◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゆかいな多面体」布施知子著より
「変形立方体」
三角形×32枚(7.5cmおりがみ)
四角形×6枚を組み合わせた多面体
ジョイントとしての赤いパーツが、なんと60個!
20060731a.jpg

出来上がりのサイズはちょうど手まりによいくらい。
直径10cmくらいで飾るのにもちょうど。
(母作例)

■■■■■■■■■■

「暮らしに折り紙」布施知子著
20060731b.jpg

「ストッパー・ハート」

20060731c.jpg

「ストッパー・ヨット」

使い方は、二重になっている後ろの部分を折りたたんだ
手紙に差し込みます。
(優夢作例)
スポンサーサイト
「実用折り紙」薗部光伸編より「朝顔」
花 7.5cmおりがみ一枚 切り込み無し
葉は「おりがみ通信vol.12」より先日優夢が折った
ぶどうの葉を借用
20060728a.jpg


「くす玉おりがみ」布施知子著より
20060728b.jpg

「花額」四角プレート6ユニット
(額(和紙)と花(緑色部分)をあわせたもの×6)
三角ジョイント×8枚
すべて7.5cmおりがみ用紙から

「美しい折り紙」 吉澤章著より2作品



「子ぐま」
鶴の基本形から2枚の複合作品。
15cm和紙もみがみ2枚使用

ちょっとスリムです。もう少しふっくらとした感じが
出れば、もっと子ぐまらしくなりました。
立ち上がった姿のクマの折り紙作品はあまりありません。

20060727b.jpg


「エンゼルフィッシュ」
15cm和紙もみがみ 1枚

随分久しぶりの吉澤氏の作品。

難しい技巧もなく、シンプルな折り方で見事に動植物の
完成された美しさを表現するおりがみ。
やはり、私の感覚には最もぴったりで、折りながらとても
気持ちがこもります。
できあがったときに、常に感動を覚える命の躍動感に
満ちあふれる作品です。

■■■■■■■■■■

優夢の作例は「おりがみ通信vol.12」より「ぶどうA」
すべて7㎝おりがみで
ぶどう 6枚
葉 2枚
20060727c.jpg


「おりがみ通信vol.12」より朝日勇氏の
「真夏の夜のきもだめし」

一反木綿 15cmカラペ 1枚
唐傘おばけ 傘の部分 15cm和紙 1枚
      足の部分 12分の1の和紙
お墓 和紙 15cm 1枚
卒塔婆 15cmタント 4分の1
火の玉 7センチ 和紙 1枚
小さい火の玉は3.5センチの和紙

折り方はすべて単純で簡単なものですから、すぐに
折れます。お子様と一緒に是非、どうぞ!

pandora作例

■■■■■■■■■■

同じ本より
20060726b.jpg

「夢の花」
7センチ 折り紙用紙×5で一つの花
葉は15cmおりがみを4分の1に切った長方形より

優夢作例

つなぎ方がほんの少し難しいようで、糊付けは私が
手伝いました。
「くす玉折り紙教室」布施知子著より伝承の
「花のくす玉」
20060725a.jpg

花は5個のパーツを糊付けしたもの
ひとつひとつのパーツ(花びら一枚分)は7.5cm
正方形おりがみ一枚
合計60個のユニットをすべて糊付けして張り合わせ
ると見事なくす玉に。
20060725b.jpg


■■■■■■■■■■

おかあさんは、優夢くんのたからもの
今日初めてそう言ってくれた息子に捧げます。
今年もまた、恐怖の夏休み突入。
例年からすれば猛暑のはずなのに、今年はまだ
梅雨の雨の中の涼しい修了日。
特殊学級の優夢には成績表はない。
それぞれの教科(といっても国語と算数、音楽、図工)の
学習内容や学習態度が記載されているだけ。

20060719e.jpg

去年まではたくさん出ていた夏休みの宿題も、いつもの
宿題程度のほんの少しのプリントだけで、簡単な計算だけが
たったの7枚。
(ちなみに昨年は、国語と算数のプリントがそれぞれ
40枚ずつ合計80枚。これだけのコピーをしてくださった
先生と比べると、今年の量の少なさは歴然)

こんなものが一日の分量であることは、先生もご存知のはず
なので、特に真剣に考えて出していただいた課題ではなさそう。
さまざまな対応の悪さをこの一学期、たっぷりと味わった
新担任の先生との関係を改めて再認識させられる。

すでに3年生の問題集を一学期だけで10冊ほどやり終え
夏休みの分と称して昨日は新たに5冊の問題集を買った。
どんどんたまってしまうので、やり終わった順に即日
ごみとして処分しているので、もしかしたらもっとやって
いたかも。


