◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051020b.jpg

この写真を見て、すぐに何かわかる方は、もしかすると
昭和の時期に子ども時代を過ごし、これと同じもので
遊んだ記憶があるかたでしょうか・・・

■■■■■■■■■■
実はこのおもちゃを今日、偶然見つけ、「あーーーっ」
と叫び、全身に戦慄が走るほどの衝撃で手にとりました。

これこそがとても貧しかった子ども時代に、父が買って
くれたおそらく最初に私の記憶に残った玩具でした。


■■■■■■■■■■

我が家はとてもとても貧しかったので、誕生日にも
玩具を買ってもらうこともなく、クリスマスは日本
人には関係ないと言われて育ちました。
もちろんプレゼントなど期待できるはずもありません。

・・・・・・

それは3歳か4歳、頃のことだったでしょうか・・・

どんな理由だったのかは覚えていませんが、父が
私にひとつの玩具をくれたのです。

大喜びで茶色の樽を開けると、中には赤/青/黄色の
プラスチックでできたサルががくさん詰まっていて
他に何一つ楽しみも玩具も持っていなかった私は
夢中になって何度も何度も、何日も何ヶ月も何年も
それで遊び続けました。

やがて突然私の人生に登場した妹が私の大切な
宝物のサルたちをかじり、
一つ減り二つ減り・・・

いつの間にか母に捨てられてしまったその玩具は
私の記憶の中では鮮明に生き続け、数少ない楽しい
思い出として心に残っていました。

■■■■■■■■■■

最近になって、無性に懐かしくなり、もういちど
「あれ」で遊んでみたいと思うようになりましたが
なんと言う商品名で何処から発売されていたものか
もわからず、なんの手がかりもありません。

これは、色こそ違いますが、まさに私が持っていた
ものとほぼ同じものに間違いなく、たったの420円で
店の片隅に置かれていたのです。

家に帰ってすぐに開けてみると、中身の色が全部
一色なのと、樽の色が茶色ではなく青いこと、
それから中のサルたちが多少薄く安っぽくなって
いることが違います。
左右の手の長さとカーブも違っていたはずなのに
これは両方とも同じ長さ。

完全に同じでないことは残念ですが、私の心の中の
温かい思い出を呼び覚ましてくれる贅沢な「特別な」
一品とついに出会った感動で、嬉しくてたまりません。

当時のものは、サルの毛までリアルに表現されていて
もっと厚みがありました。何かの子ども番組で使われた
ことがあったのかもしれませんが、私はそれが欲しくて
仕方がなかったような記憶もあります。

できれば茶色の樽に入った色とりどりの、当時のもの
を再び手に入れることができればと思います。

■■■■■■■■■■

もしもどなたか、昭和40年代後半頃のオリジナルの
商品名をご存知のかたがいらっしゃれば、是非
教えていただきたいと思います。

※※※※※※※※※※
20051020a.jpg

優夢の作品。なんどか作ったことがありますが
Jeremy Shafer氏のハートのリング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーむ、、、見たことがあるような、無いような。
参考になるかどうか分かりませんが。
http://www.shopping.com/xPC-Hasbro_Barrel_Of_Monkeys_Gift_Set_by_Hasbro
2005/10/21(金) 18:18:02 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
貴重な情報をありがとうございます。

赤い樽の中身も、やはり赤いサルなのですね・・・
(せめて青いサルが入っていれば、もうひとつ
購入してみたかったのですが、残念)

私が子どもの頃に持っていたものは、赤と青と黄色の
三色のサルが入っていました。赤一色よりはずっと
楽しく自分でルールを作ってつなげて遊びました。

両手の長さも左右で違っていたようでしたが、
こちらは両方とも同じ長さです。

テレビゲームやパソコンもなかった時代ですから
おもちゃはそれなりに工夫されていて今よりも
つくりが良かったのかもしれません。

それにしても、あれはなんと言うおもちゃだった
でしょうか、、、どうしても思い出すことができ
なくてモヤモヤします。
2005/10/21(金) 22:19:58 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
つなぐdeござる?
2005/10/21(金) 23:15:46 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
つなぐdeござるを検索してみました。
なるほど、こちらはアメリカの伝統的なおもちゃと
いうことで、よく考えてみると父からのプレゼントでは
なく、もしかするとアメリカのものを簡単に入手できた
伯父からのプレゼントを父が渡してくれたのかもしれま
せん。

そうだとすると、当時も日本語の名前はついていなかった
のかも。。。
2005/10/21(金) 23:51:47 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/250-34c877b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。