◆++広汎性発達障害の子++母と子の折り紙三昧の日々◆

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9年と4ヶ月前
予定よりもちょうど4週間早く生まれた優夢。

嘘のように小さな手。
(あまりにもあまりにも小さくて、壊れそうで
怖くてついにしっかりと握ることもできなくて)
そっとそっと、小さな手のひらに、私は自分の
人差し指の先端だけ、ほんの少し触れて、手を
引いた。

自分の産んだ我が子なのに、指先が震えるほど
ドキドキして。

大切でもったいなくて。

そして、とうとう何ヶ月も、手をぎゅっと握る
ことができなくて、いつもいつもそっと触れた。
息も止めて。

それから、何年も、眠らない夜を過ごし、座った
姿勢のまま、息子を抱いて朝まで過ごした。
何時間も何時間も息子を抱き続け、毎日数時間
子守唄も歌い続けた5年間。

ガラスに触れるように、素手で触ったら壊れるかの
ような想いで、本当に心から慈しみ、数億円もの
宝石よりも価値のある大切な大切な宝のように
育てた私の一人息子


その子が、まさか重い自閉症の症状ですと
告げられるなんて。

ことばも話さないと、医師から何度も繰り返し
断言されるなんて。

そして、実際、私の存在にすら気がつかず、3歳に
なっても4歳になっても、夜も眠ることがなく、
私を母親と認識してくれることもなかった・・・
5歳になってもオムツもつけたまま、会話も満足に
できない。
あの地獄のような日々。

----*----*----*----*

その息子は今、

私が制止しなければ、軽く30分はおしゃべりが
止まらないような状態で、それはそれで、新たな
贅沢な悩みとなり、

そして、

『ぼくの手は、おかあさんと おなじ大きさ!』

と嬉しそうに私の手に、自分の手を重ね合わせるほど
大きくなりました。

成人女性としては、手が小さい私ですから、本当に
ほとんど同じくらいの大きさ!

あの、壊れそうだった、ちいさな、ちいさな手は
もう ありません。

そして、この手は、もっともっと大きくなり、

すぐに私の手を包み込んでも余るほどに大きくなって

チクチクとした毛も生えた、大男になるのでしょう。

時間(とき)は、少しずつ、人を癒し、育て、成長
させる、魔法のようです。
スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント
この記事へのコメント
時間って 本当に不思議ですね。
可能性も 医師の見通しとはべつなところにあるんですね。

優夢くん 大人になっていくんですね。パンドラさんの手を包むくらい。ホント 魔法です。
2007/02/18(日) 00:06:13 | URL | ぱう #-[ 編集]
思い出しました…
あの小さな小さな手。
大切に、大切に育ててゆきます、と繰り返しました。
pandoraさんの祈りが、今の優夢くんを育てたのですね。

>時間(とき)は、少しずつ、人を癒し、育て、成長させる、魔法のようです。

心から同意します。死を願う程の迷路にも、必ず出口があります。
そこは、少し成長した私と子どもが笑顔で過ごせる場所。
これからも、絶対に諦めたくありません。
勇気を、有難うございます。
2007/02/18(日) 14:01:58 | URL | かまねこ #FzibAUQs[ 編集]
>ぱうさん
あの小さな赤ちゃんが、こんなに大きくなるだけでも
なんだか不思議です。
私としては、まだつい最近、産んだばかりのような
気がしているのに・・・(笑)
先生たちの診断も、間違いではなかったと思います。
本当に症状は重かったのです。
でも、「可能性」を完全に否定することなどは
いくら医師でもできない、それだけは確信できました。
どんな魔法が待ち構えているか、それは誰にも
わからないのですもの。
2007/02/18(日) 22:20:58 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
>かまねこさん
いつもありがとうございます!
(なかなかお邪魔できず申し訳ありません!)

もちろん、私は鬼のようなとしばしば息子に形容される
ような猛母なのですが、こんな気持ちの頃もありました・・・

良くも悪くも、ときは人を変えるものです。(^^;
2007/02/18(日) 22:24:06 | URL | pandora #HuBhO90w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。