◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕食の材料を買いに優夢と二人で歩いて出かけ、
ふと見上げた空。

今もこの先も、私には誰も頼る人はいないこと。

この握っている小さな手も、やがては大きくなって
私よりもずっと逞しくなるのでしょう。

けれどもその手は、私の支えにはならず、私は
死に直面するまで この子の手を握り、支え続けて
いかなければならないという現実。

これをなぜか嫌というほど感じた夕暮れです・・・

**************************

私は友人はもちろん、知人、身内の誰にも一人として
自分のHPのことを知らせていません。

愚痴話も大嫌いで、誰にも何も話しません。

自分の心と運命は、自分で背負うしかない。
誰かに話しても、それは相手を悩ませたり不快に
させたり、大切な時間を奪う迷惑な行為だと考えて
います。

たとえ一緒に悩んでもらっても、誰にも人生を
肩代わりしてもらうことはできません。
所詮は自分の人生は自分で生きていくしかないのです。

愚痴を聞くことは多々ありますが、あまり嬉しくない
時間です。噂話も世間話にもまったく興味がありません
から、自分から電話をしたり実際に会って会話をする
ことはほぼ皆無という状態です。

大切な人には、「お元気ですか?」と問う以外には
特に何も言いたくありません。

だから私は、すべてを自分ひとりで考え、こうして
ときどき、顔の見えないみなさまにだけ、ほんの
少し本音を書いたりしています・・・
スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

20050830b.jpg

「折り紙博物誌Ⅱ」吉澤章著より「帆かけ舟」と「ヨット」
これまでに挑戦した吉澤章氏のどの作品よりも難しく
感じました。折図はとてもシンプルでごく簡単ですが
特にヨットの帆の形には迷いが出て、余計な折り線が
ついてしまいました。

※※※※※※※※※※

20050830e.jpg

優夢は「たのしいおりがみ135」榎本宣吉著より
「ひらめ」
「この本の中で1,2をあらそうほど むずかしい」
とコメントが書いてある通りに、確かにとても難しい
作品です。1時間はかかっていたようでしたがとても
よく頑張りました。

学校のプールで、今日は顔を出して泳げたと本人は
言っています。(昨日はもぐって足をバタバタさせて
泳げたと言っていました・・・)

夏休みのお弁当作りも、残すところあと一日!

20050829a.jpg

「折り紙博物誌Ⅱ」吉澤章著より「すもう」
もう、説明するまでもなく誰が見ても力士です。
でも、15cm弱の和紙使用のため、とても小さく
できました。

↓後ろ姿も手抜きがなく素晴らしい作品です!
まわしに注目です。
20050829b.jpg


インサイドアウトでまわしの色を変えることができ
れば完璧な気がします。
左右対称に折り、中心線で折り曲げれば実際に
トントンすもうなどで遊べるようです。

※※※※※※※※※※

20050829c.jpg

優夢は久しぶりに「たのしい折り紙ワールド」山口真著
よりジェレミー・シェいファー作「ハートのゆびわ」
15cm色紙一枚使用のため、出来上がりは腕輪サイズです。
見た目よりも難しいようで難易度はこの本の中でも難しい
になっていますが、時間をかけて丁寧に作っていました。
もちろん、私にプレゼントするために選んだ作品です。
可愛くてとても気に入りました。
女の子だったら実際に腕にはめて喜んでもらえる人気の
作品になりそうです。
指輪のサイズを作るのは、かなり折り目が細かいために
ずいぶん難しくなりそうです・・・

20050829c.jpg

「たのしいおりがみ135」榎本宣吉著より「パトカー」

なぜか黄色の紙を使ったため、タクシーになってしまい
ました。(^^;


「創作折り紙」吉澤章著より「でめきん」
15cm和紙一枚使用
出来上がりの見本の写真が見当たらなかったため、
これでよいのか自信がありませんが・・・
和紙の風合いも画像ではなぜか光ってしまいました。
こちらは折る部分はごく僅かで、折るというよりも
形を作り出すという方がより近いかもしれません。
究極のシンプルさですが、確かに金魚の姿です。
優美なフリルのレースのような尻尾が特徴です。

そういえば、子どもの頃には父が出目金やランチュウ、
シシガシラなどををたくさん水槽で飼っていました。
頂天眼という奇妙な姿の金魚もいましたが、私は
大変美しい尾を持った、頭にこぶのある和蘭獅子頭が
いちばん好きでした。

当時は金魚鉢のある家庭は少なくなかったような気が
するのですが、最近では実物を見かけることがほとんど
なくなり、お祭りの夜店に出ているのも出目金ではなく
なってしまったようです・・・

※※※※※※※※※※

20050828b.jpg

優夢の作品です。ついに出ましたー!!
お待たせしておりました、「アオベエ」です。(^^)

20050828c.jpg

こちらは折り紙ではありません。(笑)

pandora:「ほら、優夢、見てごらん。セミの皮」

優夢:『とって』

pandora:「(気持ちが悪いので葉っぱごとむしって)
はい、どうぞ』

優夢:『いきてる?』

pandora:「もう皮だけだから生きていないの」

優夢:『たべられる?』

pandora:(爆)「食べられないの!」

優夢:『ひゃぁ~』

つかんだ優夢の人差し指の先に、セミの足が刺さって
います。
Σ(゜◇゜;) ゲッ

こんなに鋭いトゲトゲがあるなんて、知りません
でした・・・
生きていても死んでいても、抜け殻さえも恐ろしい
セミです。(\_\)


