◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日楽しく学校へ通い、忌引き以外には一日も休む
こともなかった優夢。

3年生になって、担任の先生が大きく入れ替わりました。

新しい体制。

特殊学級の定員をオーバーしている相次ぐ編入や補助員の
削減などで、まったく目も手も行き届きません。

先生が「見ていない」ところで起きるトラブル。

新しい担任の先生からは、優夢の「悪い点」「悪い行動」
が電話でしばしば報告されるようになりました。

連絡帳にも悪いことばかり。

それは私のストレスとなり、より厳しく優夢を叱り付け、
当たることも増えます。

状況は悪くなるばかりで、学校へ行きたくないと言い出す
までには時間はそうかかりませんでした・・・

■■■■■■■■■■

なんとか夏休みを迎え、2学期も半分過ぎた今、さらに
その回数は増え、私も週に1度程度は折れて学校を休んでも
よいと告げます。

私も、本人も、校長先生、担任の先生にたびたび訴えて
いますが、改善どころか悪化するばかり。

本人の言い分を聞かず、一方的に「悪者の」レッテルを
貼られ、乱暴でいつも反抗的で悪い見本のようにされて
いるようです。

障害児が通う特殊学級であるにもかかわらず、暗くて狭い
物置に閉じ込める「おしおき」や、無理強いをする指導
方法。
障害児は余計なことは考えずに、体力を消耗させて疲れ
させないといけないと
言われ、唖然とします。

いくら「障害児」でも、感情もあれば体調の変化もあります。
普通の子と変わりないはずなのに、一概に「障害児」という
扱い。

そうです。「障害」があります。
自閉症ですから、感情のコントロールは苦手です。
けれども本人なりに、本を借り、障害を理解しよう、
感情をコントロールしたいと努力しています。
コミュニケーションも一方的で押し付けがましく、
事実を正確に伝えることもできません。

だから、普通学級ではなく、「ここ」に通っているのです!

こんな学校なら、別に行かなくてもいい。

いばり散らすばかりで、結婚や子育ての経験さえない教師や、
自分は障害児のエキスパートだと豪語する教師。
そんな人に大切な息子を預けることはできません。
その思い違いは、以前は同じ立場だったこともある私には
よくわかるのです。

私自身は学校をさぼったことは一度もなく、高熱があっても
学校へ行き、先生をびっくりさせたような真面目人間ですが、
学校や先生への不信感から、むしろ嫌ならやめてもいいとさえ
考えています・・・

■■■■■■■■■■

学校では嫌なことがあったと切々と訴える優夢ですが、

夕食を食べながら、
『ぼくって、どうして こんな 幸せなんだろー。
ほかの子は、いやなことがいっぱいあるのに、優夢は
うれしいことばっかりある』

『あ、もしかしたら 神様が 優夢のお願い きいて
くれたのかも。』

『神様って、ほんとうに いるんだねー。どこかにいて
おねがい、きいてくれたんだねー。』

『おかーさん、ありがとう。お料理、せかいいちだね。
いっしょに寝ようね。ちゅーってしようね。』


そう言って、しあわせそうに布団にもぐりこみます。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
そうだったの・・・
pandoraさん、おはようございます。
ちょっとびっくりしました。
自閉症とアスペルガーの本を自分で借りたいと自らを見つめる優夢くんは、精神的にずいぶん大人のような印象があったし、楽しく学校へ行っているんだと思い込んでいました。

しかし、学校の「障害児は余計なことは考えずに、体力を消耗させて疲れさせないといけない」という考え方は、ひどいですね!
腹が立ちました。

うちの息子、4年生になって、やっとまわりが見えてきているのでしょう。
自分が、ちょっと「浮いている」(本人はそういうふうには表現しませんが)んじゃないかと気づき始めているようです。
学校も行きたくないと言うようになりました。
直接の原因は、意地悪をいうクラスの子が嫌だったからなのですが、それがおさまったらしい今でも、やっぱり、朝「学校へ行きたくないなぁ。」と言って出かけていきます。

ちょうど、昨日、幼稚園の『言葉の教室』のOB会があって、「しあわせ感」と言う言葉が出ました。
「みんなと同じように」を求める中に、この子たちのしあわせ感って、ないんだろうね。
学校で我慢してがんばってるこの子たちが、「このときは、しあわせ~!」と思える何かって大切だね。