これも「こだわり」のひとつで、私が特にやらせていると
いうことではなく、自分で本屋さんに行きたいといい、
自分で選んで、自分で一日の量を決め、自分で勝手に
問題を解く。
解答はつけておくと、ときどき見て写すので、取り外して
処分してから渡す。
この点、「勉強しなさい」と口をすっぱくしている世の
お母様たちの苦労はない。
(けれどもそれ以外の苦労が100倍なのだが・・・)

計算能力に関しては、6年生程度もこなせるという先生
からのコメントがあったけれど、敢えて現在の学年の
勉強の反復のため、どうしても欲しがった4年生は漢字
だけにとどめて3年生用の問題集を揃えた。

優夢にとっての問題集解きは、パズルのような遊びの
一種なので、これで夏休みいっぱい持つかどうかは
微妙なところ。

折り紙に関しては今日も取り組んではみたものの、
結局途中で投げ出してしまい、未完成。
こんなことがしばらく続いているため、とりあえず
母pandoraが奮闘。
一年ぶりの川崎敏和氏のバラ
20060719c.jpg

「折り紙夢WORLD」よりバラの応用
「ひらいたバラ」と「葉」
花 15cm和紙もみがみ1枚
葉 15cmタント紙 1枚


20060719a.jpg

「折り紙夢WORLD 花と動物編」より「つばめ」

20060719b.jpg

かたつむりいろいろ。

手前から時計まわりに
伝承のかたつむり(みんなのおりがみ)小林一夫著
15cm カラペ 1枚
コトコトかたつむり(楽しいおりがみ教室)石橋美奈子氏
伝承かたつむり(簡単おりがみ百科)榎本宣吉監修
かたつむり(四季のおりがみ百科)山口真著
すべて15cmおりがみ用紙1枚
pandora作例

20060110a.jpg

こちらは今年1月の作品
「らせんを折ろう」布施知子著より「かたつむり」
15cm クツワ ゆめいろおりがみ 一枚
20060718c.jpg

「折り紙夢WORLD 花と動物編」川崎敏和著より
「あじさい(大)」とあじさいの葉(大)

花の部分は30cm和紙もみがみ 1枚
葉は15cmおりがみ用紙×4枚
(画像では手前の2枚が写っています)

できあがりサイズはちょうど実物大くらい。
紙は濡らさずに折っただけのもの。
母pandoraの作例

優夢:『おともだちが、しらんかおするの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3年生になってしばらくしてから、あれほど毎日楽しみ
だった通常学級での給食に行きたがらなくなった優夢。

きっかけは、新しい担任の先生の指導で、給食の準備中は
しゃべってはいけないという新しいルールができたこと
だったようです。

もともとルールに従うことが難しい優夢には、フラフラ
せずにじっと順番を並んで待つだけでも大変なこと。
その上、おしゃべりな口を閉じて待つことがなかなか
できず、癇癪を起こしたりしていたようで、周りの
お友達もだんだん優夢のことを無視するようになったの
かもしれません。


優夢:『優夢のおはなし、わけがわからないから口きいて
くれないって言う。しらんかお、無視するの。
だから給食は行きたくないの。おともだち、いっぱい
ほしいのに、うるさくしていないのに、いい子にしていても
しらんかおしてるの



なんとなく、状況がわかるような気がします。実際の様子は
担当の先生にうかがうか、教室へ一緒に行って様子を見て
確かめるより方法がありませんので、問題は二学期へ繰越し
です・・・

20060716a.jpg

「たべものをおる」ブティック社より「ハンバーガー」

20060716b.jpg

「月刊おりがみ360」より青木良氏の「クワガタムシ」
15cmおりがみ用紙2枚の複合

頭の部分だけでも1時間もかかっていましたが、パニック
にもならず、文句も言わずに熱中して折っています。
何を折っているか、どこを折っているかがわかりやすい
作品なので、見通しもつき楽しかったのでしょう。
きちんと仕上げて満足そう。

優夢の作例


※ちなみに一年前に私が折った同じ作品はこちら。
(下手です)(^^;
http://nevergiveup.blog7.fc2.com/blog-entry-108.html

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

[異食]とは、読んで字のごとく異物を食すること。

自閉症の子どもには多いと本で読んだことがありました。

比較的知的には高機能の部類にはいる優夢にも、
実はこれがあります。

飴の包み紙、ケーキについている銀紙、濡れティッシュ、
ビニール、プチゼリーのプラスティックの破片、小さな
ビーズ、ビーだま、髪の毛、糸くず、爪などなど・・・


口をもぐもぐさせて、ガムをかんでいるようなときには
必ず何か口の中に入っています。


■■■■■■■■■■


けれども、それを取り出そうとすると、固く口をむすんで
絶対に開きません。

小さい頃には、それでも無理やり口をこじ開けて、指を
入れて異物を取り出していました。
最近では力も強く、下手に指を入れると噛みちぎられそうに
なります。

今日も口からは外出先で飲ませたミルクティーに入れた
ガムシロップのぷちっと蓋を折る部分。

それから、おまんじゅうを包んであった大きなビニールが
まるごと。

広告の切れ端を丸めたもの。(かなり大きなサイズ)

