◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[異食]とは、読んで字のごとく異物を食すること。

自閉症の子どもには多いと本で読んだことがありました。

比較的知的には高機能の部類にはいる優夢にも、
実はこれがあります。

飴の包み紙、ケーキについている銀紙、濡れティッシュ、
ビニール、プチゼリーのプラスティックの破片、小さな
ビーズ、ビーだま、髪の毛、糸くず、爪などなど・・・


口をもぐもぐさせて、ガムをかんでいるようなときには
必ず何か口の中に入っています。


■■■■■■■■■■


けれども、それを取り出そうとすると、固く口をむすんで
絶対に開きません。

小さい頃には、それでも無理やり口をこじ開けて、指を
入れて異物を取り出していました。
最近では力も強く、下手に指を入れると噛みちぎられそうに
なります。

今日も口からは外出先で飲ませたミルクティーに入れた
ガムシロップのぷちっと蓋を折る部分。

それから、おまんじゅうを包んであった大きなビニールが
まるごと。

広告の切れ端を丸めたもの。(かなり大きなサイズ)

紙ナプキン一枚。


■■■■■■■■■■


もっと小さい頃には、道端の小さな石ころが出てきたり
誰かが吐き出したガムだったり、いつもいつも注意して
目を離さないつもりでも、あっという間に口に押し込んで
しまい、あわてて指でかきだすことがしばしばでした。

幸いお金やビーだまやボタン電池は本当に飲み込んだことが
なく、今まで命に別状はありません。
でも、こんなに大きくなっても、「手ごろ」なものを掴んで
しまうと、どうしても口に入れたくなってしまうようで、
やっぱり目は離せません。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。