◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060310d.jpg

先日、折り紙置き場の藤倉氏に出典を教えて
いただいた前川淳氏の「雛人形」
「折紙探偵団 65号」より

男雛、女雛ともにそれぞれ15cmおりがみ一枚と
15cm和紙千代紙一枚の複合。

藤倉氏の作例を拝見したときには、髪の部分のみ
あとから折って付けたものと勝手に解釈しました。

ところが、実際はそうではなく、着物と頭を含めた
身体の部分を別々に折ったもので、仕上げに本体を
着物に差し込んで、完成。

なるほど、こういう仕組みだったのかという驚きと
きちんと置いて飾ることができるように工夫された
本体の素晴らしさに二度驚きます。

基本的には同じ折りかたなのに、女雛の襟の重なりも
袖の違いも、見事に表現されています!

久しぶりに、出来上がった瞬間にすがすがしい
達成感を感じた作品。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっぱり
お雛さまは千代紙ですね.
紙を重ねて折るのも面白いかもしれません。
2006/03/11(土) 18:17:32 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
千代紙が似合うおりがみの代表作ではないでしょうか!

紙を重ねるという発想は素晴らしいですね!
来年は是非、そのようにして再挑戦してみたいと
思います。

今日はしげしげと、雛人形を観察してまいりました。(^^)
貧しい私の実家には雛人形がなかったのですが
雛壇のセットのお人形ではなく、その足元の地面に
飾られていたお人形が、実は私が買って
もらったものと同じで、懐かしく思い出しました。
2006/03/12(日) 22:50:50 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/381-3907ca2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。