優夢くんには、しあわせ感があるのね。
よかった。(*^。^*)
うまく言えませんが、昨日の話とダブったので書いてみました。
2006/11/11(土) 07:06:11 | URL | ひなた #-[ 編集]
ちょうど今ひぽっも特学の役員をしていてほかのクラスのその問題の狭間にいます。理解のない教師、指導センスのない教師・・・さまざまな問題。学級委員になってからというもの問題解決、良い方向へ進むよう努力しています。ひぽっの抱えた問題は、理解というより先生が畑違いの場所から来た先生だったということで情報を持っていなかったこと。そして親が対応に満足しなくて不信感を抱いてしまい、先生のやることなすことにクレームばかりを言っていたということが問題でした。今はその保護者に先生を褒めるようにということを言っています。
そして先生を育てていくよう言っています。これが当たり前という考えを崩すということはとっても難しいことですねー。その保護者はひぽっにこう言いました「教師を今から育てるの??」と。今からでもなんでもやはり子供のためにきついけど努力してもらわないとと思っています。理解のない教師、プライドばかり高い教師・・・ホント大変ですよねー。そのうち責任転換なんかしてくるしー。pandoraさんと優夢くんが体調を壊さないように願うばかりです。早く問題解決の糸口が見つかればいいですねー。
2006/11/11(土) 09:52:35 | URL | ひぽっ #-[ 編集]
学校のやり方は問題ありすぎじゃないですか。
こんな学校に無理して通わせる必要もないと思います。
転校とか、できるのなら検討する必要も感じますね。
2006/11/11(土) 13:00:50 | URL | 政道 #HfMzn2gY[ 編集]
障害以前の問題
本当に、ひどいことです。でも、学校という門の中では、意外に何が行われているのか、明るみにならないんですよね。

私も、娘の転校手続のために学校に行った、1学期最後の日に、特殊学級の子供が、男性教諭と女性教諭に廊下を引きずられているのを見ました。
事情はよくわかりません。でも、そのときは、何が目の前で行われているのか、よくわかりませんでした。
自分自身の弱さもあって、その場で、先生方に
「先生方、何をなさっていらっしゃるのですか。」っと、とっさに問うことができなかったのです。

学校の雰囲気自体が、発達障害の子供に対しても、やさしくありませんでした。確かに、人というのは、私も含め、当事者でなければ、問題意識が薄いし、やはり、自己中心的な部分がありますよね。表面的に取り繕っても、心は意外に自閉症だったりします。

そして、モット、自閉的なのは、一部の教師だったりします。キャリアとプライドが、母親の言分どころか、ドクターが言っているといっても、認めてくれないところがあるンです。(いい先生も沢山いることは、承知しています。決して、全員ではありません。)

私が、問題の渦中におかれていた、1学期末の時点では、教育委員会と学校は、癒着の関係が強く、話をするのも、エネルギーの無駄遣いのようなところがありましたが、今も同じでしょうか??

優夢君がうけている事は、教育云々以前の人権問題といっても、過言ではないのではという思いで一杯です。

転校を視野に入れないと、中々思いきった行動に出ることが出来ないですよね。

土日は、優夢君と一緒に、ホッとした思いで過ごしておられるのでしょう。
2006/11/11(土) 22:45:58 | URL | mariecat #JalddpaA[ 編集]
>ひなたさん
この、体力を消耗・・云々は、以前、養護学校の
見学に行ったときにも教頭先生の口から聞いた
言葉でした。
なにか、そのようなマニュアルがあるのでしょう。
私にはどうせ勉強はできないのだから、走っていれば
いいと聞こえてしまって、とても不快に感じました。

優夢の幸せは、おいしいものを食べているときが
いちばんみたいです。^^
2006/11/12(日) 17:08:21 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
>ひぽっさん
先生はボランティアではなく、お給料をもらって
働いているプロであるべきだと、私たち保護者は思って
期待しますから、言葉は悪いのですが先生がまるで
使い物にならないと感じてしまうと、保護者の反発や
無視が余計に溝を深めてしまいます。

優夢の学校の先生は、新卒の方を除けば、一応は
障害児教育の経験があるはずなのですが、なにか
ずいぶん古めかしい方針に沿っているような気が
します・・・

私はできるだけ詳しく現状や対処方法などを記した
プリントをつくるなどの努力もしてきたのですが
優夢の状態はどんどん悪くなり、明らかに先生側の
責任だと思われるトラブルが相次ぎました。
学校では責任が取れないと言われても、一緒に学校に
通っているわけでもない親にはどうしようもないことも
多く、苦情ばかりを伝えられてどうしたらよいのか
ノイローゼになりそうで・・・
学校を休ませようと決めてからは、私も優夢も気分が
少し楽になっています。
2006/11/12(日) 17:16:14 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
>政道さん
引越しが思いのままにできない状況がありますので
難しいのですが、それでもあまりにもこの状況が
改善されないのでしたら、行動にでなくてはならないと
思っています。
ただ、年度が変わり先生が替わると、また状況も
変化してしまうため、転校先の方がよいとは現時点で判断できず
難しいところです・・・
世の中でもいろいろと問題になっていますが、
学校なんて今ではどこも似たりよったり。
同じなのではという気持ちも否定できませんので。。。
2006/11/12(日) 17:20:16 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
>mariecatさん
どうせ、口をきけないから。
どうせ、何を言ってもあてにならないから。
どうせ、何を言っても通じないから。
そういう思いが先生側にもあるのかもしれません。
ですから乱暴な扱いをして、障害のある生徒を
人以下に扱ってしまう。

廊下をひきずるなんて、当たり前に行われています。
あまり手のかかる子供は、別室でたった一人で一日中
放置されていたこともありました。
私が目撃した範囲の中だけでもそうですから、実際は
もっとすごいのかもしれません。
そう考えると、安心や信頼という気持ちがどうしても
不安など疑心暗鬼に変わってしまいます。

教育委員会と学校はかなり密着していると私もとても
感じる出来事がありました。相談してもどれほど
改善されるのかは疑問です・・・
2006/11/12(日) 17:27:17 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
なんか、ずっとpandoraさんが体調が悪いなどと書いていたのに合点がいきました。
春から、ず~っと1人で悩んでいたんじゃないんですか?

