◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政道さんのブログ"kokutoukarinto blog"で
Naoくんのエコラリアに応用し効果を感じたと
紹介していらっしゃった本。

この本を購入してみました。
「自閉症を克服する―行動分析で子どもの
人生が変わる」

リン・カーン・ケーゲル / クレア・ラゼブニック著

----*----*----*----*

実はタイトルの「克服する」ということばに偏見を
持ってしまい、一年ほど前から目にしながら、手に
しなかったことが悔やまれます。

自閉症は治らない、改善もされない、話すようにも
ならない
」と言われ、
自閉症の症状は重度であると複数の
小児精神科医から断言されていた優夢。


今ではおしゃべりが過ぎるほど話し、特殊学級では
あっても小学校へ通い、学習面も学年相応にはできて
います。


もし、私があきらめていたら、今の優夢はなかった。

それだけは断言できます!


そして、この本には、私が偶然にもやってきたことが
たくさん記されていて、ああ、いろいろと言われた
けれど、間違いではなかったのかもしれない。
あきらめが悪くて良かった。往生際も悪くて良かった。
いちどは絶望したけれど、頑張ってよかった。

そんな気持ちになれた一冊。

----*----*----*----*

初版発行が2005年10月の本ですが、まず読んで
思ったのは、私も5年前にこの本が欲しかった!!
ということ。

たった、5年前には、このような実用的で具体的な
一般向けの本は、ほとんど探すことが困難でした。

診断を受けた直後の両親の反応や、なかなか話さない
自閉症の子供を育てていく気持ち、自己刺激と言われる
自閉症にはよく見られる行動など、とても共感できて
すぐに理解できる内容です。

自閉症関連の本の中ではあまり語られることのない
「睡眠障害」についての記述も、とても共感できて
改めて、優夢の障害の重さを感じました。

そして、それにどう対処したか、是非、一読の価値は
あると思います。

スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

情報をいただきましたので、早速検索をしてみた
ところ、軽度三角頭蓋というものと自閉症様の
発達障害との関連についてのページがいろいろと
出てまいりました。

私の息子に関しましては、そのような診断を受けた
ことはなく、頭部に関しましては外観からの限り
これまでのところ特に異常を指摘されたことは
ありませんでした。
自閉症とてんかんというものとの関連性は以前から
文献や診察を受けた医師からの話で聞いていたので
すが、軽度三角頭蓋という用語は初めて知りました。

誤解を招くといけませんが、自閉症の子供が必ず
軽度三角頭蓋であるということでも、またその逆と
いうことでもなく、あるケースにおいては似たような
状態を示し、それが手術により改善されるケースも
あるということのようです。

許可をいただいておりませんので、直接URLの記載は
このたび致しませんが、YahooまたはGoogleなどで
検索をすると、関連ページを簡単に見つけることが
できます・・・
2004年に放送された第一弾、記憶のチカラでは
自閉症の記憶の不思議が放映されました。

第2回、第3回と続き、今夜は3弾目の放送。

私の父は、予告を見て、「自閉症」の謎に
迫る
と思い込み、午後7時にはテレビを見るのだと
私の顔を見るなりはりきっています。



じいちゃん:「優夢と同じなんだ。

景色を10分見ただけで、すべて、記憶して絵を
描いたり、外国人なのに、いちど聞いただけの
誰かの日本の曲を覚えるんだ。

記憶力がスゴイのは優夢と同じだな。すごいな。

7時になったらテレビをつけて、見るゾ
。」



・・・実はその内容は、2004年の第一回のもの。


偶然にも最近私はそれを録画したビデオテープを
見つけ、ダビングして父に渡しました。


■■■■■■■■■■


三回目の今日の放送は、私たちにとってはさほど
おもしろくはない内容でした。


でも、初回の内容は実に興味深く、優夢の姿と
重ねずにはいられません。


私の父は、優夢を決してバカだとは思っていません。

言葉を話すチカラは遅れていても、能力が劣るとは
考えてもいないのです。


それは、優夢の従兄弟のどらくんも同じで、「ちょっと
変だけど、頭はすごいいいよな」と一目置いています。

「俺のクラスにもいるんだ。優夢と同じ子。

すごく変なんだけど、頭がすごくいい。

俺よりもいいぜ。



ただ、変なんだけどな・・・」・・……(-。-) ボソッ


でも、一目置いています。それどころか、優夢は
私たちにはない能力を持つ天才だと
信じています。


今回の放送では、先天性の盲目にもかかわらず
天才的なゲーマーが出演しました。


優夢も、ゲームでは誰にも負けません。

もちろん、どらくんも相手にはならいほど。


信じられないような指先の動きで、コントローラーを
操ります。

いったいどうなっているのかと思うほど。


脳内に染み込んだ、「記憶のチカラ」なのでしょうか?




