◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050824a.jpg

「創作折り紙」吉澤章著より「あゆ」15cm両面折紙
こちらも難しいです・・・
折りかたはとても明快で簡単ですが鮎らしい生き生きと
した感じを出すのは、本当に難しく吉澤氏の創作の
奥の深さを感じます。
明治生まれであるにもかかわらず、伝統的な折り紙を
くつがえすほどの創作作品を数々発表された斬新な
アイデアと柔軟な思考、そして紙に命を吹き込む表現力
には実際に作ってみて初めて触れることができる驚きが
あります。

この作品も今にも泳ぎ出しそうな躍動感が特徴です。
なぜこれほどまでに世界中の折り紙ファンから師と
称えられているのか、実際に本を手にするまでは
わかりませんでした。

90歳を過ぎるまで活躍されたのは、折り紙に対する
情熱と自由な創作意欲の力があったからかもしれません。

たかが折り紙を芸術にまで高めた氏の偉業に畏れの
気持ちが湧いてくる作品です。

感動したところで吉澤章氏の作品をもうひとつ、
「うさぎ」(「折紙探偵団」92号)15cmタント
鮎同様、今にも鼻をぴくぴくさせて動き出しそう
ではありませんか?
躍動感、生命力、気品のすべてを感じられる作品
だと思います。
「複雑な折りかたが必ずしも良い折りかたではない」
という吉澤氏のポリシーを感じられるシンプルな
折り図です。
20050824b.jpg

美しく気品のある完成された姿にはただただ感動
いたします。

こちらも折りかたは簡単で、折図にはなんの文章も
記載されていませんが、「うさぎらしさ」を表現する
ことはとても難しく、それだけに楽しみの大きい
作品でした。

※※※※※※※※※※
優夢は「たのしいおりがみ135」より「ししまい」
20050824c.jpg

頭のバランスを間違えたようで、「顔の長い」獅子に
なってしまいました。(^^;
近くで見ると「シャツ」に見えるため、遠く離れて
ご鑑賞ください。(笑)

↓「百面相」泣いた顔
20050824d.jpg

↓笑った顔
20050824e.jpg

↓怒った顔
20050824f.jpg


※※※※※※※※※※
私はこれから学童クラブの先生に提出するための
手紙を作成しなくてはなりません。
障害があるが故に特殊学級に在籍している優夢に、普通の
子どものように振舞えるようにと期待されていることは
私にとっても優夢にとってもかなりの負担です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あゆ・うさぎ!良いですねぇ。
私は、折り図が難解で挫折しております。折りたい気持ちは、あるんですけれどね・・・
確かに、獅子舞というよりパッと見は「シャツ」に見えてしまいました(^^ゞ大丈夫です、離れると「お~獅子舞!」
2005/08/25(木) 09:36:02 | URL | zhi #-[ 編集]
あゆの背びれが…
す、すごすぎる

もしガラス張りの廊下があったなら
夏の廊下は あゆを泳がせてみたいです(^o^)
2005/08/25(木) 11:42:06 | URL | さぶりな #HkRIpaaw[ 編集]
鮎とうさぎ>見事な折上がりかと思います。
私は未だ一回もうまく折れたことの無い作品です。
少し嫉妬しました。
2005/08/25(木) 18:11:19 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
吉澤章氏の作品
>zhiさん
こちらの作品に挑戦されたことがあるのですか?!
折りたい気持ちがあれば、きっと出来ると思います。(^^)
獅子舞の方は、最初に手渡されたときに思わず
「シャツ?」と言ってしまいました。
バランスはとても大切な要素なのですね・・・

>さぶりなさん
ガラスの廊下の鮎・・・とても気持ちのよさそうな
眺めですよね。。。そんな廊下のある豪邸に一度でも
住んでみたいです。
(冬はどうしたらいいかしら?)(笑)

>藤倉さま
まさか、お褒めの言葉をいただくなんて嬉しいこと
この上なしです!!!
実は桃太郎と桃の見事な作品を拝見して、私も
吉澤氏の本を是非手にしたいと思いました。