「創作折り紙」吉澤章著より「ねずみ」2点。
pandora製作 15cmタントそれぞれ一枚ずつ。
奥が前足のないもので、手前の白い方は前足がある
ためその分、尾が短くなります。

紙の厚みがありすぎて、折り紙置き場の藤倉氏に
教えていただいたように紙を湿らせて折ってみたの
ですが、細部をどうしても折り曲げることができま
せん。また、乾くときの紙の縮みを考慮しなかった
ために、予想以上に硬くなってカチカチになり、
つぶれて丸みが出ません。角を折り曲げることも
不可能になってしまいました。
用紙の選択に間違いがあるようです。次回は和紙で
挑戦してみたいと思います。

20050827b.jpg

もう一点も吉澤氏の「あぶ」のつもりなのですが・・・
こちらは訪問先の父の家で、ハートチョコレートを
食べた包み紙を使っています。
チョコを食べて包みを丸めて捨てた後、ふと思いついて
また拾ってみました。(^^;
しわしわの質感が面白いと思ったので、そのまま作って
みたところ、父も優夢も一目で「セミ!」と断言。
私の目にも、セミか蝿のように見えます。

とても小さいので、ゴミと間違われて写真を撮った直後
には父が丸めて他のゴミと一緒に捨ててしまったよう
でした。(T▽T)

本日の帰宅も午後10時過ぎ。とても楽しく過ごして
『きょうはおじいちゃんに つれてきてくれて
ありがとう。たのしかったぁ・・・』と満足そうな優夢
ですが、本当に疲れました。。。
優夢の折り紙は今日もお休みです。


しつこく本日も吉澤章氏の作品から「パンダ」
「創作折り紙」より
こちらは頭部と体を別々に折る2枚の複合です。

8月11日の笠原邦彦氏のパンダと比べると、吉澤作品は
たれ目の具合がとても可愛い感じが出ています。
パンダの持つ全体の丸い曲線も表現され、とても温かい
ぬくもりを感じるような気が致します。

↓「季刊をる11号」より 笠原邦彦氏「パンダ」
20050811b.jpg

実はお寿司を買って夕食はおじいちゃんと食べたいと
言う優夢につきあって、実家へ行き、父が見ている前
で難しい難しいと言いながら苦労して作っていると、
「なんだ、オマエがやっているのか?・・・優夢の
御株をとったらダメじゃないか」と笑われてしまい
ました。(^^;

※※※※※※※※※※
優夢は本日、残りの夏休みの宿題を終わらせ無事に
80枚のプリントをやり終えました。
折り紙はお休みです・・・

じいちゃんと二人で子ども会のお菓子をもらいに
行ったのですが、実は二人だけで外出するのは
生まれて初めて。

じいちゃんも嬉しそうに着替えて自分が連れて行くと
張り切っているので任せてみました。

・・・・・ところが5分もしないうちに何か外で大声が。
走って転んだ優夢が大きな声でずっと文句を言いながら
お菓子を手にした瞬間に猛ダッシュで戻ってきたよう
でした。(~_~;)
せっかく着替えたのに、まぁいいや、とまた元の服に
着替えた父です。

優夢は「貧乏なおじいちゃん」にあげるのだと、紙に
「10000」と書いてお札の形に切ってくれます。
私はそれに本物の紙幣を添えて置いてきました。
これでは全然足りないのに、こんなにたくさんいい
のかと遠慮する父が、とても喜ぶ顔が目に焼きつきます。

帰り際の優夢のひとこと。
『おじいちゃん、きょうは 水ようかん つくって
くれなかった』

(~_~;)「だって今日はおじいちゃんは優夢が来ると
思っていなかったんだから。明日作ってもらおうね」
おじいちゃん、苦笑です。
もしかしたら優夢のために水羊羹、夜中に作って
いるかもしれません。
学童クラブに提出するために書いていた2通目の
手紙。A4用紙3枚にまとめたのにうっかり別の文書を
上書き保存してしまいました。( ̄□ ̄;)ガーン

まだ印刷前なのに、せっかくの文章を失ってすっかり
凹んでパソコンの前で騒いでいる私に

優夢は
『どうしたの? おかーさん、おこらないでね』
と心配そう。

「怒ってないよ、お手紙なくなっちゃったよぉ。悲しいよー」

優夢:『そういうこともあるさ。またがんばれば
だいじょうぶ。おかあさんは、がんばれるねぇ。』

と頭を撫でてチュウまでしてくれました。

「優しいねぇ、慰めてくれるの?」

優夢:『なぐさめ???』

「あ、いいのいいの。うん、また頑張るからね。
ありがとうね。」

毎日先生や私やお友達を困らせている優夢にも
こんな優しさがあることや、優夢の行動の大部分は
悪意のないものだということが、うまく伝わると
いいのですが・・・

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児



今日もまた吉澤章氏の作品のひとつです。すっかり
夢中になってしまいました。
「季刊をる7号」より「猪(二)」(豚ではありません!)

