◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2007/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問ありがとうございます!

このたび、折り紙画像の更新は新しいブログへ
移行することとなりました

2007年3月以降の作品はこちらへ どうぞ ↓

http://schatulle.at.webry.info/

新しいブログでも、どうぞよろしくお願いいたします
管理人pandora
スポンサーサイト
20070227b.jpg

「おりがみ 1 千野利雄作品集」 笠原邦彦編より
「かき」 15cmx15cm 和紙2枚を貼り合わせた用紙
pandora作例



「季刊をるNO.13」または「博士の折り紙夢BOOK」
より 内山興正氏の「柿」
15cmカラペ 2枚貼り合わせた用紙×1枚
2006.08.08の作品

■■■■■■■■■■

20070227a.jpg

こちらは2度目の小さな「ピグモン」
優夢の作例。
「たのしい折り紙大全集」より
木村良寿氏の「ピグモン」
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚
「博士の折り紙夢BOOK」より川崎敏和氏の
「ばら」
20070224a.jpg

2月24日の優夢の作例 ↑
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚

20070225b.jpg

2月25日の分 ↑

※優夢のコメント
『おかあさんのために、愛をこめて 折った』と
申しております。

20070225a.jpg

こちらは今朝2月26日に起きてテーブルの上に
あるのを見つけました。
昨夜、こっそり折ってくれたようです。

いままでにも何度も折ったことのある
Robert Harbin氏の 「スキーヤー」 ですが
今朝はこれを見て、今までで最高の出来あがりに
感動。「たのしい折り紙ワールド」より

小さな普通のおりがみ用紙から、これほど綺麗に
折ったことにとても驚きます!

こちらもやはり15cmx15cmの普通のおりがみ用紙
1枚から。

■■■■■■■■■■

私の作例は、出先で不織布のコースターを折った
もの。うろ覚えの千野利雄氏の「うさぎ」でしたが
帰宅後確認したところ、ちゃんと折れていました(^^)
20070225c.jpg

折図は「季刊をるNo.6」または
「やさしくおれるたのしいおりがみ」より
10cmx10cm 不織布 1枚



※sojuさんからの情報をいただきました。
いつも優夢が愛用している
「博士の折り紙夢BOOK」にも千野利雄氏の
「うさぎ」が載っておりました!

こちらの本のうさぎは「立ち姿」ですが、私が折った
ものは「座っている姿」となり、ほんの一部だけ
折り方が異なっているものです。「やさしくおれる
・・・」の方は座っている姿のみ、季刊をる6号には
その両方が紹介されています・・・
『おかあさん、これ 買ってもいいですか?』

・・・・・

「絶対だめ!」

━・━・━・━・━・━・━・

まったく、こんなくだらない幼稚なものを欲しがる
なんて・・・

優夢が欲しがったのは、もう何年も前にお蔵入りに
なったと思われる、とんでもなくくだらなくて、
古い玩具。

お金を捨てるようなものだと思った私は、速攻「拒否」
を示したのですが・・・

自分が夢中になったら、「それ」しか見えないし
聞こえない自閉道まっしぐらの優夢ですから、
会話がかみ合わないこと。(笑)

━・━・━・━・━・━・━・

『わ~い、これね、ずっと欲しかった』

「買っていいと 言わないけど」

(フフフン♪)わ~い、わ~い!

「だから、ダメ!」

『うん、わかった♪・・・

これ、ください。

1050円ですか?

では、これ、1100円です。おつりは50円ですね!』

って、勝手にべらべらレジのお姉さんとしゃべって
いますよ。

━・━・━・━・━・━・━・

昔の優夢なら、泣き叫んで床にひっくり返り、なにが
あっても欲しい物をつかんだら離さず、それはもう、
大変な大パニックを起こしていました。

そして、そのあまりの激しさと、周囲の目に耐えかねて
同じものを10個も買うということも少なくなかった
こと。

それを思えば、今は一見「普通」に買い物ができます。

これを良しとするか否かは、かなり甘い部分では
ありますが・・・

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

「暮らしを彩る折り紙」より
20070220f.jpg

「蝶の箸置き」 川村晟作

7.5cmx7.5cm オーロラおりがみ 2枚複合

多少の水ははじくような用紙ですから、
これなら実用できます!

