◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070227b.jpg

「おりがみ 1 千野利雄作品集」 笠原邦彦編より
「かき」 15cmx15cm 和紙2枚を貼り合わせた用紙
pandora作例



「季刊をるNO.13」または「博士の折り紙夢BOOK」
より 内山興正氏の「柿」
15cmカラペ 2枚貼り合わせた用紙×1枚
2006.08.08の作品

■■■■■■■■■■

20070227a.jpg

こちらは2度目の小さな「ピグモン」
優夢の作例。
「たのしい折り紙大全集」より
木村良寿氏の「ピグモン」
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚
スポンサーサイト
「博士の折り紙夢BOOK」より川崎敏和氏の
「ばら」
20070224a.jpg

2月24日の優夢の作例 ↑
15cmx15cm おりがみ用紙 1枚

20070225b.jpg

2月25日の分 ↑

※優夢のコメント
『おかあさんのために、愛をこめて 折った』と
申しております。

20070225a.jpg

こちらは今朝2月26日に起きてテーブルの上に
あるのを見つけました。
昨夜、こっそり折ってくれたようです。

いままでにも何度も折ったことのある
Robert Harbin氏の 「スキーヤー」 ですが
今朝はこれを見て、今までで最高の出来あがりに
感動。「たのしい折り紙ワールド」より

小さな普通のおりがみ用紙から、これほど綺麗に
折ったことにとても驚きます!

こちらもやはり15cmx15cmの普通のおりがみ用紙
1枚から。

■■■■■■■■■■

私の作例は、出先で不織布のコースターを折った
もの。うろ覚えの千野利雄氏の「うさぎ」でしたが
帰宅後確認したところ、ちゃんと折れていました(^^)
20070225c.jpg

折図は「季刊をるNo.6」または
「やさしくおれるたのしいおりがみ」より
10cmx10cm 不織布 1枚



※sojuさんからの情報をいただきました。
いつも優夢が愛用している
「博士の折り紙夢BOOK」にも千野利雄氏の
「うさぎ」が載っておりました!

こちらの本のうさぎは「立ち姿」ですが、私が折った
ものは「座っている姿」となり、ほんの一部だけ
折り方が異なっているものです。「やさしくおれる
・・・」の方は座っている姿のみ、季刊をる6号には
その両方が紹介されています・・・
「暮らしを彩る折り紙」より
20070220f.jpg

「蝶の箸置き」 川村晟作

7.5cmx7.5cm オーロラおりがみ 2枚複合

多少の水ははじくような用紙ですから、
これなら実用できます!

色違いでたくさん折って用意すると綺麗な蝶で
テーブルも華やかに。

20070221b.jpg

「蝶のナフキンリング」 加瀬三郎作
15cmのおりがみを縦4等分にして切った
細長い長方形 1枚ずつ
(左からホイルおりがみ、普通のおりがみ、
和紙)

このサイズで折れば、ちょうど指にはめて
ぴったりくらいの小さなリング。太い私の
指にはちょっと小さめです。(^^;