何故これほどまでに吉澤章氏の作品に惹きつけられる
のでしょう。一言では説明できませんが、折り線を
きっちりとつけて折れば誰でもまったく同じように
作ることのできるものとは違い、吉澤氏の作品は
作る対象を常に思い浮かべ、だいたいの折りかたに
添って後は作り手が想像力で、「よりそれらしく」
見えるように少しずつ手加減をして形を作り出して
いかなくてはなりません。
このように自由度の高いものは折り紙歴2ヶ月にして
初めて出会いました。
この感動が次々と挑戦したいという欲求につながって
いるようです。

折りたいと思うものの姿を思う折り紙は、常に難しい
折図とにらめっこをしつつ、いったいどんな形に
なるのかとパズルを解くような折り方とはまったく
別の表現力を要求されていて、私にはとても気に入り
ました。


15cmのタント一枚使用。紙が硬くて小さいため、
細部はかなり折りにくくなりました。
せっかくきちんと折ったつもりでも、折り線も時間が
経つと元に戻ってしまいます。
折る行程は少ないのですが、1時間半近くもかかった
ようでした。ただ、とても楽しく夢中で折っていたため、
辛い折り紙ではありません。尻尾の付近の折り線は本来
つかないものですが迷ったために余計な線がついて
います。(^^;

昨日のうさぎと同じように、こちらもシンプルですが
やはり猪の力強さを感じます。

※※※※※※※※※※
優夢は「たのしいおりがみ135」より「ごみばこ」
20050825b.jpg

とても疲れていて、最近では何をやるにしても
いつもの5倍は時間がかかります。
こんなに簡単そうに見える作品でも、4枚水色の紙が
丸めて捨ててありました。
一度色を決めると、完成するまで同じ色で折るという
「こだわり」のため、もしなくなると大変です。
そんな優夢のために好きな色は単色で100枚入りを
購入しストックしています。

一時間もボーっと机の前で紙くずをいじっている
ことも珍しくなく、注意力もまったくありません。
夏の疲れが親子で出ているのかもしれません・・・
20050824a.jpg

「創作折り紙」吉澤章著より「あゆ」15cm両面折紙
こちらも難しいです・・・
折りかたはとても明快で簡単ですが鮎らしい生き生きと
した感じを出すのは、本当に難しく吉澤氏の創作の
奥の深さを感じます。
明治生まれであるにもかかわらず、伝統的な折り紙を
くつがえすほどの創作作品を数々発表された斬新な
アイデアと柔軟な思考、そして紙に命を吹き込む表現力
には実際に作ってみて初めて触れることができる驚きが
あります。

この作品も今にも泳ぎ出しそうな躍動感が特徴です。
なぜこれほどまでに世界中の折り紙ファンから師と
称えられているのか、実際に本を手にするまでは
わかりませんでした。

90歳を過ぎるまで活躍されたのは、折り紙に対する
情熱と自由な創作意欲の力があったからかもしれません。

たかが折り紙を芸術にまで高めた氏の偉業に畏れの
気持ちが湧いてくる作品です。

感動したところで吉澤章氏の作品をもうひとつ、
「うさぎ」(「折紙探偵団」92号)15cmタント
鮎同様、今にも鼻をぴくぴくさせて動き出しそう
ではありませんか?
躍動感、生命力、気品のすべてを感じられる作品
だと思います。
「複雑な折りかたが必ずしも良い折りかたではない」
という吉澤氏のポリシーを感じられるシンプルな
折り図です。
20050824b.jpg

美しく気品のある完成された姿にはただただ感動
いたします。

こちらも折りかたは簡単で、折図にはなんの文章も
記載されていませんが、「うさぎらしさ」を表現する
ことはとても難しく、それだけに楽しみの大きい
作品でした。

※※※※※※※※※※
優夢は「たのしいおりがみ135」より「ししまい」
20050824c.jpg

頭のバランスを間違えたようで、「顔の長い」獅子に
なってしまいました。(^^;
近くで見ると「シャツ」に見えるため、遠く離れて
ご鑑賞ください。(笑)

↓「百面相」泣いた顔
20050824d.jpg

↓笑った顔
20050824e.jpg

↓怒った顔
20050824f.jpg


※※※※※※※※※※
私はこれから学童クラブの先生に提出するための
手紙を作成しなくてはなりません。
障害があるが故に特殊学級に在籍している優夢に、普通の
子どものように振舞えるようにと期待されていることは
私にとっても優夢にとってもかなりの負担です
20050823a.jpg

本日届いた本は今年3月に94歳でお亡くなりになった
折り紙界では世界的に著名な吉澤章氏の「創作折り紙」
この中より「こうもり」のつもりです。
20050823c.jpg

吉澤氏の作品は、折りかたは簡単なものでも非常に
難しいと噂に聞いていた通り、折り手の手加減に
よって出来上がりの形が違ってしまうため、とても
難しく感じます。
白い紙なので細部がわかりませんが、顔の表現が特に
こうもりらしく見事です。
大きいサイズの和紙がなかったため、天ぷら敷き紙
一枚使用。


※※※※※※※※※※
優夢はキスケを作りました。このところ毎日おじゃる丸
シリーズをひとつずつです。
20050823d.jpg

pandora:「キスケはひよこなの?」
優夢:『ちがう。(* ̄▽ ̄*)ノ" ひよこににている
けど ひよこじゃないねぇ。(←諭すように)(笑)
キスケはわるいひとなの。いちばんわるいのは
アオベエ。』となんだか嬉しそう。
明日はいちばん悪者にされたアオベエの登場でしょうか?
実は噛み付かれたのではなく、爪あとだったという
ことがわかりました。

