◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとかお天気にも恵まれた中、優夢は張り切って遠足に
行きました。ひまわり学級の遠足ではなく、通常学級の
遠足に一緒に参加です。今朝は「いつもの」同じ中身の
お弁当を心を込めて作ります。

**************************
優夢が楽しく過ごしている間に、私は予てから読みたいと
思っていた「"It"と呼ばれた子」(幼年期)を一気に読んで
しまいました。

作者は州史上最悪と言われた虐待を生き延び、その体験を
書きあらわしています。想像を絶する虐待の様子は私が子ども
だった頃に母から受けた似たような場面をたびたび思い起こ
させる辛い読書でした。

けれども母親への激しい憎悪に焦点をあてるのではなく、
客観的で冷静な文章には引き込まれて途中でやめることが
できません。

私は暴力は受けませんでしたが、たびたび食事を抜かれたり、
外に出されて家に入れてもらえなかったり、虫垂炎がついに
破裂してしまうまで病院に連れて行ってもらえなかったので
もう一日遅ければ命を落としていたかもしれない状態になり
ました。一晩中激しい痛みに七転八倒する私を見ても、母は
救急車を呼ぼうとも病院へ連れて行こうともしません。
(翌朝とても学校へは行けないので病院へ連れて行ってほしい
と頼み、母と一緒に「歩いて」病院へ行って先生や看護婦
さんたちを驚かせました。それだけでなく、今突然思い出した
記憶によれば、入院に必要な支度をするために私は歩いてもう
一度自宅へ戻って自分で必要なものを鞄に詰めました)

インフルエンザで寝込んでいても様子を見に来た母に馬鹿
じゃないのと冷たい言葉をかけてもらうだけで食事も与えら
れず水も運んでもらうことがありませんでした。
妹には心配してたびたび飲み物やおかゆを運んでいましたから
子どもを心配する能力がなかったわけではないようでした。

私はといえば完全にそこにいないもののように扱われたり、
「生まなければよかった」「お前は臭い」と言われて育ち
ましたから、本当に私は変な臭いがする不細工な子どもなの
だと思い込んでいました。年頃になり、男性からたくさんの
花束が自宅にたびたび送られてくるようになって初めて、
私は母が言うほど醜くないことに気がつきました。

産後、2ヶ月も会うことがなかった我が子を私の母が愛せな
かったのは無理もないことなのかもしれません。
本来母性が生まれるはずの時期、私はひとりぼっちで病院に
置き去りにされていたのでした。
母は私が父と遊ぶ姿を憎しみの目で蔑むように見ていたこと
も思い出します。私を可愛がる父を憎み私を憎みました。
専業主婦の母には時間はたっぷりあったはずなのに、父が
いない日の食卓はインスタントラーメンのみだったり
催促しなければ何も出てこなかったり、暗くなった戸外に
出されたまま何も与えられないこともありました。

私はそんな母を少しも好きになれず、憎み、実の母親では
ないことをどれほどか願い、いつか新しいお母さんが現れて
私を本当の子どもにしてくれる日が来ることを夢見ました。

今、自分が母親となり、優夢にはよい食事を与え、毎日洗濯
をした洋服を着せて育てていますが、母親の愛情を感じること
なく育った私にはどのようにして心から子どもを愛すればよい
のかはよくわかりません。
理想とする母親像が浮かばず、なかなか子どもという存在や
甘えを受け止めることができない自分を毎日突きつけられて
いるようで、優夢との日々は常に過去の痛みを思い起こさせ
ます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
愛情
優夢のために毎日おいしい食事を作り、きれいに洗濯した服を着せてたげ、優夢の将来を想っていることが、子供を愛している証明だと思いますよ。
なによりも、自分の子供に「優夢」というステキな名前をプレゼントしたことが子供を「愛している」ということだと私は思います。

そして、この日記も、HPも、全て優夢くんへの愛が込められています♪
2005/04/22(金) 23:38:05 | URL | ゆひろママ #buI3a3AE[ 編集]
すみません
最初のコメントでお子さんを呼び捨てにしてしまいました!!すみません!!
2005/04/22(金) 23:39:26 | URL | ゆひろママ #buI3a3AE[ 編集]
ありがとう(^^)
ゆひろママさん、温かいコメントをありがとうございました。
とても落ち込んでいたので、気持ちが救われました。
優夢のことは呼び捨ててくださっても大丈夫です。(^^)

世の中で、優夢の名前を呼び捨てにするのは、今のところ私と、もうひとり
優夢を生んですぐに自宅に戻ったときに手伝いに来てくれた
私の友人だけです。
(私の母は産後も一日も手伝いには来てくれませんでしたので)

その友人に最初に優夢と呼ばれたときには、ちょっとびっくりしま
したが、愛情があるからこそと気がついて本当に親身に思って
くれていることがわかって嬉しかったことも思い出しました。(^-^)
2005/04/23(土) 11:08:09 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
辛かったね
何か初めてpanちゃんの子どもの頃の話を知った気がする
今までずっと「お母さん」の事出さなかったもんね

panちゃんが今辛い気持ちでいるのが この文章で伝わってきます

panちゃんに対する「お母さん」の気持ちは
私にはわからないけど
panちゃんが優夢くんに愛情がないとは思えないよ

子育てをしていく中で「こどもを怒ってはいけない」
なんて 「いつも母親はにこやかに笑っていなさい」
なんておかしいと思うし
だって「お母さんだって怒るんだ」「人間なんだ」って
こどもにわかった方がいいだろうしねぇ

こどもに「喜怒哀楽」を見せたっていいじゃない
難しく考えずに行きましょう d(^-^)ネ!
2005/04/23(土) 20:25:57 | URL | せろり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。