20070221a.jpg

「暮らしに折り紙」 布施知子著より
「扇のはし置き」(奥二つ)と
「おりがみ暮らしの小物」 布施知子著より
「カルガモの箸置き」

すべて7.5cmx7.5cm 1枚使用 以上pandora

■■■■■■■■■■
以下優夢の作例で
20070220h.jpg

「たのしい折り紙大全集」より
木村良寿氏の「ピグモン」

今回は15cmx15cmの紙なので、仕上がりがとても
小さく500円玉よりも少し大きいくらい。
すごく可愛いピグモンです。

20070219e.jpg

たぶん、今まででいちばん上手にできた
伝承おりがみの連鶴「妹背山」
「毎日を楽しく彩る折り紙」より
20070220c.jpg

左の水色 「花畳紙」 山田裕子作

右奥 「八角畳紙」 野中陽子作

たとうは折り手紙としても、小物入れとしても
使えますが、実はなかなか広げてもらえません。
折った形が美しいので、そのまま作品だと思わ
れてしまうのです。

黒い紙がついているものもたとう折りに似て
いますが、高濱利恵氏の「かんざししおり」

20070220d.jpg

手前 「花形コースター」 小林俊彦作

伝承のコップを16枚つなげたもの
7.5cmの千代紙使用

右奥は「八角コースター」 小林俊彦作
やはり伝承のコップ8枚を糊付けしたもの

20070220b.jpg

「八角茶托」 中村潤哉作
15cmx15cm 和紙 糊付けなし

20070220a.jpg

「壷型楊枝入れ」 加瀬三郎作
15cmx15cm 和紙
糊も必要なく、つなぎ目がカッチリとロック
されるところが素晴らしい作品。

20070220e.jpg

「チケットポケット」 荒木京作
ハサミは使っていませんが、裏側で糊付けあり
スリッパ状になっていてマチもあります。
レシート入れなどに。

以上pandora作例

■■■■■■■■■■

20070218a.jpg

「たのしい折り紙全集」 山口真著より
「ウルトラマン」

「博士の折り紙夢BOOK」より
内山興正氏の「柿」と伝承のゆり
(優夢作例)

しばらく青系統の紙ばかり選んでいた優夢ですが
どうやら「赤」の時代に移行したようです。
「五節句を折る」 小林一夫著より4点
20070217b.jpg

「着物」
15cmx15cm 和紙 1枚 切り込み有り



「小笠原びな」
15cmx15cm 和紙 1枚 切り込み有り

20070219b.jpg

「桜のたとう」
(右上は「六角たとう(畳紙)」 伝承
千代紙についていた折図より)

20070219c.jpg

「ループのくす玉」 加瀬三郎原案

15cmx15cm 千代紙6枚

----*----*----*----*


20070218b.jpg

「ラッキースター」 作者不詳
「博士の折り紙夢BOOK」より
2cmx90cmの用紙

20070219a.jpg

「ふちつきバッグ」 山口真氏
トーヨーの両面友禅千代紙 
青海波(せいかいは)

■■■■■■■■■■
優夢作例
20070217c.jpg

「季刊をるNo.8」よりPeter Engel(ピーター・
エンゲル)氏のSQUID(イカ)pandora作例
20070215c.jpg

31cmx31cm もみ紙 1枚 
切り込みなしで正方形一枚から、ここまで見事な
烏賊の姿になることに感動!

でも、私の主観では前川淳氏の悪魔よりも難しく、
二日がかりで4時間ほどはかかりました。

私はいつもぶっつけ本番の練習なしですが、本には
練習用に30cm四方程度の用紙をお勧めすると
書かれています。
でも、練習用なら私には60cmほどの用紙が必要
だったかもしれません。

紙に厚みがあり、ふくらみができやすいことも
難航の原因。

長い触腕を含む10本の足がきちんと表現されて
いるところも驚きです!

実は裏側には口もちゃんとあります。
20070215f.jpg

すごいこだわりを感じます。
20070215e.jpg

優夢のリクエストで。
「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著より
20070213a.jpg

熊坂浩氏の「パイナップル」

7.5cmのおりがみ63枚使用。

パイナップルの本体に54枚
葉に9枚

パーツを同じようにきちんと折ることの難しい
優夢は、ユニットが苦手。

もともとユニット嫌いな私も苦手。

でも、息子の為にがんばりました!

枚数が多くて単調ですが、折り方はいたって簡単。
簡単すぎて、5,6枚ですっかり嫌になりました。
私の中では、こういうものは電車の移動中や、
病院の待合室など、どうしようもなく退屈で持て
余した時間に仕方なく折るもの、という認識ですから
パーツ折りはものすごく苦痛です。

でも、実際組んでみると、なかなかの出来栄え。

裏面がたくさん見えることがわかっていたら、
裏返しに折れば黄色の面がたくさん見えて
もっと綺麗だったかも。

20070213d.jpg

ユニットついでに。
「季刊をるNo.6」より布施知子氏の
「がくぶち三角箱」
15cmx15cm の千代紙3枚で蓋
1枚で蓋の飾りの花のような部分(もみ紙)
下の箱も3枚の複合。ただし、蓋よりも小さく
するために、折り方は蓋とは異なります。

