◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「季刊をる」No.6より吉野一生氏の「鮭」
20060908b.jpg

うぬぬぬぬぬ・・・と悶絶するほど難しかった作品。
工程がものすごく多かった前川淳氏の悪魔よりも、
もっと悪夢のようでした。
紙選びにも問題があったかもしれません。

30cm 和紙もみ紙 1枚

このサイズの紙でも、私には表現が難しく、もう
ダメかと思いながらもようやく最後の工程へ。

でも、どうもなんとなく鮭とは微妙に異なるような
感じがいたします。
ちょっと太りすぎでしょうか、長さが足りないのか
何かバランスが変です。

たった一作品だけで、天才と謳われた同氏の作品を
云々することはできませんが、それでも敢えて
言わせていただければ、とにかく難しい!

細部に対する「執念」を感じますが、全体としては
写実としても実物とはずいぶん異なり、鮭って
どんな魚だったかしらと改めて考えます。
タイトルを見なかったら、別の獰猛な魚類かと思い
ました。

しかも完成時の達成感より、挫折感の方が大きくて
自分の技術不足が身にしみます。
最初から最後まで必死で、楽しむ余裕などどこにも
ない作品でした。

お手本の写真は見事なのに。。。

実は吉野一生氏の作品に挑戦するのは今日が初めて。
そして恐るべき難易度の高さに、当分は次なる挑戦
への意欲を喪失した次第です。
もしかしたら吉野氏の作品に挑戦するのは、これが
最初で最後かもしれません。

・・・敗北。


これほど難解なものを一枚の紙から折り出し、しかも
さらりと折ってしまったであろう同氏は、やはり
天才に違いありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久しぶりです。
panちゃん久しぶりー!

相変わらず折り紙すごいね!
挫折なんて言ってないで、どんどん難しいのにチャレンジしてね。
私みたいな素人から見ると、ほんとにスゴイって思っちゃうよ。

わたしも何とかやってます。
まずはpanちゃんにご挨拶と思いやってきました。

そそ、Blogが新しいのに変更になったので、リンクも訂正お願いします。

また遊びにくるからね。
2006/09/08(金) 17:28:11 | URL | ゆり #mQop/nM.[ 編集]
>ゆりさん
ご無沙汰しています。
お元気そうでよかった!!!
ゆりたまくんの様子もまた拝見できるように
なって嬉しいです。
リンクの件、新しいブログのURLを早速
登録させていただきました。(^^)
2006/09/08(金) 22:05:23 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。