色違いでたくさん折って用意すると綺麗な蝶で
テーブルも華やかに。

20070221b.jpg

「蝶のナフキンリング」 加瀬三郎作
15cmのおりがみを縦4等分にして切った
細長い長方形 1枚ずつ
(左からホイルおりがみ、普通のおりがみ、
和紙)

このサイズで折れば、ちょうど指にはめて
ぴったりくらいの小さなリング。太い私の
指にはちょっと小さめです。(^^;

20070221a.jpg

「暮らしに折り紙」 布施知子著より
「扇のはし置き」(奥二つ)と
「おりがみ暮らしの小物」 布施知子著より
「カルガモの箸置き」

すべて7.5cmx7.5cm 1枚使用 以上pandora

■■■■■■■■■■
以下優夢の作例で
20070220h.jpg

「たのしい折り紙大全集」より
木村良寿氏の「ピグモン」

今回は15cmx15cmの紙なので、仕上がりがとても
小さく500円玉よりも少し大きいくらい。
すごく可愛いピグモンです。

20070219e.jpg

たぶん、今まででいちばん上手にできた
伝承おりがみの連鶴「妹背山」
「毎日を楽しく彩る折り紙」より
20070220c.jpg

左の水色 「花畳紙」 山田裕子作

右奥 「八角畳紙」 野中陽子作

たとうは折り手紙としても、小物入れとしても
使えますが、実はなかなか広げてもらえません。
折った形が美しいので、そのまま作品だと思わ
れてしまうのです。

黒い紙がついているものもたとう折りに似て
いますが、高濱利恵氏の「かんざししおり」

20070220d.jpg

手前 「花形コースター」 小林俊彦作

伝承のコップを16枚つなげたもの
7.5cmの千代紙使用

右奥は「八角コースター」 小林俊彦作
やはり伝承のコップ8枚を糊付けしたもの

20070220b.jpg

「八角茶托」 中村潤哉作
15cmx15cm 和紙 糊付けなし

20070220a.jpg

「壷型楊枝入れ」 加瀬三郎作
15cmx15cm 和紙
糊も必要なく、つなぎ目がカッチリとロック
されるところが素晴らしい作品。

20070220e.jpg

「チケットポケット」 荒木京作
ハサミは使っていませんが、裏側で糊付けあり
スリッパ状になっていてマチもあります。
レシート入れなどに。

以上pandora作例

■■■■■■■■■■

20070218a.jpg

「たのしい折り紙全集」 山口真著より
「ウルトラマン」

「博士の折り紙夢BOOK」より
内山興正氏の「柿」と伝承のゆり
(優夢作例)

しばらく青系統の紙ばかり選んでいた優夢ですが
どうやら「赤」の時代に移行したようです。
「五節句を折る」 小林一夫著より4点
20070217b.jpg

「着物」
15cmx15cm 和紙 1枚 切り込み有り



「小笠原びな」
15cmx15cm 和紙 1枚 切り込み有り

20070219b.jpg

「桜のたとう」
(右上は「六角たとう(畳紙)」 伝承
千代紙についていた折図より)

20070219c.jpg

「ループのくす玉」 加瀬三郎原案

15cmx15cm 千代紙6枚

----*----*----*----*


20070218b.jpg

「ラッキースター」 作者不詳
「博士の折り紙夢BOOK」より
2cmx90cmの用紙

20070219a.jpg

「ふちつきバッグ」 山口真氏
トーヨーの両面友禅千代紙 
青海波(せいかいは)

■■■■■■■■■■
優夢作例
20070217c.jpg

今年になってから、やっと「一人で」公共のトイレに
行ける様になったばかりの優夢です。

本当に、つい最近までは、私の腕やカバンを引っ張り、
決して離そうとはしなかったのが嘘のよう。

そして、今日は、買い物途中、ゲームセンターで
遊んでいる優夢から3メートルほど離れたベンチに
座っていました。

(↑この距離だけでも離れるのは、すごいこと!)

