◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後3時から夜の7時過ぎまで、4時間以上も
折り紙を頑張った優夢。
16日の布施知子氏の「巻貝」完成で自信を
持ち、たくさんの折り線に懲りだしました。
20060918a.jpg

↑こちらは津田良夫氏の「創作折り紙をつくる」
より「二枚貝 その2」
気が遠くなるほどの折り線の連続です。
なんと、普通の15cmのおりがみを32等分した
折り線を丁寧につけたものを、さらに向きを変えて
折り込みます。
一折が5ミリ程度になってしまうので、大変折り
にくく難しくなりました。

結局1時間半も折り線つけにかかり、よく根気よく
もくもくと続けたと感心。

もうひとつ、
20060918b.jpg

同じく津田良夫氏の「ダンゴムシ」
これはとても簡単。
15cmおりがみ1枚

以上 優夢作例

■■■■■■■■■■

20060918c.jpg

「カイツブリ」
15cm 和紙もみ紙 1枚

20060918d.jpg

「カブトガニ」
15cm 和紙もみ紙 1枚

2点 母pandoraの作例

以上4点
折図出典「創作折り紙をつくる」津田良夫著
1985年9月25日 第1刷
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。