20070213b.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」より
Nilva Fina Pillan(ニルバ・フィーナ・ピラン)
氏の「ひまわり」

こちらはユニットのように見えて、実は一枚で
できています。

15cmx15cm もみ紙の中心に7.5cmの紙を
貼ったもの1枚
「博士の折り紙夢BOOK」川崎敏和著や「たのしい
折り紙ワールド」山口真著、「季刊をるNo.8 1995
Spring」などに掲載されている津田良夫氏の
「下駄」の鼻緒を裏返したバージョン。
20070212a.jpg

本来は紙の表側の色のため、仕上がりは一色ですが
鼻緒の部分に裏面を出す工夫をしたもの。
折り方は津田良夫氏の「創作折り紙をつくる」より。

15cmx15cm 和紙+カラペを貼り合わせた用紙
1枚で片方

20070212b.jpg

「折紙探偵団No.101」より山口真氏の
「マコトコマ」後列の二個
15cmx15cm おりがみを3枚組み合わせたもの

「動くおりがみ」布施知子著に載っている
中原恭子氏の「ひまわりのブローチ」を応用した
と思われる独楽(手前)創作者不明
15cmx15cm おりがみ3枚から
(一枚は赤と黄色の両面おりがみ使用)

単純なざぶとん折りでできるマコトコマは
小さなお子様でも簡単にできそうですが、最後に
回す突起を差し込むときに、重ねた紙がはずれ
やすく、やりにくいので縁を糊付けされた方が
簡単にできるかもしれません。

その点、ひまわりの独楽は一部におりづるの
ような折り方がありますが、組み立てはとても
簡単。

どちらもとてもよく廻ります。

20070212c.jpg





┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

sojuさんよりコメントをいただきましたので、
このままこちらにも転載させていただきます。

以下sojuさんのコメントより
「三段組みの花のこま」の作者は
「作者不詳」のコマについて、作者がわかった
のでお知らせします。
正しい作品名が、「三段組みの花のこま」、
作者が「長谷川太市郎」さんです。
その出典は、日本折紙協会刊、
「2006シンポジウム折り図集」です。

関連記事はこちら。
http://ameblo.jp/soju/entry-10020166888.html

※長谷川太市郎さんの「花の吹きごま」を、
麻生玲子さんがアレンジされたものだそうです。

ということで、大変ありがとうございました!
「折りびな」 石井桃子監修 田中サタ著
福音館書店発行より
20070211a.jpg

基本は15cmx15cmの正方形に切り込みを入れたもの
男雛(お殿様)は5枚重ねと女雛(お姫様)は6枚
重ねて一緒に切り込みを入れて折ります。

頭部の髪と顔は普通のおりがみ用紙で。
いちばん上の着物は和紙。その他はカラペ使用。

並び位置はこの本に従って京雛の位置に並べました。
本来向かって右側が上座に当たりますが、近年西洋
風な流れをくんで、関東雛が主流となったようです。
向かって右に女びなが座る関東雛とは逆になって
います。

20070211c.jpg

「男びな」
20070211b.jpg

「女びな」

立体感もあり、大きさもそこそこありますから、飾って
みてもとても豪華。

20070211d.jpg

並び替えてみました。どちらがしっくりくるでしょうか。
20070210b.jpg

「季刊をるNo.6」 1994 Autumn より
熊坂浩氏の作品
雪駄(前列:左)
爪掛けポックリ(後列:左)
下駄(後列:右)
すべて15cmx15cmの和紙とカラペを貼り合わせた紙
1枚から。切り込みなし(pandora作例)

3種類とも魚の基本形から折り、最後の仕上げに
近い部分で履物の種類が変わるところが楽しい
作品。

「博士の折り紙夢BOOK」より津田良夫氏の
「下駄」(前列:右・優夢の作例)
15cmx15cm おりがみ 1枚

こちらは鶴の基本形から。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。