どらくんは、そんなときには目をキラキラさせて

「なんだよー、どうやったんだよー、

ウソだろー、スッゲーな! マジ、そんけー」


です。(爆)



ハリーポッターのDVDを見たあと、私がしばらく前に
教えたチェスも、ルールを
覚えた途端に、

私は勝てなくなりました。(ToT)

(もともと私はルールを知っている程度)


本気でやっても何かを覚えているらしい優夢には

勝てません!!



最近では将棋を覚えたらしく、私に相手をしろと
言います。

でも、駒の動かし方も私はわかりません・・・


■■■■■■■■■■

そういえば、赤ちゃんのころ、私の子守唄を
そっくりそのままハミングした優夢。


いちど聞いた音楽を、鼻歌で正確な音階で再現
した優夢。

今でも「絶対音感」があるとピアニストに言われた
優夢。



『そういえばさ』と、赤ちゃんの頃の「記憶」を

まるでつい1時間前のように語る優夢。



『お腹の中にいたとき』のことをしきりに語り
たがる優夢。


■■■■■■■■■■


でも、最近の優夢はそんな能力がかなり失われて
しまったようです。


じいちゃん:「記憶力が普通になってきたのは、

優夢がだんだん普通の人間になってきたからで、

自閉症が治っている証拠だ!」(^O^)



よかったなぁ、もう少しで「普通」になるなぁ、

と喜ぶ父。


優夢と別れ難く、立ち退かなくてはならない
今にも崩れそうな借家に居続ける父。

間もなく会えなくなるのだ、別れがくるのだと
知りつつも口に出せない辛さ。



・・・・・・・・・・・・・・・





幼い頃の私にそっくりに育った、可愛くてたまらない
優夢をながめる父の目。


「自閉症は治らない障害だ」とは改めて

告げる気持ちにはとてもなれない夜。
自閉症児を扱ったコミック「光とともに・・・」の
第9巻が発売されました。



6年生となった光くんの成長と彼の周りを取り囲む
環境に注目です

テーマ:軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル:学校・教育

読売新聞社会面ニュースへ

大阪市立小学校に通う発達障害のある5年生の男児
(11)に対して小学1年時の担任教諭が給食を
食べることを強要。
それが原因で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を
再発し、不登校になったとして、大阪市に慰謝料など
330万円の損害賠償を求めた訴訟で、4日、
大阪地裁の横山光雄裁判長は約130万円の賠償を
命じた。

教育現場で発達障害への配慮義務違反を認定した判決
は今例が初めてという。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

読売新聞には具体的な障害名は記載されていませんが、
「発達障害による味覚過敏のため偏食が激しく」と
いう部分から、おそらくは広汎性発達障害関連では
ないかと推測されます。

障害による味覚を含む感覚過敏からくる偏食は
わがままや好き嫌いの問題との区別は難しく、
障害に対するより深い理解に
教育現場の理解が少しでも近づけばと願います。
(Yahooニュースによれば広汎(こうはん)性発達
障害と記載あり)

けれどもこの判決によっても児童の受けた心の傷は
すぐに改善されることはなく、適切なケアを受ける
ことができない学校教育の現状の何百分の一かの
ほんの一例に過ぎないこと、特別な配慮を必要とする
子どもたちが数多く普通学級にも在籍していることに
目を向けるきっかけになって欲しいと思います。

■■■■■■■■■■

午後11時50分現在での本家へのアクセスが、なんと
1349件?!!!
(結局今日一日だけで1457件もの、いつもの
10倍のアクセスがありました。)
翌日は2645件で、ベージビューは4000人以上。
内95%が広汎性発達障害というキーワードを検索した
新規の訪問でした。

つまり、11月5日だけで約2500人ほどの方が、
新たに「広汎性発達障害」というものについて
何らかの新しい情報を得たことになります。

こちらの判決のニュースのせいなのか、それにしても
前回の寝屋川事件に比べても多すぎて、何か大事件が
あったのかとドキッとします。

Yahooニュースの記事へ

Yahooニュース発達障害関連

テーマ:軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル:学校・教育

531

これは、本家サイト++広汎性発達障害の子++への
昨日一日のアクセス数。
午前のニュースのあと、昼前頃からアクセスが
爆発的に増え、普段の2倍から3倍近い訪問が
ありました。
同一IPの訪問は一日に一カウントですから、単なる
一個人の無名のサイトに、実際はその数倍のアクセスが
あったことになります。

