◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいブログの携帯URLがパソコンと同じになりました

http://schatulle.at.webry.info/
スポンサーサイト
『おかあさん、これ 買ってもいいですか?』

・・・・・

「絶対だめ!」

━・━・━・━・━・━・━・

まったく、こんなくだらない幼稚なものを欲しがる
なんて・・・

優夢が欲しがったのは、もう何年も前にお蔵入りに
なったと思われる、とんでもなくくだらなくて、
古い玩具。

お金を捨てるようなものだと思った私は、速攻「拒否」
を示したのですが・・・

自分が夢中になったら、「それ」しか見えないし
聞こえない自閉道まっしぐらの優夢ですから、
会話がかみ合わないこと。(笑)

━・━・━・━・━・━・━・

『わ~い、これね、ずっと欲しかった』

「買っていいと 言わないけど」

(フフフン♪)わ~い、わ~い!

「だから、ダメ!」

『うん、わかった♪・・・

これ、ください。

1050円ですか?

では、これ、1100円です。おつりは50円ですね!』

って、勝手にべらべらレジのお姉さんとしゃべって
いますよ。

━・━・━・━・━・━・━・

昔の優夢なら、泣き叫んで床にひっくり返り、なにが
あっても欲しい物をつかんだら離さず、それはもう、
大変な大パニックを起こしていました。

そして、そのあまりの激しさと、周囲の目に耐えかねて
同じものを10個も買うということも少なくなかった
こと。

それを思えば、今は一見「普通」に買い物ができます。

これを良しとするか否かは、かなり甘い部分では
ありますが・・・

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

お母さんは ぼくの だいじな あいびと。』
20070131a.jpg

そう言って30日に折ってくれた川崎敏和氏の
「ばら」と31日に26cmの大判おりがみで折った
マーティン・ウォール氏の「本」

「あいびと」・・・すぐにわかりませんでしたが、
漢字に変換すると「愛人(あいびと)」
決してあいじんとは読まないでください。(笑)

20070131b.jpg

「博士の折り紙夢BOOK」より前川淳氏の
「ピラニア」

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
↑↑励みになります↑↑
優夢:『どうしてお父さんは、おばあちゃんと二人
くらしなの? どうしてぼくは、お母さんと二人
だけなの?』

出ました~!

ついに、出ました。この質問。

あまりに唐突だったので、よい答えが思いつかない!

「うーん。・・・どうしてかなぁ」(汗)

優夢:『あ、わかった。お母さんはお父さんのことが
嫌いだからだ!』ひとりで妙に納得したらしい

・・・

確かに「はずれ」ではないと思います。(T▽T)アハハ!

言いにくいことも、ズバリと言ってのけるあたり、
まさしく自閉道の王道です。


↑↑励みになります↑↑

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

「ねぇ、どうしていつも 走って出てくるの?」

教室から出てくる優夢に、そう聞いてみました。

優夢:『べつに。とくに意味はない』


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


えええーーーーーっ!


なんだか、あまりにも「普通」にさらりと言ったので、

まるで「普通」の会話に衝撃!


こんな、さらりと答えるなんて、いつもの優夢じゃ
ありません!!!

あの、たどたどしく話す、いつもの息子は何処?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

つい最近まで、外出先では一人でトイレにも行けず、
かと言って男性用のトイレに一緒に行くこともできない
ため、いつも障害者用のトイレを探して一緒に入って
いました。

車椅子でもないのに占領してしまう後ろめたさは
あったのですが、やむをえません。

どう見ても、ごく普通の(しかも大きな!)男の子と
母親が一緒にトイレに入るなんて、世間の目はちょっと
冷たい・・・

その優夢が、出入り口の近くで待っているからと言えば、
一人で用を足せるようになったのは、昨年終わりか
今年になってから。

なんだかやっと、私の手から離れていくような感覚。

もうすぐ4年生。

ここまでは長い道のりでしたけれども、いざそうなると
寂しいような気持ち。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

優夢:『おやつ、おしるこ食べた』

pandora:「へぇ~、お餅、はいっていた?」

優夢:『あたりまえだよ。お餅がなかったら
ただの あずきじゃないかー。
あずきがなかったら、ただのお餅だし。』

ワハハハハハ。
確かに仰る通り!!!(爆)

何ヶ月ぶりでしょうか、本当に珍しく寝る前の布団の
中で、30分も楽しそうに学校のこと、学童クラブの
ことを話してくれた優夢です。

■■■■■■■■■■

『フランシス・オウさんみたいに作る』と言って

昨日、自己流で創作した?「クレヨンとハート」
20070110e.jpg

ハートの折り紙で有名なFrancis Ow氏。
すっかり憧れの人になりました。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

朝起きて、枕の横にプレゼントがなかったことで
大ショックの優夢。

目が覚めたら枕の横ににサンタさんはプレゼントを
置いていくはずだと思っていたようです。

がっかりして落ち込んでいるので、さりげなく
玄関に連れていきましたが、なんだか今ひとつな
ノリ。

プレゼントの箱を見ても、あまり喜びません。

ソフトもどうやらすごく欲しかったものではなかった
ようで、せっかく用意した私もちょっとがっかりの
朝でした。
優夢を喜ばせるのは本当に難しい!

みなさまは、どんなクリスマスをお過ごしでしょうか?

Merry Christmas!

