◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優夢:『あのねぇ、きょう、Rちゃんが 優夢くんは
たまごっち かけないって 本当はかけるのに
いったんだー』


pandora:「Rちゃんが優夢はたまごっちが描けない
って言ったの?」

優夢:『うん、かけるはずがないって』

pandora:「そんなことないじゃない。優夢は上手に
描けるよ」
(優夢がバカだから描けるはずがないという意味で
しょうか)

優夢:『でもね、紙にかいたら ほらやっぱり
かけないじゃないって いじわるしたの。
Rちゃんがいって、HくんとAちゃんが本をかくした。
ぼく、かなしかったよ』


pandora:(━_━)ゝウーム

「じゃ、きっと 優夢がすごく絵が上手だったから
くやしくて いじわるしたんだよ。優夢は上手に
描けるよ。絵も、字も上手。きっとRちゃんよりも
上手に描いたからだよ」

優夢:『Rちゃんは、字がへたなの。Hくんはじょうず
なんだけど』

お手本の本を隠されたり、描いた絵を丸めて捨てて
しまったり、どう考えても悪意のように感じることが
何度もあった様子です。

優夢:『先生にいったけど、なにもいわない』
(やっぱり・・・)

・・・・・・・・・

優夢『がくどうくらぶは、優夢がへんな子で
脳がおかしくてキモイっていう』


『おともだち、Nくん(ひまわり学級のおともだち)
しかいない。
がくどうの おともだち 優夢のこと キライなの。
学校はたのしいから、学校だけ行きたい。』

pandora:「だれがキモイって言うの?」

優夢:『いちねんせい。・・・・・
キモイは しょうがいのこと?』

pandora:「キモイは、きもちがわるいこと。
キライとか、嫌だということなの


説明していて、無性に腹が立ってきました。

私と優夢にこんな想いをさせるお友達、その指導を
しているはずの学童クラブの先生、そして担任、
学校へ。

pandora:「おかあさんが、先生にお手紙書いて
あげるから大丈夫。」

優夢:『おかあさん、やさしくてくれて 優夢の
味方?』


pandora:「もちろん、お母さんはいつでも優夢の
味方に決まっているじゃない!
いつだって、優夢の味方なの!」

優夢:『おかあさん、ありがとう。優夢の味方に
なってくれて』


■■■■■■■■■■

昨年度の一年生の担任の先生はベテランで障害に
対してもとても理解があり、優夢のことをバカに
する子どもはいませんでした。

けれども今年度の一年生は最初に優夢を見るなり
いきなり特殊学級に在籍していることや、普通では
ないことをあからさまに罵倒したり、馬鹿にしたり
意地悪をする様子は、四月になってから優夢の口
から何度か聞くようになりました・・・

けれども、そのような事実はなく、優夢の思い過ごし
であるという回答に一時は納得したのですが。

対応の悪さは最近の連絡帳の記述を見てもたびたび
感じています。

さて、再び問題発生です。いえ、本当は問題は四月
からずっと続いていたのです。
担当の先生へのたびたびのお願いや連絡や手紙は
何も改善の手立てにはなっていません。

今まで避けてきた校長先生を含め、教育委員会への
相談を考える時期が来てしまったということで
しょうか。。。

こんなありきたりの些細なことでは何事もなかった
ように振舞うべきでしょうか、とても悩みます。
スポンサーサイト

テーマ:軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
学童クラブ
淳も一年生のとき、学童クラブをやめたいと、言ってきました。やはり、同じようにひどいからかいや、「キモイ」と言われることが多かったようです。

健常児にとって、見たところ異常がないのに、テンポがずれる、理解できない行動をとる、というのは、多分、キモイのでしょうね。そういう感覚というのは、とっても原初的なもので、本能に近いものだと思います。だから、世界中で差別や戦争がなくならないのでしょう。

学童クラブの先生というのは、基本的に市役所の職員であり、素人で、あまり期待してはいけないもののようです。(私は本人からはっきり言われました(^^;)

私は、自分で、淳から名前があがったお子さんのお宅へ電話をかけて、お願いしました。このときは、相手の子供たちが、年上だったこともあって、お母さん方の対応もよく、そのあとはいじめられたという話は聞きません。