しかも、優夢が名前をしきりに言っていた女の子
ではなく、男の子に強く腕を掴まれて後がついた
ようなのです。どちらにしても子ども同士のもめごと
があったことには違いないようですが・・・

なぜ、優夢が女の子だと言い張るのか理由はわかり
ません。
きっかけとなった出来事はもともと優夢とこの女の
子との間のトラブルから、別の子を巻き込んだよう
です。

こういうことを繰り返しているうちに、優夢が嫌われ
者になってしまうことが心配ですが・・・積極的に
自分から関わろうとする気持ちが強い子なので、
相手の感情を理解できずにしつこくなりすぎたり、
一方的に勝手に振舞ったり、無理強いしたりで
喧嘩になってしまうようです。
その辺りのことは私にもよくわかります。

※※※※※※※※※※

優夢の説明の食い違いは、嘘というよりは認知能力と
表現の能力の不足によるもので、やはり優夢には
コミュニケーションに障害があることを改めて認識
する出来事でした。

噛み付かれたのではなく、ひっかかれた?のなら
私もなんとなく納得できます。

みなさま、ご心配をお掛けして申し訳ありません
でした。私も必ずよく先生に確かめて情報を得たい
と思います。慌ててしまい勝手な想像をすることは
よくないと今回は反省です。


※※※※※※※※※※

今日も優夢の話によれば、
『Sちゃんに あたまを こうして たたかれて
ないちゃった』と言っています。
もし、今日の出来事ではなかったにしても、繰り
返し訴えてくることには、何か意味があるのかも
しれません。

※※※※※※※※※※

まだ話の続きがありました・・・

優夢:『Mちゃんに チューしたら、三年生の男の子が
ふたりで 優夢のあたまを おもいきり たたいた』
(↑さっきはSちゃんだったのに)

「え? チューしたの?」

優夢:『そう、だって かわいかったから。(///∇//)
ほっぺに ちゅーした。』

「Mちゃんは 怒った?」

優夢:『そうしたら きらわれた』

(*≧m≦*)ププッ 「Mちゃんは おこったの?」

優夢:『こーんなかおで ((( ̄へ ̄井) フンッって
いった』

「だから、男の子が怒って叩いたの?」

優夢:『こーんな手で(グーにして)おもいっきりたたいた。
いたかった。ぎゃーってないた。』

「あのね、お友達が嫌がることを してはいけません。
チューしたら嫌な気持ちなので、Mちゃんにもチュー
してはいけません。」

優夢:『かわいかったから。(//∇//) 』
(なんでそこだけ顔がニヤニヤするのよ)( ̄ー ̄;

「でも、Mちゃんがいやだと言ったら、してはダメ。
わかった?」

優夢:『はい、おかあさん。Mちゃんに チューして
ごめんなさい!』


・・・さてさて、事実か想像の賜物かは今夜はわかり
ませんがこの話はなんとなくつじつまが合います。
こんなことばかり繰り返しているようです。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
こちらは、ほぼ「事実」だったそうです。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

20050822d.jpg

「毎日を楽しく彩る折り紙」より朝日勇氏
「ハートポプリ箱」
薄い紙が適していると書いてありますが、厚めの
ショウワグリム 両面タイルちよがみ 使用
内側のタイル模様がポイントですが折りにくいです。
20050822c.jpg

同じく、石橋美奈子氏「王冠エッグスタンド」
和紙より洋紙がしっくりくると書いてあるのに、敢て
和紙千代紙使用。
消しゴムをすぐになくしてしまう優夢の机の上に置い
て入れ物代わりにしようと思います。

どちらの作品も15cm正方形一枚でできています。

※※※※※※※※※※
優夢の作品
20050822e.jpg

電ボです。

優夢:『おかーさん、きょうは ごめんなさい』
pandora:「なんで 謝っているの?」
優夢:『・・・』(^-^;
『わるいこと、していない。・・・きょうは
たのしかったねぇ~。おかーさん、チュウ』
( *^)^*)チュウ


いつも悪いことをして謝ってばかりいるので、つい
謝ってしまった今夜の優夢です。
20050822a.jpg

今日、学童クラブでお友達の女の子に噛まれたと
優夢は言っていますが、お風呂に入ってふと腕を
見ると、こんな歯形のようなものが浮き出てきました。

連絡帳にも特に記載はなく、毎日トラブル続きの
優夢のことは、先生もあまり取り合ってはくれて
いないのかもしれません。
それにしても、最近では喧嘩をすると噛み付いたり
するのが普通なのでしょうか?
叩くとか蹴飛ばすのは理解できますが、噛み付くと
いう行動は私には健常児にとっての普通の行動とは
とても思えません。

何かがあったのか、先生に明日訊ねてみたいと思い
ます。優夢の関わり方の問題も大きいところです。
気が重いです。

**************************
付け足しますと、噛んだのは通常の学級の3年生の
女の子なので、私も悩んでしまいました・・・
これが優夢と同じひまわり学級の子ども同士だったら
よくありがちなことなのですが。
でも、何もしていない優夢に突然噛み付くという状況
も想像しにくいため何か理由があってのことだったと
思います。そうでなければ、証拠の写真を持って抗議
しに行きたいところです。( ̄ー ̄;

