◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「はじめての多面体おりがみ」川村みゆき著より
多面体キット→立方体
20060507a.jpg

合計20個のパーツを使用

↑本当は優夢のために購入した本。
でも、紙を手に持ったまま折る優夢のスタイル
では、パーツを正確に折ることができず、
きれいに組み上げることができずに挫折。

代わりに私が折ったもの。


20060507b.jpg

優夢のいつもの「しんぶんをよむひと」
Herman Van Goubergan氏。



あ、たぶん5月5日の深夜頃だと思うのですが、
本家サイトのカウンターが20万件を突破して
おりました。

毎日200人前後のかたに訪問していただき、
創設当時に比べると、広汎性発達障害という
キーワードの検索件数も格段に増えている
ようです。

優夢の障害を告げられた当時の気持ちを思い、
当時の私と似たようなお母さんたちのお役に
何か少しでも立てればと願います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。