鮎は先日の両面同色折り紙を使っています。

初挑戦でしたので、どちらもきちんと折れているのか
自信はなかったのですが、初めてということで記念
すべきものとなりました。
ほとんど即処分してしまって手元には残らないのですが
この二つは大切に保存しておきたいと思います。
(タントのうさぎの方はそのうち形が崩れてしまうと
思うのですが・・・タント紙の形を長く保つ方法を
ご存知でしょうか?)
2005/08/25(木) 21:47:09 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
折り紙作品の形を長く保つ方法・・・申し訳ありませんが私には分かりません。
多くの折り紙者達がその難題に挑戦していますが、決定的な手法というのは未だにないようです。
1 木工用ボンドを薄めて、沁見込ますように塗布する
1 柿渋を塗布する
1 ニス、ラッカー等の塗装剤を塗布する
1 フィキサチーフを塗布(吹付け)する
以上が私の知る具体的な手法ですが、自身で試したのはフィキサチーフのみです。
「命短く、広げればただ1枚の紙に戻る」・・・この可逆性も折り紙の魅力だと思っています。
因みに最も形状保持に実績が有るのは、ホイルを裏打ちした用紙と、レザック(
(130kg)をウェット折したモデルです。
但し折り紙暦が2年少々なので今後の経年変化に関しては未知です。

2005/08/25(木) 23:03:36 | URL | 藤倉 #29SoJqxU[ 編集]
形の保存
早速の丁寧なお返事をありがとうございます!
フィキサチーフでしたら手元にありますので
試してみたいと思います。
ボンドやニスなどを染み込ませる方法は難しそうです。
最初に紙が破れてしまいそうな気も致します。
柿渋というものは、知りませんでした。
大変参考になりました。

用紙についてですが、やはり紙が元の形に戻ろうと
することは避けられないのですね・・・
レザックという紙は、HPで拝見して画材屋さんを
何件も見ましたが、薄いものしか見つけることが
できませんでした。レザック83などと書いてあった
ように思いますがもっと小さな数字だったかも
しれません。

それから、ホイルを裏打ちする方法も拝見させて
いただいております。
ただ、綺麗に貼りあわせることは技術的にとても
難しいことがわかり、折る前の段階ですっかり挫折
してしまいました。
まずは紙を作ることから練習しなくてはなりません。

こちらのレザックですが、藤倉さまの使用されている
ものは、どのような場所で購入可能なのでしょうか?
やはりとても珍しいもので入手が困難なものでしょうか?

ウェット折りも紙に皺が寄ってしまいそうで、(まだ
経験がありませんが)とても難しいように想像いたします。
普通の色紙とせいぜい最近購入のタント紙、それと天ぷら
敷き紙しか使ったことがなく、まだまだ用紙選びも奥の
深い世界です。
楽しみは尽きることがありません。(^^)

2005/08/25(木) 23:36:25 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
横入りしますm(__)mわたしの場合
ペーパークラフトでバイクとか作るのですが
一番の敵は湿気です

きっと私はニスやラッカーなんかを塗らないので余計なのでしょうが
もし塗るのであれば
100均で売っている紙粘土の仕上の時に塗るアクリル樹脂塗料でいいのではないでしょうか?

それと
色紙などに貼る時は 昔からのチューブにはいった糊をわたしは使います
今よく使う科学糊だと おりがみの色が落ちたり糊をつけた部分だけ変色したことがあるので
2005/08/26(金) 09:45:44 | URL | さぶりな #HkRIpaaw[ 編集]
レザックに関して>ファインペーパーの1種類です。
皮革のマテリアルを意識してデザインされているようです。
80、82、96というのはレザックの表面デザインの種類を表しています。
個人的には82番が一番好きです。
紙の厚みは100Kgから260kgまであるようですが、実際に見たことが有るのは175kgまでです。数字が大きいほど紙厚が厚くなります。
私はITOYA(東京 二子玉川店)、東急ハンズ(渋谷本店)で店頭購入しています。人気の有るポピュラーな用紙ですので大きい文具屋さんには置いてあるのではないでしょうか。

ウェット折>とりあえず行う分には全く難しくはありません。コップに水を入れて指を少し濡らしながら紙に塗る様に折っても十分できます。小さな霧吹きがあればもっと楽です。
決まりやルールなんてありませんからまずは実践実行されてはいかがでしょうか。
確かに繊維の短いコピー用紙、市販折り紙用紙等の薄い紙では強度の面で難しいかもしれません。
レザックは水分による強度低下にもよく耐えるウェット折りに適した用紙だと思います。(他にもたくさん、たくさんの用紙があります)
和紙に関しては私自身が全くの勉強不足でアドバイスできません。


付記1 飽くまでも現時点での話しですが、私がウェットフォールディングでレザック、もみ紙等のファインペーパーを使用する場合は130kgが一番コントロールしやすいです。

付記2 参考サイトのご紹介
株式会社梅原洋紙店 http://www.shimeitehai.co.jp/index.html
同上サイトのレザックのページ http://www.shimeitehai.co.jp/idel/564.htm
2005/08/26(金) 18:02:43 | URL | 藤倉 敦夫 #29SoJqxU[ 編集]
すいません
私のお気に入りはレザック75でした。
2005/08/26(金) 18:12:12 | URL | 藤倉 敦夫 #29SoJqxU[ 編集]
藤倉さま
本当にありがとうございました!
参考サイトを早速拝見させていただきました。
私が画材店で見たものは、レザック82だということがわかりました。
82がデザインを表しているとはまったく気がつきませんでした。