淳が二年生になってからは、相手が一年生ということで、こちらが加害者になりかねないということで、特に神経を使いました。私は学校の読み聞かせのボラで、時々、一年生の教室に行くのですが、初めてのときは、学童クラブに行っている子達に取り囲まれて、苦情の嵐でした。
淳は遊んでいるつもりでも、相手にとっては、追い掛け回されたり、抱きつかれたり、とってもいやなことが多いのです。
どうして淳は変なのか、聞いてくる子には、できるだけ、わかりやすい言葉を選んで、わかってもらうように説明しました。淳にも、相手が嫌だとか、やめてといったら、すぐやめるようにいいました。

その甲斐あって、今では学童で気楽にすごしているようですが、基本的には、学童クラブは大勢の家庭環境も年齢も異なる子供の中で、社会性を問われる場ですから、自閉傾向がある子には辛いはずです。

今回、優夢君は何も悪くないのにかわいそうでしたね。子供のいじめはエスカレートしやすいから、止めたほうがいいのですが、現場の先生と話し合っても改善が見られないときは、上に持っていくのも、一つの方法だと思います。場合によっては、私のように、お母さん方にお話してもらうように直接頼むのもいいかもしれません。(基本的には相手も低学年なので、お母さんのいうことはよく聞くと思います)

でも奇異に見られるのはある程度仕方ないので、優夢君のように、「おかあさんは味方だ」と思えるのが一番なのかも。

私も外でおそらく大変な思いをして生きているであろう淳をいたわるように、家ではできるだけ、ストレスを与えないようにしています。世界中が淳のことを疎んじても、自分を愛してくれる母がいたことを、大人になったとき覚えていてほしいと思います。
2005/11/08(火) 00:47:14 | URL | うみねこ #-[ 編集]
はじめまして(≧◇≦)/
うちの太郎は中1の軽度知的障害児で特学に通っています。
5年生のころ最悪の担任にあたりました。障害児をいいことにほとんど授業はせず、八つ当たりなんてあたりまえ。
たいして日常に問題はない太郎が「もじもじと迷惑になるので卒業式(在校生として v、
)には出せないかも」といわれ爆発しました。
担任本人に言ってもどうにもなりません。幸い太郎と教頭先生が仲良かったので全部暴露して「来年担任を変えないのなら養護学校に転校させます。教育委員会にも訴えます!」と言いました。
結果先生は変わりましたが私たちが言いに良く前に転任の話しはあったとも言われています。これは元養護教諭の方に
聞いたのですが問題はかなり大きくなければ校長に言おうが、教育委員会に言おうが効果はないようです。私の場合当時の教頭が熱心な方だったので・・。
同じようなことを私の妹もあり、学校と教育委員会と戦いましたがかなり労力はいったようです。結果変わりましたが・・。担任がやる気が無いと障害のある子供はその時間をとり戻るのに何年もかかりますね!本当に深刻な問題だと思います。悪口、いじめも小学生のうちなら先生次第だと思います。がんばってください!長々ごめんなさい▼。・ェ・。▼
2005/11/08(火) 17:44:34 | URL | モヨヨ #-[ 編集]
うみねこさん
優夢の話だけを一方的に鵜呑みにすることもできず、
また言葉の力の弱い優夢が、事実のみを
的確に伝えているとは先生方も思っていません。
周りの子どもたちに問いただしても、優夢が悪いと
言われるようで、結局真相はわからずじまい。

こればかりは私が一緒に一日中過ごしてみて
初めて真実がわかるのでしょう。
目の離れているところでの真実は闇の中。

どのように解決すればよいのか、学童クラブや
普通学級にとっては優夢はやっかいなお荷物で
「手に負えない」ことをしばしば伝えられるのみ。

まったく面識もない一学年下のお子さんのお宅に
電話をかけたくても、電話番号を知ることさえ
できません・・・
2005/11/08(火) 21:54:02 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
モヨヨさん
はじめまして。コメントありがとうございました。