私が口出すのも失礼かもしれないし、気に障るかもしれないですが・・・。
転校も視野に入れても良いと思いますよ。引越しをしろとは言いません。越境という事も考えてみてはどうですか?
住んでいる場所によっては、市外・区外へという手は、無いのでしょうか。
このまま、pandoraさん親子が心身共に疲れきってしまう前に何か良い方向へと行けたらと思っています。
2006/11/13(月) 14:38:45 | URL | zhi #-[ 編集]
>zhiさん
悪いことは重なることも多いのですが、理解があり
優しく接していただいていた学童クラブの主任先生が
突然辞め、かなり批判的な意見の先生に変わったのも
今年の4月。
学校でも学童クラブでも毎日怒られ、それまで
仲良くしてくれていた普通学級の児童まで、優夢を
遠ざけるようになってしまったようです。
大人の対応を子供はちゃんと見ていますから。
家でも躾けに厳しい私と過ごし、優夢にはまったく
褒められる場所がなくなってしまったことが
かわいそうでした・・・
半年以上、事態は良くなりませんし、おそらく
これからもそう変わりはないと思います。
ずいぶん迷った末に入学を決めた学校でしたから、
対応が悪くなったと言って他へ移っても、また同じことに
なるのではと考えると、またさまざまな手続きを経て
エネルギーを使い果たすことにも、今は気持ちが湧いて
こなのです・・・
それほど魅力的で、ここならばと思える学校が、近くに
あるとは思えず、どこへ行っても同じだとしか複数校を
見学した限りでは思えません。
学校そのものが、子供を安心して任せられる場では
なくなり、自覚のない教師が大勢いることは事実として
どうしても否定できないのが現実のように感じます。
2006/11/13(月) 23:04:18 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
pandoraさん、死なないでくださいよ。

究極的には、学校など別に行かなくたっていいと、思います。いじめにあったり、傷つけられたり、大切なわが子の命を自殺などということで、失うようなことになったり。
学校に行かせているのは、集団の中でのこと、社会性、そういったことが身につけばと思えばこそであって、そうでないのなら、小学校のべんきょうなど、親でも教えられますものね。(是は、私自身が今もずっと思っていることです。今の学校に不満はありませんが・・・)

次のことは、落ち着いてからで十分です。今、pandoraさんと優夢君が少しゆっくりすることが大切ですね。

2006/11/14(火) 12:50:40 | URL | mariecat #JalddpaA[ 編集]
>mariecat さん
ご心配いただいてありがとうございます。
毎日手紙を書いたりしている頃には、かなり切羽
詰まった感じになりましたが、嫌ならお休みさせる
と決めた2学期以降は、後ろめたさはありますけれども
気持ちは楽になっています。
ただ、その分一緒に長い時間を二人で過ごすため、
なかなか自分の用事ができなくなってしまいました。
今日は久しぶりの折り紙で、ほっとひと息です・・・
2006/11/14(火) 20:03:36 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
お久しぶりです。
今回の記事を読んで、このような対応がなされていることに 怒りを感じます。本当に彼らに理解力があるとは思えません。
障害のある子の担任として むしろ家族に教えてもらうぐらいの気持ちでいて欲しいものです。
このような 状況でなぜ 自分達が無知だということを みとめないのでしょうか。

優夢くんの寝る前の会話 なんかよいですね。私もそのような気持ちで眠りにつきたいです。
素直な言葉。癒されます。
2006/11/15(水) 00:06:54 | URL | ぱう #-[ 編集]
>ぱうさん
悲観的な私に対して、この子は本当に楽天的で明るく
それが救いです。

先生がたも、口ではいつでも伝えてください、相談して
くださいとはおっしゃるのです。
でも、その態度や対応はとても頑なで、融通がきかず、
学校の規律にとって正しいか、正しくないか。

正しいことばかりできれば何の問題もありませんが、
そうはいかないのが子供。
まして障害があれば、そんなことを期待することに
無理があります・・・
無知を認めたら負け、親に負けたら、いろいろ責任を
押し付けられて面倒だと、そう考えているらしことは
度々の話しの中から推察できます。。。

何か事件が起きなければ、なかなか明るみに出ないのが
最近の教育現場の現状なのではと考えずにはいられません。
2006/11/15(水) 00:34:43 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。