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア



「をる折り図集」より伝承作品の「壷」
15㎝タント紙一枚使用。出来上がりはせいぜい楊枝が
何本か入る程度の大きさになりました。美しい形です。

実用折り紙をもうひとつ。
20050821c.jpg

こちらも「をる折り図集」より山梨明子氏「財布」
とても可愛いがま口型で、ちゃんと口も閉じます。
ポチ袋の代用にもなりそうなので、次回は父にこの
財布に入れて包んでこようと思います。
20050821d.jpg


3つ見せると、ピンクのお花柄を選んだので、
優夢にも千円を入れて渡すと・・・

優夢:『おかあさん、まだ せんえん ある?』
pandora:「もうないけど。さっき使ったから」
優夢:『・・・やっぱりいらない。おかあさん
しんぱい するから。おかあさん、びんぼー
なんだから』


と返してくれました。

(TOT) ダー
貧乏でごめんねー

※※※※※※※※※※
優夢は
20050821b.jpg

「カズマ」と「アカネ」
並んでいると仲良しみたいです。(笑)

20050820b.jpg

伝承折り紙の「はなばこ」と「ほうおう」
20050820c.jpg

どちらも優夢の作品です。おじいちゃんの家で作り
ました。

私が疲れているのを察してくれたのか、父は今日は
何もしなくてもいいからと、すべての料理の支度を
して私と優夢に食事を用意し、私の大好物の馬刺し
を盛大に振舞ってくれました。
高価な馬刺しをまるごと一本?全部食べてもいい
なんて夢のようです。
父も好物のはずなのに、たったの二切れ手をつけた
だけで後は私の胃袋に収まりました。
いつもはつつましく、この猛暑の中でも扇風機で
我慢している父も、私と優夢が来ると思う日には
朝からクーラーをつけてくれているようです。

そんな父に申し訳なくて、後片付けまでして疲労
した父がうたた寝をしている隣に、折り紙で包んで
少ないですが5千円を置いてきました。
なんの足しにもならないかもしれないけれど、せめて
私たちの冷房代に当ててください。

本当は札束をどーーーんと積み上げて置いてきたい
気持ちですが、何もしてあげることができません。
一人暮らしの寂しさですっかり弱っているのに、
普段は電話もかけずに時間が過ぎてしまいます・・・

優夢はじいちゃん手作りの「水ようかん」を二つも
食べてご機嫌です。おじいちゃんも優夢に『水よう
かん つくってください』と言われてとても嬉しそう。
暑い台所で汗をダラダラ流しながら作っています。

あ、そういえば昨日のゲームセンターの効果なのか
今日の優夢はなんだか「いい子」にしていてくれま
した。(*^-^*)

(本人も今日はいい子にする、と気合が入っていて
頑張ったようです)

※※※※※※※※※※
私は「Origami Sea Life」より、ジョン・モント
ロール氏の「おたまじゃくし」「足のあるおたま
じゃくし」「尻尾のあるカエル」「カエル」
20050820a.jpg

疲れました・・・毎日の暑さや、変化のない単調な
生活のせいか、疲労とストレスがたまりにたまって
すっかり気分も体調も最悪です。
優夢も同じく、荒れ放題で、どこかの山に行って
置いて帰ると本気で脅かしてみますが効果なし。

1週間に2本はえんぴつをなくしてくるし、2週間に
一度は消しゴムもなくなります。
口はどんどん悪くなって、私のことも「オマエ」
呼ばわりで叱れば逆ギレ。
学童クラブでも毎日のように誰かと喧嘩をして
トラブルになっているようです・・・・・

落ち込みます。

優夢の日記
「がくどうにいきました。おやつはパンとカルピス
ジュースでした。
DVDとゲームセンターにいきました。たいこのたつじん
のコインゲームをやりました。
がくどうがおわったらおすしたべにいきました。
おうちにかえったら よるの10・半でした。
たのしかったです。」


夜遅くまで遊びました。こんな夜遊びは初めてです。
学校の先生に見つかったら私が怒られそうです。(~_~;)

ちなみに私はゲームセンターが大キライです。
音もうるさくて、光もまぶしく、お金をまるで捨てる
ように使う点も大嫌い。
でも、優夢は食事よりも好きなゲームができて大満足。
私は余計にストレスがたまりました。

『おかあさん、たいこのたつじんのゲーム、たのし
かったねぇ~。もう太鼓たたかなくても、コインが
あるからいいねー』
としみじみ。

あのぉ、コインのゲームもすごくお金がかかるんですけれども。。。
って言ってもわかるはずもなく。
こんな無駄遣いをするくらいなら、折り紙用の紙が欲しかった
のに・・・( ┰_┰) シクシク


お願いだから、これで明日一日だけでもいい子になって
くださいね。
(と言っても明日になれば何もかも忘れてしまう優夢
なのです)

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

20050818a.jpg

「をる 折り図集1」より布施知子氏「巻貝」と
「国際コンベンション折り図集10」よりベン・マラー氏
「エイ」
エイはたぶん折り方が未完成で誤りがあるかもしれま
せん。完成図の写真がないため正しく折れているのか
どうか確信がもてません。
巻貝はとても美しく見事な作品です。オーロラおりがみ
15㎝一枚から、こんなに美しい貝が生まれました。
飾っておいても十分に見ごたえと存在感があります。
20050818b.jpg

