◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051027a.jpg

「失恋おりがみ」秋元康著より山田勝久氏の
「ネス湖のネッシー」

お待たせしました!\(*∩_∩*)/
久しぶりのpandora作品の登場です。

折り紙置き場の藤倉氏の写真倉庫13の作品たちを
拝見し、私も真似をしてさっそくAmazonから本を取り
寄せてみました。

15cmのクレープ紙を使ったため、ネッシーがとても
小さくなりすぎて、きちんと段折りできていません。(^^;

何も折り紙とは関係がなさそうな秋元氏--
放送作家、作詞家、作家、プロデューサー--という
肩書きを持つ同氏がなぜ、「おりがみ」に着目したのかは
謎ですが・・・

なかなかおしゃれに仕上がっていて、これまでにはない
おりがみ本です。
20051027b.jpg

全体像はこんな感じ
15cm正方形一枚使用


20051027c.jpg

同じ本より津田良夫氏の「ランドセル」
ちょっと昔のランドセルでしょうか、革というよりは
布でできているような気がします。
15cmタント一枚

※ランドセル
明治20年(1887年)に皇太子殿下の学習院初等科
入学を祝し、当時の内閣総理大臣であった伊藤
博文が、箱型で革製の頑丈なランドセルを特注し
献上したものが、現在のランドセルの原型とされて
います(そう考えると随分由緒正しいものです)

実際に全国的に普及したのはそれから70年もあとの
昭和30年代以降~
50年も売れ続けているということは、稀に見るベスト
セラー商品です!
ちなみに主に革で作られ、独特な大きなかぶせ蓋の
付いた形のランドセルは日本特有のもの
新一年生にとってはなくてはならない必須アイテム


私が子どもだった頃、粗悪な磁石のせいだったので
しょうか、お辞儀をした途端に蓋がバサっと開いて
教科書が頭のてっぺんを通り越して床に全部出て
しまうこともしばしばでした。

この、独特なデザインのせいもあったと思います。
今でも優夢のランドセルの形は当時と同じ。
大きなフタが邪魔になって、教科書の出し入れに苦労
します。
大きさと重さの割には、あまり機能的ではないこの
カバンが、あと何十年使われるのでしょう・・・

最後は山梨明子氏の「ホタテ貝のカード」
20051027d.jpg

開くと中にメッセージを書き込めます
20051027e.jpg

↓こちらは6月に優夢が折ったもの
「親子でつくろう!遊べるおりがみ」より同じ作品
20050624f.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安心しました♪
折り紙できるくらい回復されたんですね!
良かったです♪

私は昨日、学校に呼び出されてしまいました。

淳が問題起こしたのではなく、主に私の淳に対する態度を心配されてです。

淳がいい子でお留守番できるものですから、ここのところ深夜の帰宅が続いていたのが、たまたま、淳が本人にも原因がわからずはらはらと涙を流したのと関連づけて、育児放棄ととらえられてしまったのですね。><
ご心配はとてもありがたいのですが、40半ばにさしかかろうとしている身には、家から近くて五時であがることができて、なおかつ必要な収入を得られる転職はなかなか難しいです。(これに関しては校長先生が、私を30すぎくらいに見ていて、簡単に育児に適した職が見つかると思い込んでの転職の勧めでしたので^o^、年齢を白状したら仕方ないということになりました)

職場の近くの学校に転校させてはというご意見もありましたが、せっかく良い環境に恵まれているのを右も左もわからない土地に連れていくのもどうかと思って、無理をしているので、もう少し様子を見させてくださいとお願いしてきました。

今日、久しぶりにpandoraさんの作品が見られて、ちょっと元気が出ました。
2005/10/27(木) 23:38:24 | URL | うみねこ #-[ 編集]
うみねこさん
まさか!うみねこさんが育児放棄だなんて、そんな
ことは有り得ないと思います。先生の誤解も解けた
ようでなによりです。

でも、深夜までひとりでお留守番は、淳くん、きっと
心細かったり寂しい想いもしているでしょうね・・・

それにしても10歳も若く見られてしまうなんて、
羨ましいわぁ。
私は10才老けているので見た目の年の差はいったい
何歳??!!!

・・・(^^; まだ本格復帰とはなりませんが、
ぼちぼち一時復活の兆しです。
本当にありがとう。
2005/10/28(金) 01:18:14 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
赤いランドセル
春になると、身体と同じ位?の大きさの新品のランドセルをしょって
新1年生が歩いている姿を見ると微笑ましく思えます。
保育園にも、この時期になるとランドセルの広告が置かれているのですが
我が家のyochiくんは、赤いランドセルが良いのだとか・・・「男の子は黒とかだよ」と私がいうと「マジレッドは赤だもん」との答え。確かにヒーロー達は赤がメインだったりします。再来年までに考えが変わっている事を祈る母です。
2005/10/28(金) 09:25:53 | URL | zhi #-[ 編集]
zhiさん
優夢も赤いランドセルがいいと言っていましたよ!
ギリギリ直前に買いに行ったときに、赤は売り切れ
とごまかしたり(笑)カタログを見せて、女の子が
赤、男の子は黒でしょ?と言い聞かせておきました。

でも、今は赤だけではなくてピンクやオレンジも
あったり、男の子の色も緑や青があってびっくり。
結局、入学式ではピンクの子はひとり、緑の子が
ひとり。
それ以外は赤と黒の伝統色でした・・・

確かにヒーローは赤がいちばんかっこいいです!
yochiくんの気持ち、わかります!
2005/10/28(金) 12:11:29 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
見事です。作品、構図と撮影すべてに感嘆いたしました。
特にランドセルが素晴らしいです。
私もこんな風に折りたかったのですが、
どうやっても、どうしても出来ませんでした。
きっと何か欠けるものがあったのでしょう。
2005/10/28(金) 18:39:29 | URL | 藤倉 敦夫 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
あ、いえいえ(^^; そんなにお褒めいただくと
困ってしまいます。
実はランドセルは、底の部分がどうしても上手に
開かず、適当にくしゃっとしたまま、なにかこう
踏みつけられたような(笑)ランドセルになって
しまいました。

タント紙を手にしていきなり何もせずに折ってしまった
ものですから・・・
私の方こそ、藤倉さまのランドセルのようにピシッと
角を決めるにはどうすれば良いのかと、実は画像を
見比べて行ったり来たりでした。

毎日優夢のランドセルを眺めるようになったことが、
唯一の違いでしょうか?
2005/10/28(金) 21:00:32 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/257-b6a22a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
川畑文昭氏の 「ランドセル」 15cmx15cm おりがみ2枚の複合本体の箱部分に1枚。 蓋と背負いベルトの部分で1枚。
2007/03/19(月) 13:19:54 | ∞折り紙の宝石箱∞+広汎性発達障害の子+






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。