◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「伝承おりがみ」つじむらますろう編より
伝承の「なまず」(優夢の作例)
15cm和紙もみ紙 1枚
20060816a.jpg

『おかあさん、やぶれそうだから、やって』と持って
きたので、最後の仕上げだけは実は私が・・・

普通のおりがみ用の紙では、たぶん破れてしまうと
思い、丈夫な和紙で折るようにアドバイスしたの
ですが、やっぱりそれでも破れそうなくらい無理な
折り方。これが伝承だなんて、子供の頃にはいちども
見たこともない作品ですが、ちょろりと出たヒゲや、
大きな口、そして最終工程の意表をつく仕上げが
斬新な作品。


こちらは昨日の山口氏の金魚飾りの中に入っている
「金魚」15cmおりがみ 1枚
20060816b.jpg

(優夢作例)
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。