紙ナプキン一枚。


■■■■■■■■■■


もっと小さい頃には、道端の小さな石ころが出てきたり
誰かが吐き出したガムだったり、いつもいつも注意して
目を離さないつもりでも、あっという間に口に押し込んで
しまい、あわてて指でかきだすことがしばしばでした。

幸いお金やビーだまやボタン電池は本当に飲み込んだことが
なく、今まで命に別状はありません。
でも、こんなに大きくなっても、「手ごろ」なものを掴んで
しまうと、どうしても口に入れたくなってしまうようで、
やっぱり目は離せません。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

暑いです・・・

不快感を言葉でうまく表現できない優夢は、自分が
なぜイライラするのかもわからず、お友達や先生に
八つ当たりしてしまう場面が増える、苦手な時期。

20060713a.jpg


本日の絵。
水彩の自画像(8歳)
久しぶりのおりがみ。


「月刊おりがみ370」より川出章子氏の
「テルテル坊や」15cmおりがみ1枚

顔がなぜか「おやじ顔」(笑)メガネをかけています。
(本当はもっと和み系に可愛く描いて欲しかった!)

20060711b.jpg

「月刊おりがみ359」より青柳祥子氏の「さかな」

『さかなは、いろんな色があるから、すいたまで作る』
と、水玉(みずたま)もよう。
目は、目玉シールがないので厚紙を切るとか独り言を
言いながら、Tシャツの値段の部分を切り取って、
自分で貼り付けています。
そういえば、なんだか『にぞうぶね(にそうぶね)』が
どうとか、ぶつぶつ言っていました。

20060711d.jpg

「楽しいおりがみ教室」石橋美奈子著より
「コトコトかたつむり」

なぜ、コトコトなのか、よくわかりません。
押してみても進まなかった・・・(ToT)

すべて優夢の作例

※追加補足

sojuさんからのアドバイスをいただき、私が折ってみた
ところ、優夢の折り方の一部が間違っていたことが判明
いたしました。
正しく折りますと、殻が可愛くふくらんだ、いかにも
かたつむりらしい愛らしい作品ができあがります。
しかもとても簡単!
小さなお子様と一緒に是非、お試しください。
間違った折り方で動かないと言ってしまい、作者の方には
申し訳ありませんでした。
正しく折れば、もちろんきちんと動きます。
この時期にぴったりの作品、是非、楽しんでください!
sojuさんより情報提供の折図はこちら・・・
http://www.bunbouguyasan.com/series/origami/origami_index.html#riku

sojuさんのブログの解説へはこちら。
http://ameblo.jp/soju/entry-10014773104.html

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

「暮らしのなかのおりがみ」朝日勇指導より
20060705e.jpg

「レモンの輪切り」と「コップ」を組み合わせた
レモンスカッシュ。

20060705d.jpg


レモンが15cmのおりがみ
コップは26cmを使用

優夢の作例。

百円ショップで手ぬぐいを買いました。
それを折り紙のように折ったもの。
20060704a.jpg


縫ったり貼ったりもせず、きちんと形を保ち実用的。

折り方は「暮らしの折り紙No.2」より

20060704b.jpg


手ぬぐいの中に入っているのは、吉澤章氏の「かぶ」
と、「ティッシュカバー」(伝承のアレンジ)
どちらも優夢の作例。
ティッシュカバーは「暮らしの折り紙」
「かぶ」は「折り紙博物誌Ⅱ」より
優夢:『ても、って、どちらでもいいということ?』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


意味がよくわからなかったので、適当に「うん」と
返事をすると、せっかく寝る支度をして布団に入った
ばかりなのに、すごく嬉しそうに出てきます。

(/∇≦\)アチャ-!

そういう意味だったのかーーーっ。


■■■■■■■■■■


[日本語は外国語?]の続きを読む
独学自己流3作目。
20060701b.jpg

図案は「パーチメントクラフト入門」\1050
雄鶏社 ; ISBN: 4277471552より

穴を均等に開けるという作業だけでも難しく、
全然揃ってくれませんが、やればやるほど
面白くなってきました。

が、今回の間違いは紙の裏表が逆。

用紙に裏と表があることにはまったく気がつかず、
残念ながら裏返しです。
せっかくの入門書なら、そのあたりのまったく
初心者向けのことも書いて欲しかった!!

やはり、基礎くらいはきちんと習っておさえる
べきかと思い始めています・・・

パーチメントクラフト 6009 ペルガマーノキット スターター






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。