裏側↓
20050818e.jpg


※※※※※※※※※※
最近、家でも学童クラブでも私たちを悩ませている
ひどい反抗期の優夢の今日の作品はおじゃる丸。
20050818c.jpg

こんな雅なお子様だったらよかったのに、今の優夢は
私に苦悩と重い気分を味わわせてくれる[オオモト]
で、全然まったりできません。
:*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:
お陰様で先ほど本家のアクセス件数がついに15万件を
超えました。
ありがとうございました。

どこにも連れて行かず、長い夏休みの楽しみが
折り紙と学童クラブと週に一度のジージ訪問だけの
優夢がちょっと不憫。

夏休みで忙しくなった愛しのももちゃんからの手紙
も途絶えがちですが、久しぶりの手紙に大喜び。
20050817c.jpg

夏休みのドリルも放り出して夜更かししてすぐに
返事を書きました。
20050817d.jpg

ももちゃんへ
いつまでも手紙かいてくれてありがとう
ぼくはとてもうれしかったよ
またあそぼうね♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
あとプリキュアのカードあげるね。
元気でね。優夢くんより

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

20050817a.jpg

優夢の作品は図書館で借りた「キャラクターいっぱいの
おりがみ」榎本宣吉著より「宇宙飛行士」
この本の中では難しい方のレベルです。
15㎝折り紙一枚使用。こちらもインサイドアウト作品。

優夢が主張するには、折図の一部の記述が誤りで、
正しく折るとこうなると言って持ってきました。
完成作品は確かに見本の写真と同じです。

どこにも連れて行かず、長い夏休みの楽しみが
折り紙と学童クラブと週に一度のジージ訪問だけの
優夢がちょっと不憫。

※※※※※※※※※※
私は念願の折図集を一冊だけやっと手に入れました。
折紙探偵団「国際コンベンション 折り図集 vol.10」
おりがみはうすより購入できます。
20050817b.jpg

少し気分がダウン気味なので、まだ作品作りにはとり
かかる気力がありません。
20050816a.jpg

こんなに珍しい「かっぱえびせん」を見つけてしまい
ました。韓国製です。やっぱり辛いです。
日本のカルビーのカッパえびせんに酷似していますが
製造している会社も違うようです。
塩味に慣れているいつものかっぱえびせんとは全然
違う味。塩に関してはごく薄味ですが辛さのせいか、
あまりエビの風味も感じません。

私にはやっぱり日本のえびせんが口に合います。

※※※※※※※※※※
優夢のおりがみは「みんなのおりがみ」小林一夫著
より「ムツゴロウ」だそうです。
20050816b.jpg

『むずかしいの、つくった』と言っています。(笑)
それともうひとつは「リュックサック」
背中のポケットは別の紙を切って糊で貼り付けて
います。スティックのりをかなり大量にグリグリ
塗ったらしく、大量に折れて私に怒られました。
『おかあさんは こわいから かくれる』と言って
この暑いのに毛布を頭から足の指の先まですっぽり
かぶって早めに布団に入った優夢です。
20050816c.jpg


※※※※※※※※※※
HPサーバの復旧は明日の朝になる見通しです。
発生日時 2005/08/15 23:30頃
現在の状況 現在復旧作業中です。
復旧日時
障害箇所 プライベートホームページ www7
ということで、現在本家が表示されない状態です。
(ToT)
閉鎖ということではありません!(笑)
それにしてもお盆休みなのに、いつ復旧できる
のでしょうか。ちょっと心配です。

※※※※※※※※※※
やはり、復旧までには時間がかかる様子です。
明日17日の朝くらいには復旧の見通しという
アナウンスがありました。
20050815a.jpg

伝承連鶴「拾餌」(えひろい)
和紙のイシカワ OA和紙使用
くちばしの所で親子の鶴がつながっています。
親鶴が子に餌を与える様子を一枚の紙から大小2羽の
鶴を折ることで表したもの。比率は3対1

60年目の終戦記念日の今日、平和を願う心を込めて
この作品を折りました。

優夢とお母さんだよ、と言って見せると、とても
嬉しそうで連鶴の名称を尋ねた優夢。
「えひろい」と答えると満足そう。

※※※※※※※※※※
優夢は3時間近くも何かいろいろと折りかけては
丸め、たくさんの折紙屑を作っただけで、とうとう
一つも完成しないままタイムアウト。
ひどく落ち着かず興奮状態が長く続いたため、集中
できなかったようです。
原因は学童クラブのおやつの「チューペット」で
しょうか・・・

20050814f.jpg

「折り紙夢WORLD 花と動物編」より「トカゲ」と「カエル」
トカゲを折るのにぴったりなショウワグリムの
【ペイントアートおりがみ】を見つけたので、初挑戦です。
どちらも「ジャバラ折り」と言われる方法で作られ
ています。
川崎敏和氏の折りかたは、くどいようですが、とにかく
最初はおりすじ、おりすじ、おりすじと同じような
作業が続き、最初に筋をつけてから後でまとめるので、
序盤はなかなか形になりません。なんだかとても
苦労した気分になります。不切正方形一枚使用。
15㎝の紙でちょうどよいサイズに可愛くできました。
by pandora

