◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060228e.jpg

本日届いた「笠原邦彦のハッピーおりがみ」
笠原邦彦著より

「さい」

15cm タント紙 一枚


「ゴリラ」

20060228f.jpg

こちらも15cm タント紙 一枚


両方とも見かけはとてもシンプルで、ごく簡単に
できると思ったのですが、折りかたは意外にも
予想より少しだけ複雑。




※※※※※※※※※※
著者の笠原邦彦氏は幻となってしまた
「ビバ!おりがみ」の著者でもありますが
この本をはじめとして、数多くある著書は
今ではなかなか書店では目にする機会もなく、
手に入れることも難しくなってしまい
とても残念。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これはとってもかわいらしい
ふっくらした造形がたまりません。
また魅力的なモデルを教えていただきました。
2006/02/28(火) 23:38:53 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
「最近折った作品」の中のOriginalさいを拝見して、
私も折ってみたくなりました。
(藤倉さまの作品は、特に前足の感じがとてもよいと
思います。)

たまたま新しく手に入れた本の中にさいを見つけ
折ってみたのですが、単純な中にも、確かにさいが
表現されていて楽しい作品でした。
2006/03/01(水) 19:53:10 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
恐縮です
私の犀を講評いただき、有難う御座います。
実は前足に関して不満を持っています。
長すぎる角をかなり無理に前足にしています。
いつか構造を整理できれば良いのですが、、、、。
2006/03/01(水) 23:25:05 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
私には足がクシュっとなっている点と、鎧のような
たるみがとてもよく表現されて見えるところが素敵に
見えます!

これほどたくさんのoriginal作品を発表されているの
ですから、いつか折図なども発表していただけて、
まとめてすべてを画像集のように本にしていただけたら
などと、勝手な期待を膨らませています。(^^;
2006/03/02(木) 02:06:07 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
ご要望を頂くこと自体大変光栄に思います。



2006/03/02(木) 19:40:32 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さんのサイ
藤倉さんのサイを、見てきました。ここで「藤倉さんのサイ」についてコメントするのも変ですけど、ちょっと話題に便乗させてください。この週末動物園でサイを見たばかり。
サイの前足、本物のサイとそっくりです。何となく、しわしわの皮が、垂れ下がって余っているかんじなんですよね。足先の形もすばらしいです。藤倉さんがおっしゃる「整理」をしてすっきりとさせてしまうと、このすばらしい造形が台無しになってしまうのではないでしょうか?
2006/03/07(火) 10:30:29 | URL | soju #WRfvYtQU[ 編集]
sojuさん
私も本当にそう思います!!
サイの足のあたりは、実際皮のたるみ具合などは
余っている感じですものね。(笑)

サイを表現した作品は多いと思いますが、皮のたるみを
表現できている作品には、まだお目にかかったことが
ないように思います。

このまま、おおーーっ、サイだわっ、と感動した
そのままの姿でと、つい願ってしまったのは
私だけではなかったのですね。
2006/03/07(火) 22:27:43 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
恐縮です
SOJUさん こちらで私の作品のコメントを頂いているとは!
有難う御座います。
気が付きませんで申し訳ありません。

皮のたるみ・・・余り考えませんでした。
自分で作品を作るとき、写真をみたりすることはまず無いので、全く偶然の産物です。
今は山羊と格闘しております。
近日中にUPできればと思うのですが、、、、。
2006/03/07(火) 23:37:22 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
UPしました
山羊、お雛様などUP致しました。
2006/03/10(金) 00:21:46 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
拝見いたしました!!
いつもながら、オリジナルの作品のすばらしさ。
山羊の角のカーブと、髭。
この紙の重なりは複雑な工程を経て生み出されたものに
違いありません。

お雛様は、早速私も真似をして本を取り出し、挑戦して
みました。
最初にぱっと思った折りかたとはまったく別で
とても気持ちの良い作品でした!

他のかたの雛人形とは違い、どっしりとした重さと
しっかりとした作りが心地よく、髪型の表現には
とても驚きました。
2006/03/10(金) 23:16:02 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
前川氏の作品は
悪魔という作品が余りに有名すぎ、かつ革命的すぎる為に、他の作品が冷遇されているような気がします。
私がかねてから不思議に思っている折り紙世界の謎の一つに前川 淳作品集という著書が存在しないことです。
同氏の作品を折って喜びを感じなかったことは1度もありません。

>複雑な工程
コメントを有難う御座います。
ただ御期待には沿えない程シンプルです。
ひたすら紙の性能に依存しています。
2006/03/10(金) 23:39:11 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
私もまったく同じように感じておりました!
なぜ、前川淳氏の作品集がないのでしょう?
作品の数は決して少なくないはずなのに、なぜ?

優夢が以前折った、とてもシンプルなサンタクロースも
こちらの雛人形も、ほとんど広く
紹介される機会が
ないというのは、本当に残念なことです。
2006/03/11(土) 00:23:26 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/373-a5cf3d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。