◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「第12回折紙探偵団コンベンション 折り図集
Vol.12」 より

木村良寿氏の「でぶねこ」(右)
と「ねねこ(いねむりねこ)」(左)
20060927a.jpg

どちらも15cm もみ紙 1枚 pandora作例

でぶねこ、かなり気に入りました。
大きいサイズ(30cm)でも折ってみました。
20060927g.jpg


青木良氏の「カブトガニ」
20060927d.jpg

15cm もみ紙 1枚
簡単な折り方なのですが、一部完全には表現
できていません。(pandora作例)

Nicolas Terry氏のMultilayers Bird(マルチ
レイヤーズ・バード)
20060927f.jpg

15cm ホイルおりがみ 2枚重ね(糊付けなし)
紙を重ねて同時に折ることで、くちばしと足、尾と
頭部の色を変えるというもの
20060927e.jpg

百円ショップのバサバサの厚いホイルおりがみ。
しかも2枚重ねてさらに2倍の厚み。
これを15cmで折るのは、硬くて難しかった・・・
あまりに硬くて、私の力では足を細く折り曲げる
ことができず断念。
薄いホイル紙というものも、市販されているので
しょうか?
紙の裁断も貼り合わせも苦手なので、できるだけ
正方形にカットされている既製品で折る主義なの
ですが、外国のかたの作品には紙の限界を感じ
ます。

紙の裏表を間違えて、予定の色とは別のできあがり

20060927h.jpg

水野健氏の「メコンオオナマズ」
15cm もみ紙 1枚
伝承のなまずよりも簡単な折り方かもしれません
が無理なく自然と立体化されてしまうあたりが
感動です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。