◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21日に発売されたデジタル・リマスター版
DVDシンデレラ。

Amazonからは発売日当日に届きました。(^^)

優夢に見せる前に、午前2時過ぎからひとりで
こっそりと鑑賞。

生誕55周年を迎えたとは思えないほどの美しい画像と
現在のCGアニメーションにさえ見劣りしないほど
丁寧につくられたディズニーアニメーションの世界。

(実際に俳優たちに演技をさせて、その実写をなぞると
いう画期的な手法で作られているからこそ、半世紀も
前に流れるようになめらかに動く人物を表現できたの
だということは特典映像で知りました。)

■■■■■■■■■■

「継母にいじめられる可哀想なシンデレラを哀れんで
魔法使いのおばあさんがカボチャを馬車に変え・・・」
というのが子どもの頃に見たシンデレラのストーリー
だったと思います。

けれども、ディズニーのシンデレラは微妙に違います。

「シンデレラを哀れんで」ではなく、「シンデレラが
夢を信じ続けたので」「魔法使いのおばあさん」
ではなく「シンデレラの守護妖精」が現れたのです!


心の中で強く信じたことは、具現化する

不幸な境遇にあるシンデレラは、いつでも前向きに
希望を失わず、優しさを失うこともありません。

か弱い不幸な少女ではなく、主張すべきときには
はっきりと自分の主張もできる芯の強い女性だった
のです!

偶然王子様が白馬に乗って通りかかり、不幸な日常
から救い出してくれたわけではなく、シンデレラは
自らお城へ赴き、自分の手で幸福をつかみとるのですから。

■■■■■■■■■■

なんとなく、棚からぼたもちのようなストーリーだと
思い込んでいましたけれど、【幸せはただ待っている
だけでは訪れない】
【夢と希望はあきらめずに、常に前向きに
最善を尽くし、チャンスは自分の手でつかみとる】


こんな力強いメッセージを含んだ素敵な映画です。

吹き替えもオリジナルと比べても違和感なく、完成度
の高い作品。

3時間半以上もの映像特典ディスクが付いた2枚組みの
プラチナエディションがお薦め。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
え~そうなんだ
シンデレラ 強い女だったのねぇ(なんかさすがアメリカ!って感じだ)

「夢と希望は諦めずに・・・・自分の手で掴み取る」

なんてステキなんでしょう 部屋に飾っておこうかなぁ(字ヘタだからなぁ)
2005/10/22(土) 15:28:39 | URL | せろり #-[ 編集]
同感です
せろりさんのおっしゃるとおり、さすがはアメリカン・ドリームの国の作品ですよね。

私は三笠書房の知的生き方文庫に収録されているジョゼフ・マーフィーシリーズを全巻そろえて、時々読み返しては元気を充電しているのですが、そこにも同じようなメッセージが散りばめられています。

境遇が幸不幸を決めるのではなく、自分自身が幸せになろうという意志を持ち続けられるかどうかですよね。

私は淳が健常児だったとしても、必ずしも幸せだったとは思えません。親戚付合いもできないほどの人生の転落を経験してしまいましたが、得るものも大きかったと思っています。

シンデレラと同じように、これからも愛と勇気でがんばります^0^!
(もう淳という王子さまに出会えましたし・・・♪)
2005/10/22(土) 15:58:39 | URL | うみねこ #-[ 編集]
せろりさん
シンデレラの強さは、あくまでも心の中に秘めた
強さで、決して我が強いとか押し通すということは
なく、控えめで優しい中にもしっかりとした信念を
持ち続ける心の強さです。

私にいちばん欠けているものを持っている女性です。

ディズニーの映画には何かしら愛と希望のメッセージが
込められているので、こうして何年も経ってもいつまでも
世界中の人に愛され続けているのだと思います。
2005/10/22(土) 22:01:31 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
うみねこさん
マーフィーの本の中でも繰り返し同じような文章が
綴られていますね・・・

私も読んで、わかってはいるつもりでも、実際はすぐに
後ろを向いて逃げ出したくなったり、あきらめたり愚痴を
こぼしたり。。。

でも、こうしてこの映画に今の時期に再び出会えたことは
とてもよかったと思います。

もう王子さまに出会えてしまったなんて、私もいつか
胸を張って優夢のことをそう言えるようになりたいです。
2005/10/22(土) 22:04:44 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
思い込みの力
最初に言葉ありき、です。

私は淳が自己否定しないように、毎日できるだけ、ちょっとしたことでも大げさにほめ、特に何もなくても「淳ちゃんは世界一いい子。ママの宝物」と言い続けてきました。

すると、あ~ら不思議(^^)、現実がそれに伴ってきたのです。

今では、私一人だけでなく、さまざまな人が「淳くんはよくがんばっているね」といってくれます。私も無理に思い込まなくても、淳に心から感謝できるようになりました♪

pandoraさんはご自分にも、厳しいようだから、現実の優夢くんの姿から目をそらすのは難しいかな、とも思うのですが、学校に行っているときや、寝ているとき、優夢くんがすご~くおりこうにしているところを想像してみてはいかがでしょう!?

慣れるとけっこう楽しいですよ♪
2005/10/23(日) 05:57:05 | URL | うみねこ #-[ 編集]
うみねこさん
ご指摘のように、いつもなら「いい子」の優夢を
想像するだけでも難しいです・・・
(実際今日も、ちょっと注意をしたら「うるせー」と
飛び蹴り)(ToT)

でも、サルと比べてもずっとひどい状態だった優夢が
お猿さんの前で立派に質問できて、今日は本当に
奇跡を信じてみたい気分です。(*^-^*)
2005/10/23(日) 23:25:54 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/252-7d246c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。