----*----*----*----*

周りの音がうるさくて、何も聞こえません。

優夢は、なぜかカウンターのお姉さんと何か話して
います。

・・・・・・・・・・




何をしているのかなぁと思って眺めていると、
突然マイクを持ったお姉さんは、○○○○○くんと
いう9歳くらいの男の子の・・・
とアナウンス。

え?

だって、目の前にいるのに?


もう、間髪いれず、私が立ち上がると、お姉さんも
苦笑です。


----*----*----*----*

が!

先月から、「もしも迷子になったとき」という設定で
何度かシュミレーションをしていたのを実戦した
のですから大成功!

1、まず、お店のお姉さんを探す(男の人に恐怖感が
あるため)

2、迷子になったので、お母さんを探してほしいと
言う。

3、名前と住所を言う。



と「指導」していました。


そして、早速それを「実行」した優夢。


パニック
になって泣き叫んでいたのが
嘘のように、実に冷静でした。

(私が現れた時の反応は”微妙”でしたが)(笑)

目の前にいても、なかなか認知できない優夢は
群衆に紛れた「近く」の私の姿を識別できず、
自分は迷子になったと判断したようです。

私も世間話でもしているのかと思っていたので、
油断していました!

お姉さんには平謝りでしたが、これも優夢の成長
を感じた初めての「呼び出し」でした。
9年と4ヶ月前
予定よりもちょうど4週間早く生まれた優夢。

嘘のように小さな手。
(あまりにもあまりにも小さくて、壊れそうで
怖くてついにしっかりと握ることもできなくて)
そっとそっと、小さな手のひらに、私は自分の
人差し指の先端だけ、ほんの少し触れて、手を
引いた。

自分の産んだ我が子なのに、指先が震えるほど
ドキドキして。

大切でもったいなくて。

そして、とうとう何ヶ月も、手をぎゅっと握る
ことができなくて、いつもいつもそっと触れた。
息も止めて。

それから、何年も、眠らない夜を過ごし、座った
姿勢のまま、息子を抱いて朝まで過ごした。
何時間も何時間も息子を抱き続け、毎日数時間
子守唄も歌い続けた5年間。

ガラスに触れるように、素手で触ったら壊れるかの
ような想いで、本当に心から慈しみ、数億円もの
宝石よりも価値のある大切な大切な宝のように
育てた私の一人息子


その子が、まさか重い自閉症の症状ですと
告げられるなんて。

ことばも話さないと、医師から何度も繰り返し
断言されるなんて。

そして、実際、私の存在にすら気がつかず、3歳に
なっても4歳になっても、夜も眠ることがなく、
私を母親と認識してくれることもなかった・・・
5歳になってもオムツもつけたまま、会話も満足に
できない。
あの地獄のような日々。

----*----*----*----*

その息子は今、

私が制止しなければ、軽く30分はおしゃべりが
止まらないような状態で、それはそれで、新たな
贅沢な悩みとなり、

そして、

『ぼくの手は、おかあさんと おなじ大きさ!』

と嬉しそうに私の手に、自分の手を重ね合わせるほど
大きくなりました。

成人女性としては、手が小さい私ですから、本当に
ほとんど同じくらいの大きさ!