頭を冷やしてよく考えてから、どのように
伝えたら良いのか最善の方法を選びたいと
思っています。

特に大事件でもなく、実際にはどこまでが事実
なのかも確認ができていない現在ですから
今から事を荒立てても良い対応は望めません。

障害児教育に理解のあるはずの校長先生と
いちどお話できる機会があれば良いのですが
まずはよく整理して書面で伝えたいと思っています・・・

モヨヨさんも妹さまも、ずいぶん大変な思いを
経験されたご様子ですから、先輩方のこうした
アドバイスはとても参考になります。

私も早まらず、慎重に、けれども確実に伝える
方法をよく考えたいと思います。
2005/11/08(火) 21:59:30 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
なやましい問題ですね
こんちは
事実として、クラスに(…というか小学校の低学年の場合にはイコール担任の教師に)、問題があるケースは多いです。ただ、自閉症児ってただでさえ上手く他人に説明できないから、いまいち明らかにならないんですよね。
うちの場合は、たまたまカリンがクラスの中にずっといて、図らずも担任の所業を目の当たりにしていたので、「事実」としてつきつけ、学校に迫ることができたんですが。。。

まずは、学校の、それもできるかぎちカギとなる先生を味方につけるのが一番のようです。うちの場合は教頭が素晴らしく、事実をきちんと見据えて、的確な対処をしてくれたのが幸いしました。ただ、その前段階で、カリンが学校のいろんな先生方と仲良くなっていたのが伏線として効いたと思う。

担任がどうしようもないときは、本当にしんどいです。。。本来なら、そのあたりはきちんと制度なり仕組みで救済されるべきはずなんだけどね。。。

結局現状では、学校を牛耳る校長・教頭に、いかに本気になってもらうか、にかかってきます。だから、敵にまわすより、味方につけるような作戦でいくほうが良いみたいです。

しなやかに生きていくのが、当面の処方箋かもしれません。

まあ、最悪の場合、学校なんて行かなきゃいいんだから。
優夢クンの様子だけは、いましてらっしゃるように、注意深くみつづけていってあげることはとても重要に思います。

がんばってください。。。
(結局、これしかいえなくて、申し訳ないのですが…)
2005/11/08(火) 23:55:33 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
Hidekiさん
>しなやかに生きていくのが、当面の処方箋かもしれません

仰るとおりですね・・・(^^)

私も優夢と同じく人が苦手で人間関係を
良好にスムーズに保つことが苦手です。

どのように伝え、どのように振る舞い、どのように
しなやかに心地よく生きていくかが、人生の課題。

与えられてしまった環境を変えることは
本当に難しい問題です。
努力をしても先生にも意地もプライドも自信も
信念もあり、口を出すなら学校へ来るなと
言わんばかり。

校長先生と教頭先生がキーなのですね!
早まって怒鳴り込んだりしたことがなくて
本当に幸いでした。(笑)

優夢がときどき(本当にごく稀に)伝えてくる
辛いという訴えは、いつでも私にだけは
話せる状況だけは整えてあげたいと思います。

いつも適切なコメントに勇気付けられています。
ありがとうございます!
2005/11/09(水) 02:24:26 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
そうですね
> 校長先生と教頭先生がキーなのですね!

一方で校長の権限も限りがありますので、杓子定規な対応になったりします。だから、焦れず焦らず、粘り強くやっていくしかありません。
役所的な対応に、いらいらしたりもするけど、もうこれは本当に相手の人柄次第。こちらをどれだけ理解してくれたか、こちらに共感してくれたか、次第です。

> 早まって怒鳴り込んだりしたことがなくて

場合によっては、怒り、泣くことも必要だと思います。要は相手の心を動かすことが大事ですので、相手次第な面もあります。
ただ、一般的に「ヒステリック」に文句を言われると、いわれた方はひきますよね。だから、大人の対応を心がけたほうが良いと思うのです。切々と訴えかけて、最後にガシっと心に迫る…そんな感じかなぁ。