※※※※※※※※※※
優夢は丹羽兌子氏の「ワンピース」
ふわっとした袖がとても可愛いデザインです。
20050814c.jpg


次は鈴木恵美子氏の「かくれパパとチワワの
コインケース」
表は可愛いチワワですが、裏側を見せてくれた
ときには「パパの顔」があって、思わず笑って
しまいました。
でも面白いようなちょっと怖いような・・・
20050814d.jpg

裏側はこんなふう。
20050814e.jpg

優夢の描く表情はとても優しくて癒されます。
集中して今夜は2時間以上はいろいろと折って
いました。よく出来ているので褒めると、
『おかあさん、やさしくしてくれて ありがとう。
うれしいこと いってくれて ありがとう』
(^ー^* )フフ♪ by優夢
20050813a.jpg

Tai-Chi Symbol by Sy Chen氏
WEBで折図を見つけたチェン氏の太極シンボル。
「太極模様」
簡単な折りかたですっきりと陰陽を表し、しかも
紙の両面を同じ比率で生かしたインサイドアウトの
手法がとても気に入りました。

複雑なものも素晴らしいのですが、このように
シンプルでわかりやすいものは、日本古来の伝承
折り紙の基本に通じるように思えます。

優夢は「かわいい きれいな おりがみ」より
鈴木恵美子氏の「えんぴつ」
15cmの両面折り紙を使ったため、巨大えんぴつに
なって笑っていました。
こちらも裏面が生かされているため、いつの間にか
両面おりがみを選んで作っていました。
20050813b.jpg


私の父の家を訪問した際、ものすごくわがままで言う
ことも聞かず、とうとう私を激怒させてもまだ口答え
悪戯、蹴り、殴る蹴る叩くと暴言暴挙の限りを尽くして
二人の長時間のバトルにすっかり辟易して疲れ果てた
父を後に帰宅したあと、ようやく反省した優夢の作品。
(ものすごく長いタイトル)(笑)

かなり互角な力関係になった優夢に体力と腕力の衰え
を感じて危機感を持った母pandoraは優夢との喧嘩の
後遺症でなぜか筋肉痛であります。

昔、スポーツもしていないのに背筋100キロを超え、
肺活量4000cc、握力42キロだった私も、すべてその
半分以下の体力になってしまい、小学2年生にも
負ける始末です。(T▽T)
小学校の夏休み。
ようやく半分経過です。
最初の頃は毎日順調に進んでいた夏休みの宿題も
ここ2,3日はやりたがらず、なんとか理由をつけて
さぼろうとします。
でも、国語と算数あわせて80枚のプリント。
さぼったら後で大変なことになります。
「やりなさい!」『ぜったい、いやだ~』とついに
バトルになりました・・・
私も絶対に妥協しないので、最終的には悔し涙に
くれながら宿題をやるはめになります。

私の機嫌をとるためと、宿題をさぼるために折り紙
を利用し始めた優夢の悪知恵には困ります。

先日届いた「季刊 をる」のコラムには、折り紙が
児童の精神発達を促すという内容のことが書かれて
いてなるほどと関心したばかりですが、確かにいろ
いろな意味で良くも悪くも「発達」している優夢です。

残り半分、なんとか乗りきらねばっ!!!

テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

20050812b.jpg

「季刊をる」12号 
David Brill氏の'Cigarette Packet' 煙草の箱
こちらは68×17㎝の長方形にカットした包装紙から
できています。
信じられませんが一枚の紙で折ることができます!
やはりインサイドアウトの作品です。

こんなに大きな紙を使っても、実物大よりもまだ
小さくなりました。ハサミを使わないため、タバコ
の数と位置はいつも同じです。一本抜き取ることが
できそうなくらいリアルですが、すべて箱と一体化
しています。
タバコのサイズが一本ずつ違うのは包装紙の反発で
どうしても丸く収まってくれなかったので不本意
ながらこのようなことに・・・
それでも包装紙の裏側の白い面がちゃんとタバコに
見えるので感動!!

ただ、かなり大きなサイズの紙が必要なので
いつでもどこでも簡単に作るという訳にはいき
ません。
最初に26cmで作ってみたところ、出来上がりが
2,3センチのミニミニタバコになりました。
20050812c.jpg

折りかたは意外と簡単ですが、とにかく手間がかかり
ます。大きい紙をまっすぐに折るだけでも難しい作業
なので、いかに綺麗にまっすぐに折り目をつけるかが
箱の出来具合に大きく影響する作品です。

※※※※※※※※※※
20050812e.jpg

優夢は「みんなのおりがみ」小林一夫著より
「フラミンゴ」
美しいです!!!

20050812g.jpg

「自動車」「ネクタイ」「ゆびわ」「ぞう」
今日は赤な気分だったようです。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用



以前折り紙置き場の藤倉敦夫氏に教えていただいた
折り紙雑誌の「季刊 をる」が注文して一週間ほどで
とうとう届きました!