あの、壊れそうだった、ちいさな、ちいさな手は
もう ありません。

そして、この手は、もっともっと大きくなり、

すぐに私の手を包み込んでも余るほどに大きくなって

チクチクとした毛も生えた、大男になるのでしょう。

時間(とき)は、少しずつ、人を癒し、育て、成長
させる、魔法のようです。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

政道さんのブログ"kokutoukarinto blog"で
Naoくんのエコラリアに応用し効果を感じたと
紹介していらっしゃった本。

この本を購入してみました。
「自閉症を克服する―行動分析で子どもの
人生が変わる」

リン・カーン・ケーゲル / クレア・ラゼブニック著

----*----*----*----*

実はタイトルの「克服する」ということばに偏見を
持ってしまい、一年ほど前から目にしながら、手に
しなかったことが悔やまれます。

自閉症は治らない、改善もされない、話すようにも
ならない
」と言われ、
自閉症の症状は重度であると複数の
小児精神科医から断言されていた優夢。


今ではおしゃべりが過ぎるほど話し、特殊学級では
あっても小学校へ通い、学習面も学年相応にはできて
います。


もし、私があきらめていたら、今の優夢はなかった。

それだけは断言できます!


そして、この本には、私が偶然にもやってきたことが
たくさん記されていて、ああ、いろいろと言われた
けれど、間違いではなかったのかもしれない。
あきらめが悪くて良かった。往生際も悪くて良かった。
いちどは絶望したけれど、頑張ってよかった。

そんな気持ちになれた一冊。

----*----*----*----*

初版発行が2005年10月の本ですが、まず読んで
思ったのは、私も5年前にこの本が欲しかった!!
ということ。

たった、5年前には、このような実用的で具体的な
一般向けの本は、ほとんど探すことが困難でした。

診断を受けた直後の両親の反応や、なかなか話さない
自閉症の子供を育てていく気持ち、自己刺激と言われる
自閉症にはよく見られる行動など、とても共感できて
すぐに理解できる内容です。

自閉症関連の本の中ではあまり語られることのない
「睡眠障害」についての記述も、とても共感できて
改めて、優夢の障害の重さを感じました。

そして、それにどう対処したか、是非、一読の価値は
あると思います。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

「季刊をるNo.8」よりPeter Engel(ピーター・
エンゲル)氏のSQUID(イカ)pandora作例
20070215c.jpg

31cmx31cm もみ紙 1枚 
切り込みなしで正方形一枚から、ここまで見事な
烏賊の姿になることに感動!

でも、私の主観では前川淳氏の悪魔よりも難しく、
二日がかりで4時間ほどはかかりました。

私はいつもぶっつけ本番の練習なしですが、本には
練習用に30cm四方程度の用紙をお勧めすると
書かれています。
でも、練習用なら私には60cmほどの用紙が必要
だったかもしれません。

紙に厚みがあり、ふくらみができやすいことも
難航の原因。

長い触腕を含む10本の足がきちんと表現されて
いるところも驚きです!

実は裏側には口もちゃんとあります。
20070215f.jpg

すごいこだわりを感じます。
20070215e.jpg

優夢のリクエストで。
「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著より
20070213a.jpg

熊坂浩氏の「パイナップル」

7.5cmのおりがみ63枚使用。

パイナップルの本体に54枚
葉に9枚

パーツを同じようにきちんと折ることの難しい
優夢は、ユニットが苦手。

もともとユニット嫌いな私も苦手。

でも、息子の為にがんばりました!

枚数が多くて単調ですが、折り方はいたって簡単。
簡単すぎて、5,6枚ですっかり嫌になりました。
私の中では、こういうものは電車の移動中や、
病院の待合室など、どうしようもなく退屈で持て
余した時間に仕方なく折るもの、という認識ですから
パーツ折りはものすごく苦痛です。

でも、実際組んでみると、なかなかの出来栄え。

裏面がたくさん見えることがわかっていたら、
裏返しに折れば黄色の面がたくさん見えて
もっと綺麗だったかも。

20070213d.jpg

ユニットついでに。
「季刊をるNo.6」より布施知子氏の
「がくぶち三角箱」
15cmx15cm の千代紙3枚で蓋
1枚で蓋の飾りの花のような部分(もみ紙)
下の箱も3枚の複合。ただし、蓋よりも小さく
するために、折り方は蓋とは異なります。