うちの場合の事例は、このあいだブログに都合4回に分けてまとめたので、もし何か参考になる点が少しでもあれば。

それでも、ほんと、こんなことに手をとられるのは、おかしいよね
本来なら子供のことだけにケアしてあげたいところなのに
2005/11/09(水) 17:34:34 | URL | Hideki #JalddpaA[ 編集]
はじめまして
発達障害のお子さんを育てている家族の会に、先日出席しました。保健センターの掲示板に張り紙が出ているのを見たのがきっかけでした。
自分が、地域の子育てホームページを個人的に作っている関係で、協力できることがあれば、と思ったのです。(私自身も3歳と0歳児の母親です)
出席するまで、日程に余裕がなく障害について何の予習もできないままでしたが、そこで聞いた子どもたちの学校生活の問題はとても深刻でした。
それで、私ももっと知らなければ、と思い、発達障害について検索していてこのブログにたどりついたのです。
前置きが長くなってすみません・・・。
TOPページから、新しい順にずっと読み進めてここまできました。その会で聞いたお話と重なる部分が多く、ああ、あのとき、このことをおっしゃっていたのか、と時間差で納得することもありました。
どこも学校との交渉では大変な思いをされているようです。
その会は、療育教室などで知り合ったお母さん同士(4人でスタート)が今年6月に結成されたもので、地元の市議の方も参加し子育て支援センターなどの施設で月1回集まって情報交換しています。そこでの話は全て教育委員会へと持っていくことになっています。
他には、自分たちが集めた本を市内各所に置いて、困っている人たちが自由に読めるようにしたりオフラインで精力的に活動されています。
そんな活動が各地で広まればいいな、と私も思っています。
一人で学校と交渉するのは本当にエネルギーがいることと思います。pandoraさんがどの地域にお住まいかわかりませんが、何か参考になれば、と思い書き込ませていただきました。(優夢くんのかわいらしい声の日記をきいて、関西かな?もしかして近い?と期待もしつつ)ちなみに、私は京都府亀岡市です。
長文失礼致しました。
2006/10/26(木) 13:50:24 | URL | ももん #jneL/g8E[ 編集]
>ももんさん
ずいぶん以前まで遡ってご覧いただいて、本当に
ありがとうございます!

それから親身のご心配、アドバイス、本当に嬉しく
思います。

まだ小さいお子さんがいらっしゃって、活動に参加
されることは、とてもエネルギーに要る大変なこと
です。ももんさんの
お姿に私ももっと動かなくては!と励まされます。

優夢の日記の声は、ウェブリシールというもので
合成音声で読み上げられております。(^^)
人工的な音声ですので、本来の生の声やイントネーション
とは異なりますが、もともと発声、発音が苦手で
違和感のある優夢の話し方に少し似ているような
気がして、あちらを選んでみました。
http://webryseal.biglobe.ne.jp/index-lipsync_xml.html?WS%5FLN
↑ウェブリシールはこちらです。

ももんさんのブログへも、後日ゆっくりとお邪魔させて
いただきますね。
2006/10/26(木) 21:04:56 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
そうでしたか(*^^*)
優夢くんの声ではなかったのですね(*^.^*)

pandoraさんの深い眼差しと、配慮に満ちた静かなトーンの文章に引き込まれて、時間を忘れて読みふけっていました。

素敵なお母さんだと思いました。何かエールを送りたいと思いました。しかし、あまり唐突なコメントになってしまうといけないので、黙々と読みすすめていたのです。が、ここにきてたまらず書き込みさせていただいたのでした(~ ~;)
またお邪魔します♪
2006/10/30(月) 13:37:00 | URL | ももん #jneL/g8E[ 編集]
>ももんさん
はい、紛らわしくて申し訳ありません。
でも、優夢の日本語はたどたどしく、こんな
雰囲気なのでした。(^^;

コメントをいただいて、とても嬉しく、あまりにも
現実とは違うお褒めのお言葉には、我ながら
身を隠す場所を探すほど照れてしまいます。

せっかく訪問していただいているのに、ここ
10日ほどはなかなか更新ができず、パソコンに
向かう時間が
激減です。時間が取れましたらお邪魔させて
いただきますので、どうぞ、もうしばらくお待ち
くださいませ。m(_ _)m
2006/10/31(火) 09:46:43 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/269-237e0ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。