大阪府寝屋川市立中央小学校で今年2月、教職員3人が
殺傷された事件で、殺人の罪などに問われた卒業生の
少年(17)の初公判が大阪地裁(朝山芳史裁判長)で
開れました。

事件の加害者となった17才の少年が、広汎性発達
障害
と診断されたことによる社会の反響の大きさを
うかがうことができます。

……………………………

20日には同じく大阪の事件の第1回少年審判が開かれ
ました。この事件は大阪市の公園で5歳の男児が
ハンマーで殴られ重傷を負ったもので、加害者17歳の
少年がやはり精神鑑定で「広汎性発達障害」とされた
ことが報じられています。

(あくまでも私の個人的な、かつ根拠のない単なる
疑問ですが)
このように精神鑑定により度々「広汎性発達障害」と
いう診断が出ることは、果たして本当に何の取引も
ない真実なのでしょうか?

仮にすべての鑑定結果が正しいと仮定して、過去に
起きた同じような事件のように、広汎性発達障害と
言われる少年たちが起こす犯罪は、まるで同じ障害を
持つ子どもたちが社会にとって「危険」であるかの
ような誤解を生む報道にはなっていないでしょうか?

……………………………

コミュニケーションの障害があり、他人の感情を
推し量る力が弱い障害を抱えていることは事実でも
その中で事件を起こし、犯罪を起こす子どもの数は
ごく僅かです。

それにもかかわらず、「広汎性発達障害」という
世間のほとんんどの人には馴染みのない、この
聞き慣れない言葉だけが勝手に独り歩きを始めて
いるような、なにか得体の知れない恐ろしさを
感じています・・・


もっと多くの人に広汎性発達障害を知って理解して
欲しい、そう願いを込めて立ち上げたホームページ
ですが、まるでキレル少年の代名詞のように「広汎
性発達障害」という言葉が多くの注目を集めること
は非常に悲しい出来事です。
Yahoo Newsへ

テーマ:発達障害 - ジャンル:ニュース


28日に発売された「光とともに・・・」の第8巻。
読みました・・・
帯には「障害があっても なくても 子供ってみんな
違うよね」と書かれています。

光くんも、もう5年生。
七月小学校で過ごす日々もあと一年。
中学校進学はどう描かれるのでしょうか。
まだ就学前のお子さんをお持ちの方には遠い未来の
ことかもしれませんが、振り返れば月日の経つのは
本当に早いものです。
やがてはわが身と重なる光くんの歩む道には想いを
重ねずにはいられません。

巻末には2004年12月3日に成立した
発達障害支援法が記されています。
発達障害支援法のページへ
外国人や障害者が自分の意思を相手に伝えられる
ようにと経済産業省が作成した300の絵カードを
共用品推進機構のホームページから無償でダウン
ロードできます。ドイツ語と韓国語にも対応しています。
■コミュニケーション絵記号のダウンロードはここから■
をクリックしてください。

ファイルはzip形式で圧縮されて配布されていますので
解凍ソフトが必要です。
Windowsの方は無料の+Lhacaがおすすめです。
+Lhacaダウンロードページへ

JPEGとILLUSTRATOR用のファイルの二種類が用意
され、そのまま印刷しても持ち歩きにもほどよい
13センチ四方ほどのサイズで配布されています。
参考画像はJPEGのもので白黒のみ。
クリックするとダウンロードした大きなサイズに
なります。
20050524083023s.jpg
今夜8時~「ETVワイド 発達障害の子どもたち」
反響に応えてがNHK福祉ネットワークで放送予定。
5月16日(月)
「ETVワイド 発達障害の子どもたち」反響に応えて

5月17日(火)
「アスペルガー症候群の子どもたち」

5月24日(火)
「LD(学習障害)の子どもたち」

5月31日(火)
「発達障害Q&A」

それぞれ再放送があります。詳しくは福祉ネットワーク
ホームページへ。http://www.nhk.or.jp/fnet/

**************************
再放送予定
「できない子って言わないで
~発達障害の子どもたち~」

NHK教育 5月21日 午後2時15分~5時
4月23日(土)20:00~23:00 
「NHK教育 ETVワイド・ともに生きる」が放送されました。
番組予告欄より
▽3時間の生放送▽テーマは“教育”▽アスペルガー症候群やLDなどの“軽度発達障害”▽国の特別支援教育▽発達障害とはどういうものか?▽なぜオーダーメードの教育が必要なのか?▽学校独自のアイデアや地域の取り組み▽一緒に学べる学校作りを考える▽石井竜也ミニコンサートを中継






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。