20070213b.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」より
Nilva Fina Pillan(ニルバ・フィーナ・ピラン)
氏の「ひまわり」

こちらはユニットのように見えて、実は一枚で
できています。

15cmx15cm もみ紙の中心に7.5cmの紙を
貼ったもの1枚
「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著や「たのしい
折り紙ワールド」山口真著、「季刊をるNo.8 1995
Spring」などに掲載されている津田良夫氏の
「下駄」の鼻緒を裏返したバージョン。
20070212a.jpg

本来は紙の表側の色のため、仕上がりは一色ですが
鼻緒の部分に裏面を出す工夫をしたもの。
折り方は津田良夫氏の「創作折り紙をつくる」より。

15cmx15cm 和紙+カラペを貼り合わせた用紙
1枚で片方

20070212b.jpg

「折紙探偵団No.101」より山口真氏の
「マコトコマ」後列の二個
15cmx15cm おりがみを3枚組み合わせたもの

「動くおりがみ」布施知子著に載っている
中原恭子氏の「ひまわりのブローチ」を応用した
と思われる独楽(手前)創作者不明
15cmx15cm おりがみ3枚から
(一枚は赤と黄色の両面おりがみ使用)

単純なざぶとん折りでできるマコトコマは
小さなお子様でも簡単にできそうですが、最後に
回す突起を差し込むときに、重ねた紙がはずれ
やすく、やりにくいので縁を糊付けされた方が
簡単にできるかもしれません。

その点、ひまわりの独楽は一部におりづるの
ような折り方がありますが、組み立てはとても
簡単。

どちらもとてもよく廻ります。

20070212c.jpg





┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

sojuさんよりコメントをいただきましたので、
このままこちらにも転載させていただきます。

以下sojuさんのコメントより
「三段組みの花のこま」の作者は
「作者不詳」のコマについて、作者がわかった
のでお知らせします。
正しい作品名が、「三段組みの花のこま」、
作者が「長谷川太市郎」さんです。
その出典は、日本折紙協会刊、
「2006シンポジウム折り図集」です。

関連記事はこちら。
http://ameblo.jp/soju/entry-10020166888.html

※長谷川太市郎さんの「花の吹きごま」を、
麻生玲子さんがアレンジされたものだそうです。

ということで、大変ありがとうございました!
「折りびな」 石井桃子監修 田中サタ著
福音館書店発行より
20070211a.jpg

基本は15cmx15cmの正方形に切り込みを入れたもの
男雛(お殿様)は5枚重ねと女雛(お姫様)は6枚
重ねて一緒に切り込みを入れて折ります。

頭部の髪と顔は普通のおりがみ用紙で。
いちばん上の着物は和紙。その他はカラペ使用。

並び位置はこの本に従って京雛の位置に並べました。
本来向かって右側が上座に当たりますが、近年西洋
風な流れをくんで、関東雛が主流となったようです。
向かって右に女びなが座る関東雛とは逆になって
います。

20070211c.jpg

「男びな」
20070211b.jpg

「女びな」

立体感もあり、大きさもそこそこありますから、飾って
みてもとても豪華。

20070211d.jpg

並び替えてみました。どちらがしっくりくるでしょうか。
20070210b.jpg

「季刊をるNo.6」 1994 Autumn より
熊坂浩氏の作品
雪駄(前列:左)
爪掛けポックリ(後列:左)
下駄(後列:右)
すべて15cmx15cmの和紙とカラペを貼り合わせた紙
1枚から。切り込みなし(pandora作例)

3種類とも魚の基本形から折り、最後の仕上げに
近い部分で履物の種類が変わるところが楽しい
作品。

「博士の折り紙夢BOOK」より津田良夫氏の
「下駄」(前列:右・優夢の作例)
15cmx15cm おりがみ 1枚

こちらは鶴の基本形から。
"ORIGAMI SCULPTURES" John Montroll著より
20070209c.jpg

「Penguin」
26㎝x26cm 大判おりがみ 1枚

尻尾があるので自立しています。

折り方は明快。この本のレベル評価では星三つの
コンプレックスとなっていますが、特に難しい
ところもなく、楽しくリズミカルに折ることが
できました。これなら優夢にもできそうです。