私はずいぶん以前にまだ折り紙とはまったく関係なく、こちらの
紙を画材店で見かけ、柄や質感の面白さに思わず一枚だけ
購入したことがありました。
でも、それを何に使用したらよいものかわからず、そのまま
大切に保管しておりました。

ただ、私にとっては大変高価な紙と感じますので、いきなり
練習に使うのはもったいなくて勇気がありません。
店頭ではやはりあまり見かけることがないため、機会があれば
遠くまで出かけるか、または教えていただいたサイトさまより
購入することになりそうです。

貴重な情報をお教えいただきまして、本当にありがとうござい
ました。

レザックを手に入れるまでは、身近な紙を湿らせていろいろ
試してみようと思います。おもしろい結果になりましたら
ご報告させていただきますね。

実は大変安価な天ぷら敷き紙ですが、こちらが半紙よりも
厚みがあり、油を吸収するために破れにくくできていて
裏表の質感が異なり、上手に生かして折り紙用紙にできない
ものかと考えております。

裏が柔らかく毛羽立っていて、表はつるっとしていて硬い
ため、折りかたによっては筋がつかずに細部を折ることが
上手にできない点が私にとっっては難点です・・・

**********
ウサギと猪(タント紙)に木炭用のフィキサチーフを
多めにスプレーしてみました。
紙の色の変化もなく、速乾しましたので、このまま
長時間形を保ってくれるかもしれません。
大変簡単で素晴らしい方法です!!
2005/08/26(金) 23:49:40 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
さぶりなさんへ
ペーパークラフトはとても細かい作業で強度も要求される
ことでしょうから、湿気は確かに大敵ですね!
手の汗もダメですね?

>100均で売っている紙粘土の仕上の時に塗るアクリル樹脂塗料
↑次回買い物の際には手に入れてまいります!!(^^)

チューブに入ったのりなのですが、私はあれを塗るのがとても
苦手で、結局紙をしわしわにしてしまい、手もべたべたで
使い物にならなくなってしまいます。(ToT)
2005/08/26(金) 23:53:50 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
塗るとき
糊でもボンドでも爪楊枝を使います
これはプラモデルを造るとき 使う手です
プラモデルの場合 接着剤の付けすぎは作品の出来不出来に大きく関わってきます
パーツも小さく接着剤の付けすぎによる変形も無いとは言えません

どんな場合でも同じだと思いますが
接着剤がよくくっつく適量があると思いますしコツがあります
それには接着面に均等に接着剤をのばすことです
付けすぎは 乾くまで時間がかかりますし手も汚れやすくなります
容器から取り出したら爪楊枝の腹の部分を使い手早くのばします
爪楊枝についた余分な接着剤はいらない紙にその都度拭き取ってください
適量は自分で感覚をつかむしかないかなぁ

ペパクラの敵である湿気は造っているときも
そうですが 一番は完成して出来上がりを飾っているうちに紙に力がなくなってくるのが悩みです
2005/08/27(土) 04:25:16 | URL | さぶりな #HkRIpaaw[ 編集]
鮎とうさぎ
鮎とうさぎ、実に見事な造形です。
うさぎは私も挑戦したことがありますが、全く形にならず、未だ完成できずにいます・・・。吉澤先生の作品を折るためには、私の濁った心の洗濯が必要なのかもしれません。
2005/08/27(土) 14:55:36 | URL | 高橋基夫 #BDVXFd9E[ 編集]
さぶりなさんへ
爪楊枝ですね!是非試してみます。(^^)
適量というのがとても難しく、それでもだいたいは
はみ出してしまいそうなのですが・・・(笑)

今日は百円ショップへ行ってみたのですが、粘土の上に
塗る塗料は発見することができませんでした。また次回
別のところを探してみるつもりです。

ちなみに、完成後の作品でしたら、藤倉氏に教えて
いただいた方法で木炭用の(アルコール系の)定着剤を
スプレーすることで、強度を保つことができるかも
しれません。
2005/08/27(土) 23:49:57 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
高橋基夫さまへ
ありがとうございます!初挑戦の本当に初めての作品が
なんとか形になり、とても嬉しくて思わずトラックバック
させていただいてしまいました。

吉澤章先生の作品は、私にとっては何もかもが初めてで、
感動的な作品ばかりです。実際に挑戦すればするほどに
奥の深さにますますのめりこんでしまいます。
2005/08/27(土) 23:53:47 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/186-b892909c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。