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

『おかあさん、サンタさん、来るかなぁ?』

「さぁ、どうかなぁ。いい子のところだけにしか
来ないの。」

『何時ごろにくるの?』

「夜の9時までに寝ないと、来ないの」

『早くねる! 何時頃にくるの?』

「夜の12時過ぎたら来るけど、そのときに寝て
いない子にはプレゼントがないの」

『サンタさん、鍵は開けてはいってくる?』

「鍵が閉まっていても、魔法で入ってくるから
大丈夫」

『おかあさん、サンタさん、耳がいいの?
小さな声でおねがいしても、きこえる?』

「大丈夫。魔法でなんでも聞こえるから。心の中で
思っただけでも聞こえるの。」

『にっき、書いているのも見える?』

「もちろん、見ているよぉ~」

**********

なにかブツブツお願いしたり、そわそわ歩き回ったり、
今日は言われる前にさっさと着替え、日記も書いて
8時50分には布団にもぐりこんだ優夢。

『サンタさん、くるかなくるかなぁ。ううう~』と
興奮しているので、そう簡単には眠れないでしょう。

実は、去年までの優夢は、プレゼントには見向きもせず
まったく無関心。

サンタクロースだって、知っているのか知らないのか、
とにかくクリスマスなんて、どうでもよかったはず
でした。

なぜ、突然、今日になって「サンタクロース」と言い出
したのか不思議なくらい。

ですから、こんな会話は初めてです。

**********

そして必死でお願いしているものは、やっぱり

「ゲーム」!

ゲーム機本体なのか、なにかのソフトなのかは
わかりませんが、先日用意した「絵本」にプラスして
絶対に喜ぶはずのゲームソフトを実はこっそり用意して
あります。

この9年間、ラッピングしてプレゼントを置くなどと
いうこともしたことがなかったのですが、今夜は
プレゼントを包んで、「玄関」に置いておこうと思います。

だって、我が家にはツリーも煙突もありませんから。(笑)

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

注文していた本が届きました!
少し早いので、まだもうしばらく隠しておきますが
みなさまには先駆けてお見せしますね。

今年の優夢へのクリスマスプレゼントは
こちらの絵本6冊
20061208d.jpg

新・講談社の絵本 シリーズ
「桃太郎」「浦島太郎」「一寸法師」
「舌切雀」「猿蟹合戦」「かちかち山」

実は私自身が子どもの頃に見た「猿蟹合戦」を
もういちど読んでみたかったというのが最大の
理由ですが・・・
どうせ買うならと、気に入りそうなお話を選んで
みました。
浦島太郎は少し違いますが、あとはどれも
「悪い」動物や鬼が出てきて懲らしめられる
というストーリー。

中身もちょっとお見せしましょうか
20061208b.jpg

これは「桃太郎」

20061208c.jpg

こちらは「かちかち山」のうさぎ

※おばあさんは、たぬきに杵で殴り殺されます。
(私が子供だった頃の本では、その上で婆汁にして
食べてしまったと思ったのですが。)こわい~
悲しむお爺さんを気の毒に思ったうさぎは
お婆さんのかたきを打ち、たぬきは水の中に沈んで
死んでしまいます。

20061208e.jpg

※さるかに合戦ですが、私の記憶では猿の家の出口には
「牛の糞」が待ち構えていて、そこで足を滑らせた
猿の上に臼が上からどしんと落ちるというものでした。
こちらの本には糞は出てきませんが、絵がとても独特
です。

※一寸法師は、ほんとうに小さい!あまりの小ささが
新鮮です。一寸ですから、これくらいの比率で描くのが
本当なのですが、最近の絵本では、結構大きく見える
一寸法師に慣れていましたので驚きます。

ストーリーも勝手に変えられてしまい、かわいいイラスト
調の絵本がほとんどになってしまった現在ですが、
絵本とは、こうでなくてはと思えるような本。
買ってよかったと思います。(^^)
優夢のプレゼントと言いながら、結局自分が欲しかった
のかもしれません。
はたして優夢は喜んでくれるでしょうか?

おかあさん、たいへんだぁー!!』

慌ててトイレから飛び出してきた優夢。

『パンツのボタンがとれて、なにか 黒いものが
おっこちた!』

「落っこちたって、どこに?」

『黒いのが、ぽちゃん、って、ボタンが・・・』


でも、ボタンなんてパンツについていません。(笑)

「どこに落ちたの? トイレの中?」


━・━・━・━・━・━・━・

結局、まだ便器にあったトイレットペーパーを
つまんで、見つけたものは・・・

なんと、優夢のシャーペンのキャップ。


『ぜったい、ぼくのせいじゃないから!
ぼくじゃないからね!』

・・・

「あのぉ、絶対にお母さんでもないし、優夢にくっついて
トイレに落ちたのだから、あなたのせいでしょ?」


『あはは』


(「あはは」って)(怒)

『ごめんなさい! おかあさんが 鬼のように怒るかと
思って』

(また、鬼ですかぁ~?!)

━・━・━・━・━・━・━・

やれやれ、。

アルコールで消毒して、無事にキャップは戻りました。

でも、一難去ってまた一難!


なんだか優夢の付近が、うん○臭い!


そうです、ちびっていましたー


こんどはパンツと優夢のお尻を洗う羽目に・・・(涙)


『だれにも言わないで、ないしょにして』と口止め
されましたが、バラしてしますよぉ~

(ここだけの秘密ということで)(爆)

オムツがとれたのが、小学校に入ってからだった優夢です
から、まだまだトイレ初心者です。

これくらいのことなら、仕方がありませんが、とりあえず、
今日はパンツ洗いの練習をさせてみました。
(パンツを1ミリくらいしか指でつまめないので、結局
洗うことはできなかったのですが、じっくり教えていき
たいと思います・・・)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。