20070209e.jpg

手前は大判おりがみ、奥が15cmx15cmおりがみ
どちらもpandora作例

■■■■■■■■■■

優夢は「博士の折り紙夢BOOK」から
青柳祥子氏の「フェアリーペンギン」を。
20070209g.jpg

左が優夢で右が私の作例。
どちらも黒い部分が15cmx15cmおりがみ1枚。
くちばしは別の紙で折りますが、糊付けの必要は
ありません。(指定サイズに切った長方形より)



「折り紙建築 世界遺産をつくろう!」
茶谷正洋・中沢圭子著 より
20070209a.jpg

「姫路城」(日本)
使用した紙はごく普通の画用紙(ケント紙推奨)

姫路城は別名白鷺城とも呼ばれ、1993年12月11日
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の
世界遺産リストにその名が登録されました。
 ↓姫路城HP
http://www.city.himeji.hyogo.jp/guide/castle/index.html

20070209b.jpg

実は同じ著者の立体カードの本をいくつか見て
こちらも同じような立体カードだと勝手に勘違い。

カードとして贈ろうと思って製作したのですが、
完成して初めて、カードとしてはきれいに折り
たためないことが判明!
(それとも私の切り方が間違っているのでしょうか、
どの折り目も微妙にずれていて、きっちりと完璧に
折りたたんでカードにすることができません)
今までのカードはすべて綺麗にたためましたので、
どこか間違っているのかもしれません。

製作時間は約2時間。カットにはそれほど時間が
かかりませんが、折る作業に1時間以上も費やして
います。

「博士の折り紙夢BOOK」 川崎敏和著より
20070208c.jpg

「とんぼ」 笠原邦彦作
15cmおりがみを半分に切った三角形2枚

「まき貝」
24cmx24cm おりがみ 1枚

貝には何度か挑戦していますが、いつも同じ場所で
つまづいてしまい、助けを求めてきます。

難しそうに見える上部の巻いた部分は簡単にできる
のに、下部を立体にするときに、上手にまとまり
ません。いちど紙を立ち上げてまとめてしまえば
あとは簡単ですが、折り図が確かにとてもわかり
にくいのです。

どちらも優夢の作例

■■■■■■■■■■

同じ作者の「とんぼ」ですが、こちらは切らずに
正方形の紙一枚で折ったもの


「蜻蛉(とんぼ)」
こちらは15cmx15cmのカラペ1枚
「おりがみ3 超難解 マニア向き作品集」
笠原邦彦著 すばる書房 1976年 880円より



↑↑励みになります↑↑

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用

「季刊をるNo.8」より笠原邦彦氏の
「おさんぽ象さん」
20070206a.jpg

15cmx15cmのおりがみ1枚 優夢の作例で

しっぽの表現がとても可愛い作品です。

20070206b.jpg



↑↑励みになります↑↑


テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

「美しい折り紙」 吉澤章著より
20070203a.jpg

「おにの面」
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚 優夢作例
額に描かれたのはおそらく稲妻?

20070203b.jpg

同じ作品を 15cmx15cm 和紙で pandora作例

鶴の基本形から
「すぐできて脳に効く 切り絵工房 鳥編」
高橋書店 ISBN4-471-12351-3 タンタン著より
20070201a.jpg

「トキ」(pandora作)

作品はすべてA4以下のサイズなので、手ごろで
見栄えもします。

本のページをそのまま切り離してカットすれば、
綺麗に彩色されていますし、コピーして自分で
色を塗って何色も色違いで作っても、それぞれ
仕上がりの雰囲気が違って面白い!




↑↑励みになります↑↑






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。