは優夢が生まれた頃のことや様々な想いが重なって
しまい途切れ途切れにしか涙で見ることができません。

**************************
1ヶ月早い早産だった優夢は、それでも2530gもある
元気な赤ちゃんでした。身長は50センチもあって、まぁ
足の長い赤ちゃんと看護婦さんをびっくりさせました。
(計り間違いではなかったかしら・・・)
初めて私の横に連れてこられた小さなわが子に、恋人に
会う夜のように心臓がドキドキとときめいて、もったい
なくて有り難くて触れることすらできないほどに神々しい
気持ちに包まれたこと。

小さな小さな手が、私の指をぎゅっと掴んだこと。

もしも、ドラマのように誕生直後に障害を告げられていた
としたら、そのショックはどれほど大きかったことでしょう。
あのもう二度とは味わうことのできない天使の夢に包まれて
いたような幸せな時期を、心配と不安で過ごすことになら
ずに愛情と幸せを心から感じることができただけでも
私は幸せだったのかもしれません。

ドラマの中でたくさんのチューブにつながれた秋雪くんを
見たとき、同じように2ヶ月間もチューブにつながれた
まま保育器に入れられていた私を見ることも抱くことも
せずに、私の母はなぜ家で過ごすことができたのか不思議
でならない気持ちになりました。

当時、星一徹のような男だった父は、母の手前病院には
行けず、その間に心配のあまり胃潰瘍と十二指腸潰瘍に
なり、私のそのときの姿を、「まるで割り箸のような
手足で抱き上げると空気のように軽くて空中に放り上げ
てしまいそうになった」とたびたび話してくれました。
当時で言えば、生きているのも不思議なくらいの超未熟
児だった私は、脳と目に確実に障害は残ると宣告されて
保育器の中で2ヶ月間を過ごしていました。

私はたったの一晩だけ保育器に入れられてしまった優夢を
ガラス越しに見て、身体を引き裂かれそうな切なさを感じ
たというのに・・・
(一時間でも一秒でも早く、あの子を私の手の中に取り戻し
たい。)
母親ならそう願わずにはいられないはずなのに。

ああ、私は自分の母親とは違って優夢をあれほど大切に
慈しんでいたはずなのに。
今の私ときたら昨日の放送で翼くんのお母さんが見せた
厳しさの何倍ものことを優夢に求め、なにもそこまでしなく
てもと周囲に言われるほどの鬼母になってしまいました。

心の痛みと、これまでに感じてきた驚きや悲しみや絶望や
周囲の声や、その中の小さな喜びや希望や・・・
なにもかもが一度に頭の中を駆け巡ってしまって、冷静に
画面を見ることはどうしてもできないドラマです。まだ
のかたは是非、レンタルビデオショップへ行かれることを
おすすめします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/58-5f0b6de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。