◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな時間ですが、しかも今更のようですが、
レンタルしていた映画の「ターミナル」をやっと
観ました。

まったく予備知識がなかったので、外国人役の
トム・ハンクスにいきなり驚きです!

外国に来て、言葉もほとんど話せない状況の中で
予期しない困難に出会った主人公の困惑。
それを乗り越えて人とのつながりを持っていく
主人公ビクター。

言葉が通じない国で周囲の状況がわからないとき
どれほど困惑するかを経験された方も少ないない
かもしれません。私はなぜか、外国にはまったく
関係ないはずなのに、優夢の姿を重ねずにはいら
れませんでした。

もしかしたら、優夢もこんな風にこの世の中が
唐突で理解できず、ターミナルという空間から
外の現実の社会に出られずにいるのかもしれない
・・・・・
そんな想いが涌いてきました。

諸々の行動も、かなり唐突だったりするあたりは
外国人という設定だからでしょうか、(-""-;)ムム
・・・

もしもトム・ハンクスを自閉症という設定にしても
なんだかこの映画は成り立ってしまったような気が
してなりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/tb.php/123-aaf9f51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。