◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「すきすきおりがみ」山田勝久著より
20060509a.jpg

「やきざかな」と「はし」
それぞれ15cmのおりがみ一枚ずつ。優夢の作例。

とても楽しい作品で、簡単に折ることができた
優夢は満足。


20060509c.jpg

「きょうりゅう(恐竜)」内山興正氏 折り方は
WEBおりがみ塾より。こちらも優夢の作例。

ずいぶんてこずっていました。


■■■■■■■■■■


「最新・おりがみのすべて」笠原邦彦著より
「正二十面体を核とした30枚組みのくす玉」

20060509d.jpg


何気なくできているようですが、これが非常に
難しいパズル。

「各ピラミッド(三角の部分)がすべて三色で
できているようにする」ように組むために、
たぶん2時間くらいは悩みます・・・
(パズルが得意なかたなら、簡単かも)



「正八面体を核とした12枚組みのくす玉」

20060509e.jpg


どちらもパーツは7,5㎝の正方形おりがみ一枚
から。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
正二十面体・正八面体
すご~い!
私は、途中で挫折した奴です。
だって、こっちを繋げたら、あっちが外れて・・・って
ブチッとなり、諦めたのでした(^^)
2006/05/10(水) 12:49:35 | URL | zhi #-[ 編集]
>zhiさん
こちらの笠原氏のユニットは、正方形で作るため
比較的厚みがあって、しっかりしています。
(2枚分の厚み)
組むこと自体はそれほど難しくないような気が
するのですが、とにかく色合わせが難しくて
途中でだめかと思いました。(笑)

何度も何度も差したり崩したりしたので、近くで
見るとヨレヨレです。
2006/05/10(水) 21:19:12 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
はやとちり
うっく、ごめんなさい。
早とちりでしたね、確か私が作った時のは、ペラペラでした。
厚みがあって、しっかりしていれば私でもOKかしら?
機会があったら、図書館で探してみます。
2006/05/11(木) 12:45:35 | URL | zhi #-[ 編集]
>zhiさん
もしかすると、zhiさんが体験されたのは、
布施知子さんの作品かもしれませんね。(^^)
彼女の作品はユニット(パーツ)を正方形ではなく
カットして作るものも多く、一枚のものが
多かったと思います。

この本なのですが、古いものでずいぶん以前に
廃刊になってしまったようで、図書館にも
あるかどうか・・・

私は偶然、実家の片付けの際に掘り出しました。(笑)
埃まみれで汚い本ですが、楽しめました。
古本としてはよく流通しているので、それほど
珍しくはないものだと思います。(^O^)
2006/05/11(木) 21:06:11 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
内山先生の折り紙の本
91歳になる母がずっと内山興正先生の折り紙の本を探しています。すでに絶版になっており古本マーケットや図書館を探してみたのですが1冊も見当たりません。 どなたか譲ってくださるかまたはコピーさせていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
2006/05/15(月) 10:43:18 | URL | 藤田 美映 #-[ 編集]
>藤田さま
内山興正氏の本は出版年が古く販売されて
いたおりがみの本というものは、私の知る限り
ではもう書店では手に入らないようです。
もともと購入者も少なかったと思われるジャンル
ですので、実物の所有者も多くはないと考えられます。

私は図書館に問い合わせ、別の図書館から
取り寄せていただき、「純粋折り紙」という
本を見ることができましたが、所有はしていない
ため、お譲りしたりお見せすることもできない
のです。

お役に立てず申し訳ないのですが、他にも1976年に
出版されたカッパ版おりがみという本があるようです。
こちらは当時の価格が600円程度と安く、もしかすると
純粋折り紙よりは多く出回った可能性もあるかと
思うのですが・・・

私もまだ折り紙歴一年にも満たないため知識も
あまりありません。
折り紙広場さんにはひょっとするとおわかりになる
かたがいらっしゃるかもしれませんので、
http://origamist.sakura.ne.jp/
こちらに記しておきますね。

それと、この恐竜の折図は、おりがみ塾さんに
あったものです。
URLが長く記載できませんので、「おりがみ塾」と
Googleで検索していただければ、いちばん
最初に出てまいります。

どうにかお母様が本を手にされる日が来ることを
お祈りしています。
2006/05/15(月) 18:52:18 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。