本当は全部欲しいのですが、すでに絶版になったものも
あり、ずいぶん迷って今回は紙の裏側も両面生かす
「インサイドアウト」という手法の特集を扱ったもの
2冊にしてみました。

さっそく作ってみたのは、「季刊をる11号」より
笠原邦彦氏「パンダ」
20050811b.jpg

頭部と体は別々の紙で2枚の複合ですが、とても
簡単です。
本来なら見えないはずの紙の裏面を上手に使って
パンダの白黒が見事に表現されています。
この、裏も生かすという折りかたが今の私のお気に入り。
遠くから見ても近くから見ても、誰でも一目でパンダ
だとわかる点も、自分でちゃんと座っている姿も
見事です!
優夢はこれを見て、パンダの歌を勝手に作ってずっと
歌っています。大喜びですが、全然宿題がはかどり
ません。

実はこの「季刊をる11号」には、あの幻の本「ビバ!
おりがみ」に収録されている「悪魔」の元になった
前川淳氏の「鬼」の折り図も載っています。
かなり長期戦になりそうなので、気合を入れてとり
かからないとできそうもありません。
秋になって涼しくなったら挑戦してみようと思います。

※※※※※※※※※※
優夢は9日と同じく「みんなのおりがみ」小林一夫著
より「ゆびわ」
やはり紙の裏側を主役にした作品です。(^^)
今日は両面折り紙を使用して2つ作ってくれました。
20050811c.jpg

今日優夢が久しぶりに描いてくれた絵も。
実はこの絵には驚いています。
優夢が人を描くのを見たのは一年ぶりくらいかもしれ
ません。以前は頭に毛が数本だったり、手足も棒一本
の先に○を描いていただけでした。
絵からも優夢の成長がうかがえて嬉しい日となりました。
残念なことにどこから切り取ったのか、小さな紙を
さらに破いた切れ端です。
・・・まさか、これはノートでしょうか?(°口°;)

20050811e.jpg

パソコンの画面を見ていると、突然なにやら目の前に
もやっとしたものが飛んでいます。大き目の薄い●←
こんなもの

こういうことはずっと以前から何度もあったのですが、
そのうち忘れてしまいました。
私は強度の近視です。メガネがなくては鏡を見ても
自分の顔もわかりません。

この薄い灰色のもやもやはずっと視界をついてくる
ので、なんだかとても鬱陶しい存在です。
目を片方ずつ閉じて見ると、左目に発生している
ようです。
たぶん、睡眠不足と過労が原因でしょうか。

※※※※※※※※※※
昨日初めて聞こえたと思ったクマゼミの声が
今日はまだ聞こえてきません。
もともとこのクマゼミは南方系のセミで、関西以北に
は存在していなかったものだったと思うのですが、
近年北東へ勢力を伸ばしつつあり、関東地方にも
ときどき出現するようになったようです。
それだけ温暖化が加速されているという証拠では
ないでしょうか。
とても暑苦しい鳴き声なので、ただでさえ暑い夏が
余計に不快に感じます。

子どもの頃の夏休みに、九州に行ったときには珍しい
鳴き声に夏を感じたものでしたが、昨日のミンミン
ゼミとクマゼミとアブラゼミの合唱は、まったくうる
さいだけで体感温度が少なくとも2度はアップします。
よく聞くと、他の蝉の声も混ざっているようです。
蝉の姿が大キライな私にとっては、毎日外出するたび
に玄関ドアの前に転がっていたり街灯にたかるセミを
見るのは悲劇です。
セミだけに命中するバズーカがあれば、買ってしまい
そう。発射 ⊂(;^^)コ ~~~ю*(/>.<)/ ドッカーン

テーマ:体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

20050810a.jpg

「毎日を楽しく彩る折り紙」より「食品バスケット」
遠藤和邦作

昨日の指輪のお返しに、優夢が喜びそうなものを
夜中にせっせと作ってみました。
バスケットは26cmで作りましたがそれでもとても
小さく手のひらに乗るほどになります。
本当は79㎝を使用と書いてあったのでもっと大きな紙を
用意すれば実用できるのでしょう。
あとからつけたように見える持ち手も、正方形の紙から
ちゃんと折りだされています。のりも使わずにしっかり
とつながっていて丈夫です。
正方形の紙一枚からできています。
お買い物ごっこが好きな優夢ですから、きっと
喜んでくれるはずです。バスケットの中身は
「たのしいおりがみ事典」山口真著より「すいか」
「えぼだい」「いわし」「かぶ」「ねぎ」
それぞれ7,5センチの色紙一枚使用。
20050810b.jpg



とある出来事で私に今日も怒られた優夢は、
『おかあさん、よろこぶ?』と持ってきたのが
「みんなのおりがみ」小林一夫著より「ゆびわ」
私が指輪が好きだと知っていて作ってくれたのです。
これを作ったのはたぶん初めて。
とても上手にできました。

次はこちらで同じ本より「あかちゃん」
20050809d.jpg

『あかちゃんは、かわいいのよ~』と心を込めて言い
ながら私に渡してくれました。
描いてくれた顔の表情が本当に愛らしく、私の心を
溶かしてくれます。

それから季節はずれですが、クリスマスツリーまで
作ってくれました。
20050809b.jpg


極めつけは、ツリーのギザギザを切ってゴミになった
切れ端を三角にたたんで、内側に何か書き込んだもの
を三角クジなので引いて欲しいと持ってきます。
中身は、。。。
ひとつめが「優夢くんとチューする」
ふたつめが「なでなでして」
残りの3つは「スカ」と書いてありました。(笑)

私の愛情を確かめたかったのかと思うと本当に
なんとも言えない気持ちになります。
もちろん、抱きしめて「チュー」をしました。
とても嬉しそうな優夢でした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。