◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日「スキーヤー」を繰り返し折っている優夢です。
慣れてきたせいか、日に日に折り方がいい加減に
なってきていますが、さっと作ることができる
ようになりました。

↓うみねこさんのところの淳くんのリクエストで
20040411a.jpg

優夢が最初に折った「スキーヤー」↑
2004年4月作 3時間かかって惜しくも未完成

20040430s.jpg

同じ月に再挑戦。けれどもさらに状態が悪くなり
やはり未完成 ↑

これきり、今月4日まで二度と作ることはありま
せんでした。

20030103a.jpg

2003年1月 お正月に買った折り紙で、生まれて
初めて作った作品「とり」
20030103b.jpg

こんなに簡単なのに、なんどもなんども練習して
やっとできました・・・
「いぬ」

ただ、三角に折ったものですが、これができた
ときの喜びは今でも忘れることができません。

おりがみを半分に折ることさえ難しかった頃の
ことでした。

※※※※※※※※※※

最初の頃は、折り紙を破いたりちぎったり丸める
ばかりで、折り紙ひと箱分のゴミの山

当時まだ近くにいた私の母は、そんな優夢を見て
「正しいおりがみの使い方」を躾けるように言います。

つまり、「おりがみは折るもので、やぶいたり丸める
ものではないので やめさせるべきだ
」と。

けれども、私は丸めても破いても裏に落書きをしても
「おりがみで遊んでいる」ことには違いないと思い、
好きなようにさせていました。

ビリビリと破いてしまえば、50枚くらいはすぐに
なくなって
しまいます。
当時はほとんど毎日、おりがみを買いに行きました。

・・・やがて優夢は多いときには一日に50もの作品を
「折る」ようになり
、やはり毎日買い物に行くたびに
おりがみの補充は欠かせない日課となります。

もしも切らしたりすれば、パニックを起こすので

頭の中には母も子も、おりがみおりがみおりがみの
日々。

それでも私は自分で折ってみようなどとは思っても
みません。

おりがみは幼い子どもがやるもの
と決め込んでいました。
それにせいぜい鶴とやっこさんができる程度。
折り紙なんて楽しくないので興味もなにもありません。

本を買って与えても、自分では見ることもなく、
同じ本をもういちど買ってしまうこともありました。

その頃の優夢ときたら、おりがみがひどい「こだわり
となっていて、四角いものならハンカチでも紙ナプキン
でも箸袋でも、本でも広告でも、なんでも折らずには
いられません・・・


食事をしていても、歩いていても、センターで課題を
やっていても、四角いものが目につくと「折り」はじめ
てしまい、他のことは完全に上の空。

私の大切な本の角も、必要なプリントも、写真も葉書も
書類も、とにかく折ります。

しかも「曲がったことは大キライ」なので
折り線がずれたりすれば、また大変!

折り紙さえ与えておけば、パニックは起こしませんが、
なければ即座に買いに行かなければなりません。
何を見ても「折る」日常で、それはそれで、大変な
毎日だったのです。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます♪
リクエストに早速お答えいただきまして、ありがとうございます!
淳にも、朝、見せてあげようと思います♪
よい誕生日のプレゼントをいただきました^^。

優夢くんの折り紙へのこだわり、小さいころは本当に大変だったのですね!
淳にはこの種類のこだわりは、まったく見られなかったので、びっくりしました。(本当はこだわりたかったけれど、今でもよく言うように、「ママのためにあきらめる」と思っていたのかも!?^^;)
同じ診断名でも、本当に千差万別ですよね。

淳のこだわりは、たとえば、水泳帽がなくて、先生が自分のを貸してくれようとしても、自分のではないので、嫌だというような形であらわれます。(しかも、その理由として「ママの愛情がこもっている帽子ではないから」と言ったそうです^^)

「こうあるべき」と思い込んでしまうと例外が認められないというこだわりで、落ち着いてゆっくり説明すれば、わかることが多いのですが、学校では、「今、考えている」といって、フリーズしてしまうことがしばしばあるようです。

今、ちょっと困っているのは、ママを喜ばせなければならないというのがこだわりになってしまっていて、私がちょっと注意しただけで、全否定されたかのように思ってしまうこと。

今朝も、「そんなにゆっくりしてたら遅刻するよ」と言っただけなのに、しくしく泣き出してびっくりしました!
そんなにがんばりすぎなくてもいいんですが・・・。
いい子すぎるのも心配の種です。

2005/12/09(金) 00:54:30 | URL | うみねこ #-[ 編集]
うみねこさん
淳くん、お誕生日おめでとうございます!!

淳くんのこだわりの理由が「ママの愛情が・・・」
というところも、うちの優夢とは全く違います!

おりがみへのこだわりはまだまだマシな方で
本当にこの「こだわり」だけは特別に強い子
ですから、私を含めて周りを本当に困らせてきた
つわものです。

>いいこすぎるのも心配の種

↑ う~~、うらやましいぃ~~
2005/12/09(金) 19:00:22 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/303-bcab02f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。